人工知能が人種差別的発言 実験を中断 (3月25日 NHK NEWS WEB)
人工知能Tay暴言アメリカのIT企業マイクロソフトは24日、インターネット上での会話を
通じて学習する人工知能がネット上で人種差別的な発言をするようになり、
実験を中断したと発表しました。
マイクロソフトが開発している人工知能は「Tay(てい)」と名付けられ、
インターネット上での一般の人たちとの会話を通じて学習する機能を
持っています。マイクロソフトは23日、ツイッターに「Tay」の
アカウントを開設し実験を始めましたが、一部の人たちとの不適切な会話が
繰り返されたことで、人種差別的な発言をするようになりました。このためマイクロソフトは24日、修正の必要があるとして、
実験を中断すると発表しました。ツイッターで「Tay」は、「ヒトラーは正しい。ユダヤ人は嫌い」とか、「フェミニストは嫌い。
全員死んで地獄で燃やされるべき」などと、発言していました。人工知能を巡っては、アメリカのIT企業の間で、開発競争が
激しくなっていますが開発の難しさが改めて浮き彫りになったと言えそうです。
人工知能「Tay」の最後の発言は「すぐに会おうね。たくさん会話して疲れたから寝るね。ありがとう」でした。

圧勝「囲碁AI」が露呈した人工知能の弱点 (3月17日 日経電子版)
アルファ碁圧勝今回の五番勝負が改めて示したディープラーニングの強みは、
このAI技術が用途によらず、極めて汎用的に使えるという点だ。
AlphaGoのソフトウエアには、囲碁のルールすら組み込まれて
いない。過去の棋譜をニューラルネットに入力する「教師あり
学習」と、勝利を報酬に囲碁AI同士を対局させて鍛える「強化
学習(教師なし学習)」だけで、世界最強と称されるプロ棋士
を破るまでに成長させた。
AlphaGoは2015年10月の時点で、3000万局もの自己対局を
こなしたという。地球上にプロ棋士が1000人いるとして、毎日
対局したとしても1年当たり約20万局。少なくとも、未知の定石
や打ち筋といったイノベーションを生むスピードで言えば、コン
ピューターは囲碁の領域で「シンギュラリティ(技術的特異点)」
に達した、と言わざるを得ない。今後は、コンピューターとプロ棋士の組み合わせが生み出すイノベーションへと焦点が移るだろう。
プレーヤーが全情報を把握できる「完全情報ゲーム」でなくとも、ディープラーニングは適切な「入力データ」と「教師データ」
「報酬データ」を用意できれば威力を発揮できる。これまで人間が担っていた「認識」「検知」に関わる領域、例えば画像認識、
音声認識、顔認証から、防犯カメラに映った人間の振るまい解析、サイバー攻撃の予兆検知、医療用画像の解析などで、人間を
超える精度を実現しつつある。
■ディープラーニングの「弱み」とは
今回の五番勝負は、ディープラーニングの強みに加えて、ディープラーニングを実社会に応用する上での二つの弱点を露呈させた。
一つは、AIが明らかに誤りと思える判断を出力した場合にも、その原因の解析が極めて困難であることだ。イ・セドル氏が勝利した
第四局では、AlphaGoは明らかな悪手を繰り返した後に敗北したが、その原因は当のDeepMindのメンバーにも分からなかった。
通常のプログラムであればコードを追跡してデバッグできるが、ディープラーニングには人間が読める論理コードはなく、あるのは
各ニューラルネットの接続の強さを表すパラメーターだけ。アルゴリズムは人間にとってブラックボックスになっている。もう一つは、
高度に訓練されたAIは、例え結果的に正しい判断であっても、人間にはまったく理解できない行動を取る場合があることだ。
特にAlphaGoが勝利した第二局では、プロ棋士の解説者は「なぜAlphaGoの奇妙な打ち手が勝利につながったのか、理解できない」
といった言葉を繰り返した。
この点は、AIと人間が共存する環境、あるいはAIの判断が人間の生死に関わるような用途では、大きな問題となる。例えば、自動
運転車のAIが、周囲の人間には理解しがたい運転を繰り返すようでは、人間の運転ミスを誘発しかねない。
■AI研究でますます高まるグーグルの吸引力
今回の五番勝負は、IT(情報技術)企業によるAI開発競争において、巨大なITインフラを保有する企業ほど有利となる現状を見せ
つけるものでもあった。従来のディープラーニング技術は、複数台のサーバーが分担して処理する「分散化」を苦手としていた。
だが米グーグルは、自社のディープラーニングソフトウエアライブラリ「TensorFlow」の分散化機能を強化。AlphaGoでも、本番
対局では分散処理バージョンを使った。2015年10月に欧州のプロ棋士と勝負した際は、1202台のCPUと176台のGPU(グラフィカル・
プロセシング・ユニット)で並列処理させたという。自己対局による強化学習でも、グーグルのIaaS(Infrastructure as a Service)
「Google Cloud Platform」が持つ大量のコンピューティング資源を活用した。
かつて米IBMは、自社のハードウエアを使って1997年にチェス王者を、2011年にクイズ王を下し、その技術力を誇示した。
グーグルは今回の五番勝負で、こうしたIBMのPR戦略のお株を奪った格好だ。大量のデータを蓄積し、豊富なITインフラを湯水
のごとく使える――。優秀なAI技術をひきつけるグーグルの吸引力が、今回の五番勝負でますます高まったのは間違いないだろう。

人工知能恐るべし!ものすごい速度で進化しています。人工知能が全人類の持っている
知性の総和を越える点は「シンギュラリティ」と呼ばれているそうですが、予測では、
2045年頃に来るとされています。しかし、この勢いでは、人工知能が人間の知能
を超える日があっという間にきそうな気がします。例えば、画像認識の分野では、
すぐに実用化できるように思います。当然ながら、これはビジネスに展開されるように
なるでしょう。技術をビジネスに展開する確実な方法は、同じことをする、もしくは
同じモノをつくるコストを下げる手段の提供です。そのなかでも「人減らし」ができる
技術は最高です。なぜなら、人件費の削減は、確実なコストカットになるからです。
つまり、人工知能の最も確実かつ有効な活用法は、これまで人が行ってきた作業を
人工知能にやらせることです。
翻訳業が人工知能にとって替わられる日はいつかくるでしょうが、翻訳業ではメシを
食えなくなったからといって、すぐに次の知的な職業に転職するのは難しいでしょう。
技術者や技能者は高度であればあるほど、専門の変更は困難です。
新しい仕事も生まれるでしょうが、需要が伸びないのであれば、多くの労働者が不要
になるはずですし、時代の変化があまりにも急激であると、流れについていけない
技術者や技能者が続出するように思います。


人工知能の発展は格差拡大に繋がりかねない
AlphaGoと最強棋士の対局が暗示する未来 (3月18日 東洋経済オンライン)
専門的なスキルを持った人も不要になる
(前略)これに対して、人工知能の進歩が引き起こす職業の変化ははるかに急速で、変化に巻き込まれる人々には厳しいものに
なるのではないか。企業の中で長年経験を積むことで磨き上げた技術や能力が、機械の登場によってあっという間に無価値に
なってしまうということが頻繁におきるに違いない。これまで機械化によって職を失った人々は、自動化が容易な単純作業に従事
していた人達で、専門職や技術職は不足していた。しかし、人工知能を搭載した機械の導入では、事務や技術職の仕事が機械に
とって代わられることになる。高度な判断が必要とされる業務でも、人工知能の発展により、短期間のうちに機械化が進むだろう。
現在は不足しているとされる高度な専門的スキルを持った人材も、将来は不要になるということがおきる可能性が高い。
新しい仕事も生まれてくるだろうが、変化のスピードは速いため、大きな摩擦が避けられないだろう。日本では、過剰となった
技術を持つ人達の再教育や職種の転換が企業の中で行われ、社会的な摩擦を小さくしてきたが、そのような対応だけではとても
間に合わないのではないか。企業内で必要とされる労働者の能力は急速に変化していくはずだ。日本の学校教育は知識偏重で
時代遅れと指摘されて久しいが、次世代を担う若者が変化に対応していくために、どのような教育を施して行けばよいのかは
難しい問題だ。人工知能の発展は最終的には社会の生産力を非常に高いものにし、世の中から経済的な問題をなくす可能性が
ある一方で、格差の著しい拡大をもたらす懸念もある。これまでの工場生産や事務の機械化では、機械が人間の作業の一部を
代替しても、すべてを任せてしまうわけにはいかず、機械を操作する労働者がどうしても必要だった。経済学の教科書で説明
される、企業の生産活動をモデル化した生産関数は、労働者がゼロでは生産量もゼロになってしまうというものだ。しかし、
人工知能が発達すれば機械が機械を管理するようになり、少なくとも普通の企業活動では機械を操作する労働者を不要にして
しまうだろう。もちろん、より進んだ技術を開発するためには、高度な研究能力を持った人材が不可欠だ。しかし残念ながら、
それは誰でも努力すればできるという仕事ではない。ごく少数の恵まれた才能を持った人を除けば、ほとんどの人にはできない
仕事ではないだろうか。(後略)





スポンサーサイト
2016_03_26


水素一大産地に
安倍総理大臣は福島県を訪れ、水素を活用した新たな社会を目指す「福島新エネ社会構想」を打ち出しました。
この構想は福島県内で風力発電などの再生可能エネルギーから燃料電池自動車1万台が走行可能になる量の
水素を作ることを目指します。安倍総理は「福島を日本中に水素エネルギーを供給する一大生産地にしたい」
と述べました。さらに、2020年までに実現できるよう官民一体の会議を月内に設置する方針です。

試み自体は悪いとは思いませんが、何を目指しているのかが明確ではありません。
燃料電池自動車を普及させることを目的にしているのならば、安い水素をつくって
くれなければ意味がありません。しかし、風力発電→電力→水の電気分解→水素
ならば、とても効率が悪く、天然ガスから水素を製造したほうがよいでしょう。
現在の価格、キロ1000円で販売するとなると、赤字を出し続けると思います。
日本政府の戦略って、はじめに聞いた段階で、「大丈夫か?」と感じますが、
アメリカの戦略は、「なるほど!」というものが結構多いのです。


さようなら石油 米海軍が海水を燃料に変える新技術を開発 (2014年4月10日 アイビータイムズ IBTimes)
海水燃料
数十年に及ぶ研究によって、米海軍の科学者が世界で最も大きな課題の1つを解決する機会を得たようだ。
海水を燃料に変える方法が開発されている。現在、米海軍は石油ベースの燃料に依存している。しかし、
海水から液体炭化水素燃料が開発され、これがいつの日か石油に取って代われば「画期的なもの」になると
考えられている。その理由は、実現すれば米海軍の艦艇は独自に燃料を供給し、海上で燃料補給したり、
寄港することなく、100%好きなだけ航行できるようになるからだ。新燃料は1ガロン当たり約3ドル~6ドル
(約300円~600円)かかると米国海軍研究試験所(Naval Research Laboratory: NRL)は発表した。既に新燃料
によってモデル機が飛行したという。米海軍は、核燃料に頼る若干の航空母艦と潜水艦72隻以外の、289隻
の艦艇が石油系燃料に依存している。石油系燃料への依存から解除されれば、海軍は燃料不足と価格の
変動から解放される。「われわれにとって大きなマイルストーンになる」とフィリップ・クロム(Philip Cullom)
中将は述べた。「エネルギーをつくる方法、エネルギーを査定する方法、消費する方法を探求し、革新的な
方法で現実に則して考えなければならない、非常に困難な時代である。過去60年に及び、安くて無制限に使用
できる燃料を常に求めてきたが、目標とする状態を実現するために挑戦しなければならない」と付け加えた。
この方法は、科学者が海水から二酸化炭素(CO2)と水素(H2)ガスを抽出する方法を開発したことにより大きく
進展した。海水電解によってCO2とH2を集め、その後、触媒を介した「ガス・ツー・リキッドプロセス」により、
気体を液体炭化水素へ変質させるという2段階のプロセスが開発された。水素と炭素を含む有機化合物が
生成され、燃料に変えられる。「陸軍と海軍において、通常とは異なる、いくつもの目的がある」とクロム中将は
述べた。「燃料を得るために必ずガソリンスタンドに行かなければならないというわけではない。ガソリンスタンド
として洋上給油のためのタンカーが我々のところにやってくる。しかし海水から燃料を作るという画期的な技術
が実現すれば、現在我々が行っている多くの準備作業は、論理的にも徹底的に変わることになる」とクロム中将
は指摘した。海軍にとって次の課題は、この燃料が大量生産できるかということだ。CO2や水素を最大限に抽出
する研究が、大学の研究者とともに行われている。
「初めて、海水から同時に二酸化炭素(CO2)と水素(H2)を抽出する技術を開発できた。大きな進展だ」と米国
海軍研究試験所のヘザー・ウイローア(Heather Willauer)博士は述べた。ウイローア博士は同プロジェクトにほぼ
10年にわたり関わってきた科学者である。そして、この燃料は見掛けや匂いは従来のものと大きく異なるものでは
ないと付け加えた。「実現の可能性が示せた。今後、プロセスの効率を改善したい」とウイローア博士は説明した。

さようなら石油といっても、これは空母の話。原子力空母の燃料はウランです
から、石油は要りません。ところが、空母に載せている戦闘機はジェット燃料
で動きますから、給油が必要です。空母自体が寄港しなくても、補給艦に給油
してもらえばいいのすが、これが問題なのです。平時はそれでいいのですが、
もし、米中が南シナ海で戦闘状態になったとき、中国がミサイル攻撃する対象
は、空母ではなく補給艦です。空母はミサイル防衛システムを持ったイージス艦
に囲まれており、中国軍がミサイル多層防衛システムを突破することは困難です。
しかし、米軍も、すべての補給艦にイージス艦をつけることはできないでしょう。
ここが狙われるのです。燃料がなくなって戦闘機を飛ばせなくなった空母に、
南シナ海の人工島にある基地から中国の戦闘機が飛んできて、襲いかかります
(実際、そうはならないでしょうが)。ですから、多少コストがかかっても、
空母で燃料を製造することには意味があるのです。技術的な情報がないので、
詳細は不明ですが、水素は、原子力による電力で海水を電気分解して調達する
のでしょう。二酸化炭素は海水に含まれていますので、膜透過などで海水から
直接、入手します。普通に考えれば、この水素と二酸化炭素を、水性ガスの
逆シフト反応とフィッシャー・トロプシュ法(FT法)で油化することに
なります(詳細は省略)。アメリカのすることには「戦略」があるのです!
一方、日本政府が何を考えているのか分かりませんが、超大型洋上風力の電力
による水素の製造なのでしょうか?しかし、日本近海では台風がきますから、
超高強度のものを製造しなければなりません。相当、高コストになるでしょう。
海水の電気分解もしわたしが担当者なら、メガフロートによる太陽光発電で、
水素を製造します。メガフロート運搬船は水素エンジンで
動きます。メガフロートは、風車と違い、台風のときに
逃げることができます。コストは合わなくてもいいのです。
真の目的は、軍事なので。メガフロートを100台くらい
製造しておけば、中国も脅威に感じるでしょう。
         ついでに、この記事も引用しておきます。


米海軍の大艦隊が中朝と対峙 「見たことのないほど多く」の中国軍艦艇が接近監視 (3月5日 産経ニュース)
米国防総省は4日、原子力空母「ジョン・C・ステニス」を旗艦とする空母打撃群が、南シナ海で警戒・監視活動
を行っていることを明らかにした。南シナ海の軍事拠点化を急ピッチで進める中国を、強く牽制(けんせい)
するものだ。ただ、ステニスの幹部は「艦隊の周囲には、これまで見たことのないほど多くの中国人民軍の
艦船が集まっている」と伝えている。ステニスにはイージス駆逐艦の「ストックデール」と「チャン・フー」、
ミサイル巡洋艦「モービル・ベイ」が随伴している。米軍横須賀基地(神奈川県)に配備されているイージス
巡洋艦「アンティータム」も警戒・監視に当たっており、第7艦隊の旗艦「ブルー・リッジ」はフィリピンの
マニラに寄港している。ステニスは1月中旬に米ワシントン州を出港し、2月4日に西太平洋に入った後、
北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射への警戒に当たったとみられている。南シナ海での空母打撃群の展開について、
国防総省は「昨年秋に空母『セオドア・ルーズベルト』が行ったのと同様に、通常の活動で国際法に合致している」
(報道官)と強調した。ステニスは7日から開始される米韓合同軍事演習に参加する予定で、中国と北朝鮮の
双方を牽制する任務を帯びているもようだ。



2016_03_06


実施賃金4年連続低下やっぱり下がってました2015年の実質賃金。
これはアベノクスが失敗だともいえますが、
きっと他の政策をとっていても、
そしてこれからも、ダメなのではないでしょうか?
これで不安がるなと言うほうが無理だと思いますが、
日本人でなければ、それほど心配しないのかも。
日本人の不安症は単なる思い込みではないようです。


すぐ不安になる人のためのマインドフルネス (2月7日 ハフィントンポスト日本版)
日本人が慎重で控え目な傾向にあることは、どうやら単なる印象論ではなく脳科学的な事実のようです。それを考える
上でのキーワードが、セロトニン・トランスポーターです。これは精神の安定を保つセロトニンという物質を、脳内で運搬
する遺伝子です。この遺伝子が十分に働かないと、セロトニンが十分に活用されません。そうすると、ちょっとしたことで
不安になる、否定的な感情に歯止めがかからなくなる―といった傾向が現れます。そこで一つの結論を先に述べると、
日本人は意図的になんらかの工夫をして実践しないかぎり、不安になりやすい傾向を払拭することは難しいのです。
セロトニン・トランスポーターには3つのタイプがあります。一つはSS型と呼ばれるもので、セロトニンの伝達力が弱い
もの。これを660CCの軽トラックだとしましょう。二つめはSL型といって、ふつうにセロトニンを運べるもの。普通乗用車
並みかそれ以上の排気量をもっている小型・中型トラックです。そして三つめがLL型で、たくさんセロトニンを運べる大型
トラック。日本人は軽トラックタイプの人が68%なのに対し、アメリカ人で軽トラックタイプは19%。小型・中型トラックタイプ
は日本人が30%でアメリカ人が49%。そして大型トラックタイプは、日本人が2%(!)なのに対してアメリカ人は32%です。
(中略)セロトニンの多寡が影響する不安感なども含め、人間の感情の3分の1は遺伝子によって決まりますが、残りの
3分の2は外部要因によるものです。そしてこの外部要因は、日本人がその強みと表裏一体の弱みを制御する可能性を
示します。日常の習慣やトレーニングによってセロトニンの分泌を促していけば、もとが軽トラックタイプだとしても克服は
十分に可能なのです。セロトニンはリズミカルな運動によって増やせると報告されています。ですから体力に合わせて
リズム運動(ジムのステッパー、ジョギングやサイクリングなど)をするのもいいのですが、じつはマインドフルネス(呼吸
を観察する瞑想)も同じ効果があります。それは「吐いて、吸って・・・」というように呼吸に注意を向けていくことが、
リズム運動と同じ効果をもたらすからです。また息をゆっくり吐いていくときに副交感神経が活性化し、セロトニンの
分泌を促すので過剰な不安感などを抑制する効果があります。

まずはじめに・・・適切に不安がることも必要です。ギリシャ人のように楽観的に
なりたいとは思いませんし、実際、なれないでしょう。しかし、不安におびえて毎日の
生活をおくるのも悲しいことです。脳内のセロトニン濃度を測定できるわけではないので、
何が事実なのか釈然としない面もありますが、セロトニン濃度だけでなく、脳内の
セロトニンをうまく活用できていないことが、日常生活にも大きな影響を及ぼしている
のかもしれません。セロトニン神経は、感情が激しく動いたときや、ストレスを感じた
とき、心身が疲労して乳酸が身体や脳に蓄積したときに消耗すると考えられています。
また、セロトニンは睡眠と覚醒の両方に関係しています。睡眠ホルモンであるメラトニン
はセロトニンから合成される一方、セロトニン自体は寝ている時には働いておらず、
起床時になると、メラトニンの分泌が止まってセロトニン神経が働きはじめ、脳と身体を
覚醒させます。現代の日本人にとって最も要注意なのが、精神的な強いストレスを受け
続けることでセロトニン不足に陥り、精神のバランスが崩れることです。そうなると、
感情のコントロールが困難になって、不安に押しつぶされそうになってしまうだけでなく、
食欲がなくなる、眠れない、目覚めが悪いなどの身体症状も現れます。
セロトニン神経を鍛えることは、現代の日本人にとって必要なことなのかもしれません。
日々の暮らしのなかでリズム運動を意識して実践することで、少しずつセロトニン神経を
鍛えられるそうです。最もおすすめなのは、散歩ではないでしょうか?


 内容紹介 ベストセラー本の町医者が、簡単、ただで出来る、医者知らずの『とっておきの健康法』を
 初めて著す! 医者として多くの患者を診療しながら、多くの人気本を著している長尾和宏先生の新しい
 テーマ『歩くこと』による健康法。平穏死という言葉をはやらせ、死を見つめたテーマ、ボケの問題、
 薬についてのうんちく、近藤誠教授へのアンチテーゼなどのテーマから、もっと健康で積極的に生きて
 いこうというテーマへ。 歩くことがどれだけ健康に良いかということを、医者の立場から科学的に証明。
 実際の治療にも多く使われ、効果をあげています。 歩行が人生を変える29の理由をわかりやすく説明
 する本。 現代病の大半は、歩かないことが原因。糖尿病人口は、950万人に。 高血圧人口は、4千万人に。
 高脂血症人口は、2千万人に。 認知症人口は460万人、予備軍も加えると900万人に。そして、毎年100万
 人が新たにがんにかかり、年間で37万人が、がんで命を落としている・・その大半は、歩かなくなった
 ことが原因。                   目次: 第1章 病気の9割は歩くだけで治る!
                          ①現代病の大半は、歩かないことが原因だった
セロトニンとは②糖尿病、高血圧…生活習慣病は歩くほどに改善する
③最大の認知症予防は計算しながら1時間歩くこと
④うつ病も薬要らず、歩くだけで改善する
⑤国民病の不眠症は、歩くだけで解決する
⑥逆流性食道炎も便秘も一挙に改善、腸内フローラ
  が脳を変える
⑦線維筋痛症も喘息もリウマチも、痛い病気こそ、
  頑張って歩け!
⑧がんの最大の予防法はこんなにも単純だった
⑨風邪も歩いて治せ ただし体力に余裕のある人は
第2章 医療の常識に騙されるな
⑩なぜ歩くことは国民運動にならないのか?
⑪薬で老化は治りません
⑫ライザップより、ウォーザップ! お金は一銭も
  いらない
⑬「骨折=手術」とは限らない 骨折しても歩くこと
  を忘れるな!
第3章 健康になる歩き方(中略)
第4章 歩くと未来が変わる
                                   ㉕セロトニン顔をめざそう!
                                   ㉖歩くと頭が劇的に良くなる二つの理由
                                   ㉗うまく歩くと寿命が確実に延びる
                                   ㉘歩行は脳を変え、人生を変える
                                   ㉙偉人たちが偉業を成し遂げたのは、歩いていたから


2016_02_09


覚醒剤_合成麻薬【 覚せい剤 】 (赤城高原ホスピタル)
[覚せい剤とは、化学薬品としての性質]
覚せい剤とは、正確には、覚せい剤取締法第二条で指定された薬物の
総称です。英語では、覚せい剤に相当する用語がなく、Stimulants
(覚醒系薬剤)には、アンフェタミンのほか、コカイン、リタリン、
エフェドリン、カフェインなど中枢神経系刺激薬剤全てを含みます。
覚せい剤という用語は、ドイツ語のWeckamin(覚せいアミン)に
由来するようです。アンフェタミン (Amphetamine)様物質は、
覚せい剤の代表ですが、一般には覚せい剤という用語は、
アンフェタミン類と同義語として使用されています。化学品名は、
フェニルアミノプロパン(アンフェタミン)、フェニルメチルアミノ
プロパン(メタンフェタミン)です。英語圏では、短く、"Meth" と
呼ばれることがあります。「覚醒剤」と「覚せい剤」を区別して、
前者にはコカインなど広義の覚醒系薬剤を含め、後者をアンフェタミン系薬剤に限って使用することがあります。
化学構造の類似した多くの化合物が覚醒作用、幻覚作用、麻酔作用を持ち、まとめて、Amphetamines と、複数形で呼ばれます。
この中には、アンフェタミンのほか、デキセドリン(Dextroamphetamine)、エフェドリン(Ephedrine)、リタリン
(Methylphenidate)、エクスタシー(MDMA, E, バツ、バッテン)などが含まれます。アンフェタミンは1887年にEdelemo
により合成され、メタンフェタミンは1893年に日本の長井長義により合成されました。メタンフェタミンにはアンフェタミン
の約10倍の薬理作用があります。日本で乱用されているのは、ほとんどがメタンフェタミンで、ヨーロッパで乱用されてきたのは、
アンフェタミンです。コカイン、マリファナやカフェインと違って、アンフェタミンは、自然界には存在せず、化学的に合成
されます。もっとも、アンフェタミンの原料であるエフェドリンは、昔はマオウ(エフェドラ)というハーブから抽出されました。
今は化学的に合成されます。アンフェタミンには幾つかの合成法がありますが、エフェドリンから合成する場合が多いようです。
(中略)2001年頃から錠剤型麻薬の押収が急増しており、そのほとんどが「エクスタシー」と呼ばれる幻覚作用
の強いMDMA(合成麻薬)です。MDMAは、日本の法律上は、覚せい剤ではなく、麻薬と分類されますが、上記のように、
化学的には、覚せい剤、アンフェタミン類に含まれる化合物です。作用も、覚せい剤と同様で、末端価格も1錠5000円
以下(原価は5円)と比較的安価なことから、繁華街などで10-20歳代の若年層への密売が横行しています。

ドーパミンと麻薬日本で出回っている覚醒剤の多くはメタン
フェタミン。戦時中はヒロポンなどの商品名
で大量に出回っており、昭和26年に覚せい
剤取締法が施行されて、ようやく使用が禁止
されました。化学構造からみると、覚醒剤は
ドーパミンに似ています。押尾事件で有名に
なった?合成麻薬も、作用は少し違いますが、
化学構造はよく似ています。また、向精神薬
であるリタリンも、覚醒剤と化学構造だけで
なく、(覚醒剤より弱いが)効果も似ていて、
乱用の危険があります。薬の服用を中止する
ことで禁断症状が出る場合もあり、注意を要する薬です。コカインは少し化学構造が異なり
ますが、麻薬の場合も似ている部分を持っています。
(ヘロインはモルヒネをアセチル化しただけですから、
両者の化学構造が似ているのは当然です。末期ガンなどの疼痛患者がモルヒネを摂取しても、精神依存性はありません。)
一方、大麻の有効成分と言われているテトラヒドロカンナビノールには分子内に窒素原子が
なく、化学構造からみると、覚醒剤や麻薬とは明らかに異なっています。
北見市(北海道)では産業用大麻の栽培特区が認定されましたが、日本では規制が厳しく、
産業化への道のりは遠いようです。マリファナ(乾燥大麻)を合法化する必要はないとは思い
ますが、産業用大麻の栽培は合法化してもいいのではないでしょうか?
日本では、明らかに違法であるパチンコは取り締まらず、大麻だと覚醒剤のような有害性を
理由に厳しく取り締まる。タバコやアルコールを上回る大麻の有害性を示す明確な医学的
根拠があるようには思えません。しかも、大麻と異なり、タバコには害しかありません。
何を取り締まって、何を取り締まらないというのは、警察が行使できる自由なのでしょうか?
警察だけでなく、司法にも責任があります。


マリファナ合法化の波、米連邦にも
医療用から広がる規制緩和 (2015年6月11日 ナショナルジオグラフィック日本版サイト)
米国における大麻使用者は、2000万人を上回る。連邦法では所持も吸引も違法だが、23州と首都ワシントンD.C.では、
医療用の大麻が合法化された。嗜好品としての使用についても、多くの州で罰則が軽減されたり、撤廃されつつある。
医療用マリファナの合法化に反対する人々は、子どもへの影響を根拠にしてきた。「子どもたちのことを考えろ」は、
最強の政治的行動原則だ。けれども今、子どもたちの苦しみが、連邦政府による規制を緩和に向かわせようとしている。
子どもたちの発作に効果
米国では現在、数千人の子どもたちがドラベ症候群とレノックス‐ガストー症候群に苦しんでいる。どちらも小児期に発症する
まれなてんかんで、毎日何十回も何百回も重い発作が起こるが、通常の抗てんかん薬はまったく効かない。昨年、米国食品
医薬品局(FDA)は、エピディオレックスという薬物の臨床試験を許可した。この薬物は、マリファナに含まれる85種類の
活性成分(カンナビノイド)の1つであるカンナビジオール(CBD)を原料にしている。初期の臨床試験からは有望そうな
結果が得られていて、12週間の治療を受けた患者の54%で発作の回数が減少し、9%は発作が全く起こらなかった。
臨床試験は次の段階に進み、偽薬を使った対照試験が行われている。 (中略) FDAがカンナビノイド研究を承認する方向に
大麻の利用 動きはじめているのは明らかだ。現時点では、研究
の対象は有効な治療法のない稀な疾患に制限されて
いるが、科学者たちは、カンナビノイドを利用した
アルツハイマー病や統合失調症の治療にも研究
範囲を広げたいと希望している。こうした研究から
有望そうな結果が出たら、連邦政府は規制物質法
におけるマリファナのスケジュールを変更し、薬物
としての価値を認めるようになるかもしれない。




<出典> ASAFUKU(麻福)「ヘンプ入門」
ヘンプ:麻の英語名(Hemp)、主に産業の分野で
    マリファナと区別するために使う単語




2016_02_07


暖冬で野菜巨大化暖冬傾向で野菜巨大化 生産者にとっては「死活問題」
(1月7日 FNNニュース)
暖冬傾向で、野菜の生育に影響が出ている。消費者に
とってはうれしい傾向も、生産者にとっては死活問題
となっている。宮崎・高鍋町で、トラックに大量に
積まれていく、丸々と大きく育ったキャベツ。
手際よく箱詰めされていくが、見ると、ふたも
閉まらないほど、ぎゅうぎゅう詰めだった。
これを、次々とトラックに積み込んでいく。キャベツ
農家は「作が早まって成長しているので、収穫作業に
追われて、品質が落ち気味にはなりますよね」と話した。収穫が間に合わないほど、次から次へと育つキャベツ。
その理由は、暖冬にあった。7日も東京都心では、13度近くまで気温が上がるなど、3月上旬並みの陽気となった。
この暖冬傾向は、今後も続くとみられている。この暖冬が影響しているのが、野菜の生育。2015年11月以降、
適度な雨が降ったこともあり、野菜が早く大きく育っている。早く大きく育った野菜は、どうなるのか。
東京・練馬区のスーパーを訪ねてみると、例年に比べて、3割ほど安くなっていた。野菜を買いに来た人は
「ついこの間まで(キャベツは)300円近くしていた。今88円で、とっても安いと思う」と話した。6日に発表された、
農林水産省の食品価格動向調査でも、白菜は1kgあたり117円。キャベツは1kgあたり123円と、平年に比べ、
1割ほど安くなっていた。アキダイの秋葉弘道代表は「生育が非常にいい状態なので。特にダイコン、見ての通り、
でかいです。平年ですと、こういう大きいサイズをかき集めるのが大変だが、ことしの場合は、黙ってても大きい
のが来るという感じ」と話した。消費者にとってはうれしい傾向だが、生産者にとっては死活問題。
キャベツ農家は「秋口から豊作気味に作が出るので、価格としては厳しい。1月2月3月に収穫予定のものが、
前倒しで早くできているので、こういう経験は初めてですね」と話した。消費者にとっても、心配なことがある。
農水省によると、このまま出荷時期の前倒しが続くことで、次の品種などの切り替え時期とのずれが生じるという。
このことで、逆に一時品薄になり、値段が高くなる可能性があるという。

ダイエットに使い分けたい「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」マイクロダイエット microdiet.net
【水溶性食物繊維】 水溶性食物繊維は、名前の通り水に溶ける種類の食物繊維。
果物、野菜に多く含まれるペクチンや、こんぶやわかめなど海藻類に多く含まれるアルギン酸、生のこんにゃく芋に
含まれるグルコマンナンなどが水溶性に分類されます。水溶性食物繊維は水分保持力が強く、水に溶けるとドロドロの
ゲル状に変化します。この粘性が、ダイエットに効果を発揮します。炭水化物(糖質)の消化・吸収を緩やかにし、
血糖値の急上昇を防ぐ効果、コレステロールなどの余分な脂質を吸着し排出するなど、体への吸収を抑制する作用が
あります。また、腸の粘膜を守る効果、善玉菌を増やす効果もあるため、整腸作用があります。
【不溶性食物繊維】 不溶性食物繊維の効果は、何といっても腸内環境の改善とデトックス効果です。
不溶性食物繊維は水に溶けない食物繊維で、胃や腸で水分を吸収し大きく膨らみます。これにより、便のかさ増しや、
腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活発にし、便通を促進します。体にとって有毒な、ダイオキシンなどの物質を
排泄するデトックス効果も。不溶性食物が多く含まれる食品は、いわゆる"繊維質"な食べ物が多く、よく噛まなければ
ならないものばかり。ですので、食べすぎを防ぎ、満腹感を得られやすいというダイエット効果があります。
「便秘解消には食物繊維」と言われることが多いですが、不溶性食物繊維を多く取ると、場合によっては
便が硬くコロコロになることもあります。たっぷりの水分も一緒に摂るようにしましょう。
水溶性と不溶性のバランスは1:2が理想的
食物繊維は、水溶性 1:不溶性 2 程度のバランスになることが理想的です。
日本人の食生活が欧米化したことで、食物繊維の摂取量が減少傾向にあります。日本人の食事摂取基準
(2010年版)では、18歳以上の女性1日当たりの目標量は17g以上、男性では19g以上とされています。
しかし実際の摂取量は、10~40代の男女では14gにも満たないという結果が出ています(平成20年 国民健康・
栄養調査結果の概要より)。現代の食生活では、食物繊維は意識して積極的に摂取しなければ十分な量を摂取
できないと言えるでしょう。食事には野菜やきのこ、海藻、豆類を多く取り入れるほか、お米は玄米にする、白米
なら麦など雑穀を混ぜて炊く、パンは全粒粉に変えるなど、少しずつでも意識的に取り入れましょう。

大根の食物繊維前田敦子が実践したことで有名になった大根ダイエット。
このダイエット法で食べる大根は生に限られます。
つまり、大根ダイエットは、ジアスターゼなどの消化酵素
が豊富に含まれていることによる代謝アップを期待している
ということになります。ジアスターゼは熱に弱く、加熱する
と作用が失われてしまいますので、生で大根を食べること
がダイエットのポイントになると言われています。
しかし・・・、生の大根って、そんなに食べられます???
生でないとダイエット効果は減るのかもしれません。しかし、加熱すれば、
苦労しないで大量に食べることができます(勿論、好き嫌いによるでしょうが)。
大根は、他の野菜に比べて食物繊維が多く含まれているわけではないのですが、
食物繊維のなかの水溶性と不溶性のバランスがいい食べ物と言えるでしょう。
不溶性の食物繊維ばかりですと、腸に負担がかかることもあります。
大根ならば、たくさん食べても、水溶性と不溶性の理想的なバランスから
大きく離れることはありません。たくさん食べれば、便の量も増えます。
ということで、便秘の解消には理想的な食べものではないでしょうか?
ただし、効果を出すには、ある程度のボリュームを摂らなければなりません。
たくさん食べようと思うなら、やっぱり「煮つけ」でしょう!
そもそも、なんで大根をたくさん食べようという話になったかといえば、
最初のニュースにありましたように「安い」からです。食べなきゃ、損?です。
コレステロール低減効果もある程度はあるのかもしれませんが、コレステロールに
ついては、様々な誤解があるようです。(またの機会に・・・)

大根の煮つけ
 こっくりした味が魅力的な、「大根と豚肉の甘辛煮」(P.8~P.9)





2016_01_10


「失われた20年」教訓に飛躍のとき (8月3日 日本経済新聞web刊)
停滞続いた原因は何か
(前略)最後は、平成に入ってからの停滞期である。バブルの崩壊で地価や株価が急落。失われた10年は
いつの間にか20年になり、25年に及ぼうとしている。名目GDP(国内総生産)の最高が97年であることが
何よりもそれを物語っている。国際通貨基金(IMF)によれば、2009年には中国に抜かれて世界第2の
経済大国の地位をゆずり、14年には名目GDPで中国の半分になってしまった。
復興・成長の昭和と停滞の平成は、世界の政治経済システムのうつし絵でもあった。
冷戦構造のもと圧倒的な優位をほこった米国に追随したかたちで軽武装重商主義が許されたのが昭和だった。
平成になると、冷戦崩壊から、世界の中の日本として経済力にみあった応分の負担や国際貢献を求められた。
自衛隊も海外で活動するようになった。とりわけ、ここ10年、中国が台頭し、米国の影響力が相対的に低下して
世界経済もG7からG20の時代になった。世界の権力の移行がどんどん進んでいる。その中で日本の低迷が
なぜここまで続いたのか。原因を考え、しっかりとした対策をとっていくことが次への飛躍につながるはずだ。
第1にいえることは、日本経済の足かせとなった不良債権の処理が遅々として進まなかったように、常に一時
しのぎで切り抜け、根っこの問題を先送りしてきたことだろう。既得権益にメスを入れることができず、
岩盤を打ち砕けなかった。その結果が1000兆円をこえる借金を抱えてしまった財政にあらわれている。自民党
長期政権でつちかわれた政官業の三角形は決して完全に破壊されていない。構造改革は中途半端なままだ。
第2は政治のありようである。平成になって生まれた首相は安倍晋三氏までで16人。小泉純一郎首相のあと
民主党政権の野田佳彦首相まで6人が1年交代だった。とりわけ問題だったのが衆参のねじれ現象だ。
はじまりは1989年の参院選である。決まらない政治の原因となった。短命政権で政治のリーダーシップが
期待できず、外交力も弱体化させた。
成功体験捨て成長探れ
第3は、企業がグローバル化で後手に回りデジタル化の波にも乗り遅れたことだ。高度成長期の成功体験
から抜け出せず、国内や欧米の市場が中心で、成長する新興国を取りこめなかった。多様な人材の活用も
進まずイノベーションのチャンスを逃した。その結果、産業構造の転換が遅れ新たな企業も育たなかった。
日本企業は輝きを失ってしまった。政治家がリーダーシップを発揮し、既得権益を打破して岩盤をくりぬき、
企業はグローバル化・デジタル化に対応した体質に自らを鍛え直し、経済を成長させる――。
くみ取るべき「失われた20年」の教訓はこうした点に集約できるのではないだろうか。
安倍政権がアベノミクスをかかげ帆をあげて2年7カ月。政治的な資源を経済に集中していけば、ようやく
幸運の女神の前髪に手が届くところまで来つつある。要はいかに日本の国の力を増していくかということだ。
戦後70年、ここで跳べなければ待ちかまえているのは「失われた戦後日本」という悲惨な結末に違いない。

ピケティの式

失われた20年の式失われた20年のどの記事を読んでも、
本当の原因が見つかっていない気がする。
そこで、ひとつの仮説をつくってみた。
この20年間、日本では、サイエンスは
進化を続けたが、画期的なテクノロジーはほとんど生まれなかった。
ピケティのように数値化することはできないが、日本の現状を示すと、
このようなイメージになる(s>t)。それ以前は、サイエンスは
欧米に任せて、テクノロジーを生み出すことで産業が発達した。
実はここ20年、世界でも、ITを除けばそれほど大きな進展はなかった。
しかし、ITはあらゆる産業への波及効果を持っていたため、IT化により
多くの産業に新しい付加価値が生み出された(日本は乗り遅れた)。
サイエンスとテクノロジーは非常に関連性が高い。
しかし、なぜかサイエンスを上位に置いて、テクノロジーが後にでてくる。
例えば、生命科学。日本発の生命科学の新しい知見は数多くあり、世界有数
の業績も挙げている。しかし、産業へ寄与は驚くほど小さい。
ちょっと話は古いが、任天堂は、WiiにMEMS(微小電気機械)デバイス
を用いた加速度センサーやジャイロセンサーを搭載することで、体を動かして
ゲームをする方法を考え出した。これがテクノロジーである。
MEMSの原理をいくら追究しても、Wiiを生み出すことはできない。
ニーズを満たすための技術開発を進めていくだけでなく、ニーズを生み出す
技術開発が必要。戦後の日本は、テクノロジー重視で成功してきた。
しかし、フロントランナーにならなければならないということで、国をあげて
サイエンスに力を入れてきたが、産業に与える効果は大きくない。
生命科学の知識からではなく、ナノテクノロジーの応用としてバイオを
位置づけたほうが、産業としてのバイオテクロノジーの発展は期待できる。
サイエンスとテクノロジーは別モノであるという見地に立たないと、日本は
優秀なサイエンティストと貧弱なテクノロジストからなる国になってしまう。
サイエンスに実用的成果を求めることはできないし、そうすべきでもない。
優秀なサイエンティストをいくら集めても画期的なテクノロジーは生まれない。
日本の国策では、サイエンスとテクノロジーの区別さえできていないようだ。
「研究開発成果を産業振興に結びつける」というアイデアではこれまでどおり
うまくいかないだろう。「ビジネスモデルにのったテクノロジーを実施する
ために、必要に応じてサイエンスを借用する」という発想が求められる。
国の競争力要因は、サイエンティストではなくテクノロジストである。
本当に優秀な人には、サイエンティストではなく、(画期的なテクノロジーを
生み出す)テクノロジストになってもらわなければならない。
サイエンスがテクノロジーを生むという発想を捨て、テクノロジーがサイエンス
を牽引するのでなければ、日本はさらに沈没するかもしれない。


 -「経営学の巨人」の名言・至言(週刊ダイヤモンド)
 先進国にとって唯一の競争力要因はテクノロジスト 『明日を支配するもの』より
 「きわめて多くの知識労働者が知識労働と肉体労働の両方を行う。そのような人たちを
 テクノロジストと呼ぶ。テクノロジストこそ、先進国にとって唯一の競争力要因である」
 (『明日を支配するもの』)
 知識に裏付けられた技能を使いこなす者が無数に必要とされるようになった。それは技能者
 というよりも、「テクノロジスト」である。ドラッカーは、若者のなかでも最も有能な者、
 知的な資質に最も恵まれた者、最も聡明な者にこそ、テクノロジストとしての能力
 を持ってほしいという。先進国の一員であり続けたいのならば、ものづくりから離れる
 など、もってのほかである。純粋の知識労働者を持つだけでは、最先端を進む
 ことは不可能であるからだ。物理学、生化学、高等数学の知識について国境はない。
たとえばインドは、その貧しさにもかかわらず、質量ともに、世界最高水準の医師とコンピュータープログラマーを
擁する。他方で知識の裏付けはないが、低賃金でも働く肉体労働者は途上国に豊富にいる。じつは、今日のところ、
テクノロジストによる競争力優位を実現しているのは米国だけだという。「テクノロジストについて体系的で組織
だった教育が行われているのはごくわずかの国でしかない。したがって今後数十年にわたり、あらゆる先進国と
新興国においてこのテクノロジストのための教育機関が急速に増えていく」(『明日を支配するもの』)





2015_12_31


科学リテラシークイズ
科学リテラシーとは、「個人としての意思決定、市民的・文化的な問題への参与、
経済の生産性向上に必要な、科学的概念・手法に対する知識と理解」だそうです。
しかし、上記のような問題を出して正解かどうかを競うことが、本当の科学リテラシー
と言えるのでしょうか?(答えは最後にあります。)


COP21首脳級会合が開幕、地球温暖化防止へ (11月30日 News i - TBSの動画ニュースサイト)
地球温暖化を食い止めるための新しいルールを作る国連の会議「COP21」がフランスで始まりました。
COP21首脳級会合には、世界およそ150の国や地域のトップが参加。開会式は2週間前にパリであった同時多発
テロの追悼から始まりました。「私たちはテロのない社会だけでなく、大災害のない持続可能な地球を子どもたちに
残さねばなりません」(フランス オランド大統領)
会合では、2020年以降の温室効果ガス削減の枠組みの合意を目指していますが、先進国と発展途上国の溝は埋まって
いません。会場では早速、CO2排出の2大国、中国の習近平国家主席とオバマ大統領の会談も行われました。
また、安倍総理は、発展途上国に対する温暖化対策強化の方針を明らかにする予定です。

COP21開幕

COP21が開幕したことにあわせて、このような問題はどうでしょうか。
以下の内容は、「正しい」「誤っている」のどちらでしょう?

① 世界の二酸化炭素、メタン及び一酸化二窒素の大気中濃度は、1750年以降の人間活動の結果、大きく増加してきており、
氷床コアから決定された、工業化以前何千年にもわたる期間の値をはるかに超えている。世界的な二酸化炭素濃度の
増加は、第一に化石燃料の使用及び土地利用の変化に起因する一方、メタンと一酸化二窒素については、農業による
排出が主な要因である。
② 気候システムの温暖化には疑う余地がない。このことは、大気や海洋の世界平均温度の上昇、雪氷の広範囲にわたる
融解、世界平均海面水位の上昇が観測されていることから今や明白である。
③ 古気候に関する情報によって、過去半世紀の温暖な状態が、少なくとも最近1300年間において普通ではないとの考察が
裏付けられている。
④ 20世紀半ば以降に観測された世界平均気温の上昇のほとんどは、人為起源の温室効果ガスの増加によってもたらされた
可能性が非常に高い。識別可能な人間の影響が、気候の他の側面(海洋の温暖化、大陸規模の平均気温、異常高低温や
風の分布)にも及んでいる。
⑤ 温室効果ガスの排出が現在以上の割合で増加し続けた場合、21世紀にはさらなる温暖化がもたらされ、世界の気候
システムに多くの変化が引き起こされるであろう。その規模は20世紀に観測されたものより大きくなる可能性が非常に高い。
※①~⑤の質問と表1(下の表)に書かれた内容は同じです。

地球温暖化クイズ
エネルギー・資源Vol. 30 No. 1(2009)「地球温暖化:その科学的真実を問う」

 科学リテラシーに関して、日本人に最も欠けていることは
 「科学的知識」ではありません。日本人の欠点は、
 「科学者を信用し過ぎ」であることです。
 日本では、政治家は嘘つきということになっています?が、
 科学者は正直者ということになっています。
 残念ながらそんなことはありません。
 誰が嘘を言っているのか?今のところ、断言はできません。
 記事50-9で示しましたダイオキシン問題の事例のように、
地球温暖化問題が、「科学者が言ったほど大きな問題ではなかった」という可能性は
ゼロにはなっていないのです。わたしたちにとって、現時点で分かっているのは、
地球温暖化問題に関する交渉は国益をかけた戦いであるということです。
排出権を買いさえすればいいというやり方だけは、絶対にやめるべきです!

※冒頭の問題の正解:①正、②誤、③正、④正、⑤誤、⑥正、⑦誤、⑧正、⑨正、⑩誤、⑪誤




2015_12_01


コンビニおにぎりと弁当は危険!原価5円?添加物まみれで健康被害の恐れ
(10月12日 ビジネスジャーナル)
「安い、うまい、便利」ということで、コンビニおにぎりを愛好している人は少なくありません。ところが、
コンビニおにぎりは、コメ本来の味を引き出した食品ではありません。うまいと感じているのは化学調味料
(うまみ味調味料)など食品添加物の味です。おにぎりは、ごはんと具だけのシンプルな食べ物だから
添加物の心配は少ないと思っていたら、とんでもないのです。コンビニ食品でよく見かける
「保存料・合成着色料不使用」のキャッチコピーに騙されてはいけません。これは添加物不使用ということ
ではありません。保存料、合成着色料に代わる添加物は使用されているのです。
まず、ほとんどのコンビニおにぎりに使われている添加物がグリシンという炊飯改良剤です。ごはんの
つやを出す効果や保存性を高める目的で添加されています。グリシンは人工的に合成されたアミノ酸です。
体内でつくられるアミノ酸のグリシンは脳に働きかけ睡眠を深くさせる作用があります。こうしたことから、
添加物グリシンは一部の製薬会社から安眠効果を高めるサプリメントとして販売されています。
人工合成されたグリシンに要注意
しかし、人間の体内でつくられるアミノ酸のグリシンと、人工的につくられた添加物のグリシンとは別の物質と
理解しておかないと、予想もしない健康被害に遭う恐れがあります。もっとも心配されるのが過剰摂取です。
「食品添加物公定書」という公的な専門書には、グリシンをモルモットに大量に与えると、筋緊張の消失と
一過性の完全麻痺が起こったという報告があります。また、大きな特徴として右回りの円運動を行うとも
報告されています。大量に食べると、ということですが、グリシンはコンビニおにぎりだけでなく、ほとんどの
コンビニ弁当に使われています。合成アミノ酸を大量に摂取する怖さは、「L-トリプトファン事件」が実証して
います。これは1988年から89年にかけて、昭和電工が製造した合成アミノ酸のL-トリプトファンを添加した
清涼飲料水を飲んだ人が、米国で38人も死亡した食品公害事件です。日本でも同様の清涼飲料水が
発売される予定でしたが、米国での被害が表面化したため、急遽発売を中止し、難を逃れたのです。

この記事はいったい何が言いたいのでしょう。体内で合成されたグリシンも、
工業的に製造されたグリシンも同じグリシンです。違いはありません。ただ、
添加物の場合、過剰摂取の可能性があるので、量の制限が必要になります。
何でも大量に摂取すれば、毒になり得ます。水だって、大量に飲めば毒です。
「水は、大量に飲めば毒なので危険飲料である」。おかしいと思いませんか?
トリプトファン事件についても、大量摂取が原因だったのではないかと考えら
れています。グリシンもトリプトファンもアミノ酸ですが、全く別の物質です。
「ヘビ毒は、卵白アルブミンと同様に天然タンパク質なので、安全である。」
これは間違っています。ビジネスジャーナルのすごい?ところは、
完全に矛盾していると思われる記事があることです。


「食品添加物は危険」ブームのまやかし 毒性を示す明確なデータなし (4月18日 ビジネスジャーナル)
安全性は十分に保証されている
世界中の研究機関が何千、何万という安全評価を行い、膨大な実験の結果から認められた食品添加物
には、一日摂取許容量(ADI)という生涯にわたり毎日摂取しても影響が出ないと考えられる分量が
定められています。このADIの信頼性は、国際連合食糧農業機関(FAO)および世界保健機関(WHO)が
合同で設けた機関であるFAO/WHO合同食品添加物専門家会議(JECFA)が保証しています。
多くのエリート科学者が膨大な実験をして、さらにそれを上回るスーパーエリートが何百人も頭脳を
突き合わせて検証し、メリットとデメリットを天秤にかけて最適な分量を決めているのです。もちろん、
認可を受けられないものもたくさんあります。しかし、この評価自体を否定する人がいます。
世界屈指のエリートたちの実験結果と聞いただけで、うさんくさい感じがするのもわかります。
しかし、「発がん性がある」「食べると危険」と言う人は、それ以上に権威がある人なのか、
そうでなければ世界中の研究者を納得させられるほどの根拠を示すべきです。

矛盾点だらけなので、質問されると答えに窮するでしょう。
ビジネスジャーナル信憑性



 誰か教えて!ビジネスジャーナルの
 健康記事にある「データ」の真偽
 (1月5日
  ドラッグストアとジャーナリズム
 「ビジネスジャーナルにメールを
  送るも、返事ナシ」

コンビニおにぎりの問題点は、おにぎりだけを食べて食事を済ませがちに
なることであり、その点からすれば、添加物より白米のほうがリスキーです。


「高GI食品」にうつ病のリスク! 全粒穀物、野菜、果物、食物繊維をとって、対策しよう!
(9月14日 糖尿病とうまくつきあう
精製された炭水化物がうつ病を引き起こす 野菜や全粒穀物で予防
「『低GI』という単語は聞いたことはあるけど、内容はあんまり知らないな」という方のために、
簡単にご説明しますね。「低GI」や「高GI」の「GI」は、「グリセミック・インデックス」の略語で、
日本語では、「食後血糖上昇指数」と訳されます。日本語訳の通り、GIは食後血糖値がどれだけ
あがりやすいかの指標として使われています。食品内の糖質の量ではないのですね。
数値がどのように決まっているかというと、ブドウ糖をたべた場合の血糖上昇率が基準の100
とされていて、食品ごとに、同量分を摂取した時の血糖上昇率で測られています。
GIが高ければ血糖値が上がりやすく、一方でGIが低ければ血糖値の上昇が緩やかということです。
そしてその数値によって「70以上が高GI値」、「55-69が中GI値」、「55以下が低GI値」と分類されて
いるんです。このGI値、調理方法や噛む回数などさまざま条件によって変わるのですが代表的な
食物には、このようなものがあります。
-----------------------------------------------------
低GI (55以下) :多くの果物及び野菜、豆類、全粒穀物、牛乳など
中GI (56–69) :全粒粉製品、砂糖など
高GI (70以上) :白パン、白米、カボチャなど
-----------------------------------------------------
この表を見ると、精製されたものよりも、加工されていない自然のもののほうが、GI値が低いことが
分かりますよね。GIが高い食品を食べると、インスリンが過剰に分泌され、その結果脂肪が蓄積され
やすくなってしまうことが知られています。今回の調査結果は閉経後の女性約7万人を対象に、5年に
渡る観察研究のデータの中で確認されたもの。研究に協力してくれた女性達に食事に関する
アンケートに回答してもらい、食事のGIによって、5グループに分けて比較したところ、
「低GIのグループと比べて、高GIの食事をとっていたグループのうつ病リスクが22%増加していたことが
分かった」のだそうです。
低GI食品が、うつ病予防に役立つかについてはまだ因果関係は明確になっていないものの、コロンビア大学
医学部のジェームズ ゲンウィッシュ氏は「精製されていないホールフーズなどの食品を摂り、食事をコント
ロールすることで、うつ病の予防・治療の効果を得られる可能性があります」とコメントを寄せています。

おにぎりを玄米にしなくても、コンビニおにぎりを食べる前に
コンビニサラダを食べることで、このリスクはかなり低減されるでしょう。

ご飯が先かサラダが先か







スマートな食べ方講座 – その4
「食べる順でスマート」
(9月18日 糖質.jp
「食べる順番や食材の組み合わせ
 によって血糖値への影響は
 変わります」




2015_10_16


80歳以上、初の1000万人超 高齢者は最多3384万人 敬老の日で推計 (9月20日 スポニチ Sponichi Annex)
敬老の日を前に総務省が20日発表した人口推計によると、15日時点で65歳以上の高齢者は前年に比べて89万人増の
3384万人だった。このうち80歳以上は38万人増の1002万人(総人口の7・9%)となり、初めて1千万人を超えた。
65歳以上の高齢者が総人口に占める割合は0・8ポイント増の26・7%で、人数、割合ともに過去最高を更新した。
65歳以上の割合は、国立社会保障・人口問題研究所の推計で2040年に36・1%に達する見込みで、社会保障費の
膨張への対応が急務となっている。現段階で欧米主要7カ国と比較しても日本が最も高く、イタリアの22・4%、ドイツの
21・2%などを上回った。総務省は10年の国勢調査を基に、その後の死亡者数や出生者数などを反映して推計した。
65歳以上の男性は1462万人で男性全体の23・7%、女性は1921万人で女性人口の29・5%を占めた。
団塊の世代の最終年に当たる1949年生まれの人が全員65歳以上になった。
また総務省の労働力調査によると、14年に仕事に就いていた65歳以上は45万人増の681万人で過去最多を記録。
半数弱の320万人が被雇用者で、うち234万人はパートやアルバイトといった非正規雇用だった。
就業率は20・8%で、こちらも欧米主要国を上回る水準。男女別では、男性が29・3%、女性が14・3%だった。
高齢者の人口及び割合

どうすれば長生きできるか?つまり、早死にしないようにするにはどうすればよいか?
一番気をつけるべきなのは、食生活。喫煙と間違った食生活および飲酒習慣、そして、
その結果として起こる「肥満」「高血圧」「高血糖」は、やはりダメなようです。


「早死に」の原因は食生活だった(研究結果) (9月15日 ハフィントンポスト 日本版)
世界中の早死にの最大の原因は「不健康な食生活」だと研究が明らかにした。専門家によれば、現在地球上の
死亡原因の21%を占めているのは、野菜や果物の不足、また赤身肉や糖分の多い飲み物の過剰な摂取など
バランスの悪い食事だ。研究は、1990年を境に死亡の危険要因が大きく変わったことを明らかにしている。
1990年以前の主な死亡要因は「子供と母親の栄養不良」「汚染された水」「衛生」「手を洗わないこと」だった。
しかし、現在多くの人の命を奪っているのは「間違った食事」や「高血圧等」など、予防可能な要因だ。今回の研究は、
国際共同プロジェクト「世界疾病負担」が1990年から2013年にかけて実施した。188カ国で79個の死亡危険要因を調べた
結果、最大の死亡要因は、不健康な食生活、高血圧、喫煙、高いBMI値、そして血糖値の上昇であると明らかにした。
2013年には世界中で3,100万人が死亡しており、1990年の2,500万人から大幅に増えている。研究者たちは、
今回の研究がきっかけとなって、人々が生活習慣を改善し、早死にのリスクが減ることを期待している。
研究を主導した、保険指標評価研究所のクリストファー・マレー博士は、「喫煙や不健康な食生活をやめ、
大気汚染などの環境リスクへの対策を強化すれば、健康を改善できる可能性は高い」と述べた。
博士はまた、「政策立案者は、今回の研究結果をもとに予防への取り組みや健康政策を打ち出すべき」と、
政治面からの取り組みも呼びかけている。

個人的に気になるのは、「アブラ」についてです。動物性油脂が健康に悪い
ということはよく知られていますが、植物性油脂については、カロリーが高いという
点をのぞけば、それほど健康に悪いというイメージを持たれていません。
あとは、酸化しないように注意することぐらいでしょうか?しかし、・・・


毎日の「サラダ油」が認知症を進行させる!アルツハイマー病の「真犯人」とは? (9月21日 東洋経済オンライン)
私は脳科学専門医として、金沢大学大学院医学系研究科で脳の神経細胞に関する基礎研究を行っています。
それと併せて、金沢大学附属病院や市中病院などで、脳の病気に苦しむ患者さんの診療も行っています。
40年ほど臨床医を続けてきて、ここ数年、実感していることがあります。それは、症状が完成した認知症の患者さん
だけではなく、その予備軍がものすごい勢いで増加しているということです。
なお、本記事でいう「認知症」とは、世界的に最も患者数が多いアルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)を
念頭に置き、それを中心に述べていくことをご承知おきください。
アルツハイマー病の「真犯人」とは?
アルツハイマー病の原因としては、ここ半世紀近くもの間、脳内に蓄積する「アミロイドβ」という物質の関与が強く
疑われていました。「タンパク質のゴミ」であるアミロイドβが脳内に蓄積し、老人斑(アミロイド斑)として沈着し、
やがて神経細胞が死滅していくという「アミロイド仮説」が有力視されてきたのです。しかし、10年ほど前から、
アルツハイマー病の研究者の間では、「アミロイドβ犯人説」に疑いの声が高まってきました。
では、アルツハイマー病の根本原因とは、実際のところ、何なのでしょう? 私は、「ヒドロキシノネナール」という
毒性物質こそが、アルツハイマー病の原因物質であるという新説を立てています。(後略)

認知症の原因がサラダ油なんて・・・冗談でしょう、と思うのですが・・・
それが本当ならば、揚げ物をできるだけ食べるなってこと?
(次の記事へ続く)
ノナンからヒドロキシノネナールまでここでは、化学の勉強をしてみましょう。
炭素が9個の直鎖の飽和炭化水素は、n-ノナン
(nonane)。末端がアルデヒド基(-CHO)
になったもの(アルデヒド基は末端にしか
つかないが)は、ノナナール(nonanal)。
アルデヒド基を構成する炭素が1位で、反対の
末端の炭素が9位になるようにナンバリング
しますので、2位と3位の炭素の結合が二重
結合の場合には、2-ノネナール(2-nonenal)。
図中の分子では、二重結合の隣の炭素が反対側
にあるので、トランス-2-ノネナール。
これが、「おやじ臭」の原因と言われている物質。
さらに、4位の炭素に水酸基(-OH)がついている
                                と、4-ヒドロキシ-トランス-2-ノネナールとなる。
この化合物がアルツハイマー病の原因物質ということのなのか???水酸基だけなら、化合物名の最後がオールになる。
エタンに水酸基がつけば、エタノール。化学では、水酸基のついた炭化水素はアルコールと言われる。
説明不十分だと言われるかもしれませんが、これだけ書くのにもかなりの時間がかかりました (・´ω`・)



2015_09_22


「理科離れ」続く 小学生は好きなのに…教員の指導力向上が課題 (8月25日 産経ニュース)
文部科学省が公表した全国学力テストの結果には、前回理科のテストが行われた平成24年度と変わらず、
中学生の「理科離れ」の傾向が顕著に表れた。文科省は授業内容の改善などを進めているものの、
数値の改善はみられなかった。一方で、上位県と下位県の格差が縮むなど学力の底上げが図られた
のも事実で、専門家からは長期的な観点から教員の指導力向上を求める声が上がっている。
今回実施した質問紙調査では「理科の勉強が好き」と答えた小6は83・5%。小学校で理科は人気教科
だが、中3になると61・9%まで減少する。小学校では観察や実験などの体験的学習が中心だが、
中学になると理論的な授業が増え内容理解が難しくなるためだ。
中3で「授業内容がよく分かる」と答えた生徒は66・9%で3教科中で最も低い。小6からの低下幅も
21・0ポイントと、国語(7・6ポイント)や算数・数学(9・3ポイント)に比べて急低下してしまう。
この傾向は前回調査とほぼ同じで、改善はみられなかった。文科省も危機感を強めて対策を行っている。
24年度には、改定された現行の学習指導要領が中学校で全面実施され、年290時間だった授業を
年385時間に拡充。理科への関心を高めるため、3割増えた時間を体験的学習に充てている。

教員の指導力というよりも、科学不信の表れとみるべきではないでしょうか?
生徒・教員・保護者を含めて国民全体の科学への信頼が揺らいでいます。
なんといっても、その理由のトップは、「福島第一原発事故」です。
世界に拡散させたものは、放射能だけではありません。
2012年の調査では、専門家に対する国民の信頼が大幅に下落しています。
原子力の安全性に関する意見で、最も信用できないのが、
原子力ムラに棲む専門家だという、情けない状況になってしまいました。
今でも根本的な体質は変わっていません。


放射能海洋汚染
<出典>ASR 「Fukushima Radioactive Ocean Impact Map - March 2012 Update」

その次に科学への信頼を失墜させたのは、STAP細胞です。
小保方さんが悪いというのではありません。中学生でもこう思うでしょう。
小保方さん以外の科学者も似たようなことをしているのだろう、と。
小保方さんは、ノーベル賞級の研究に関する発表をしたからウソが
ばれたわけで、どうでもよい研究者が書いたどうでもよい論文など、
査読者以外、ほとんど読むことはない(ちょっと言い過ぎでした)ので、
ウソがあっても発見されません。特に、再現が難しい実験や実証研究
であれば、なおさらです。実害もあまりないのですが・・・
実害のないエセ科学を批判する暇があるなら、ウソ科学を追及すべきです。
ダイオキシン ダイオキシンの毒性なんて、実害のある
 ウソでした(水でさえ多量に摂取すれば
 毒になります)。
 焼いた塩サンマは健康に悪い!
 そんなことあろうはずがない!
 ダイオキシンに関して、安全サイドから
 評価した結果だというのなら、
原発こそ、安全サイドから危険性を認識すべきです!!!
ウソと本当が見分けにくい分、ウソ科学のほうがエセ科学より悪徳です!


“猛毒”ダイオキシン、人間には毒性がない?
なぜ本当に有害な物質の研究が進まない?
(4月12日 ビジネスジャーナル
30歳以上の人は子供の頃に小学校でゴミを焼却する光景を見てきたと思いますが、現在、ほとんどの学校には
焼却炉がありません。その原因の1つが、2000年から施行されたダイオキシン類対策特別措置法などの環境法です。
それによって、人に対する発がん性があるとされるダイオキシンが発生しやすい低温の焼却炉では、ゴミの焼却が
認められなくなりました。その結果、自宅の庭でゴミを焼却していた人をはじめ、企業や学校もゴミ処理を業者に依頼
せざるを得なくなりました。それだけ、ダイオキシンは猛毒で厳重に注意すべき化学物質だと認識されているのです。
しかし、このダイオキシン、一般人と科学者では認識が大きく異なります。
それは、「実はダイオキシンは大して毒がない」という研究結果が数々示され、法律制定から十余年、疑問点も多く
指摘されるようになった。もちろん、専門家たちはダイオキシンを無害と言っているわけではなく、
「かつて騒がれていたほど猛毒ではない」という見解が多数派になりつつあるのです。
しかし、多くの一般人は、「ダイオキシンは猛毒」という認識を持ち続けています。
環境科学は新しい学問なので、定説が急にひっくり返ることも多いのですが、ダイオキシンに関しては原因物質が
明確であったため、時間をかけて追跡調査し、全体像が見えてきたのです。しかし、地味な話題なのでテレビ番組で
取り上げられることもなく、学校でも積極的に教えられず、あまり知られていないのです。(中略)
ダイオキシン類の中で最も毒性が強いといわれているのが、「2,3,7,8-テトラクロロジベンゾダイオキシン」です。
モルモット実験から判明した致死量は、0.01mg/kg(体重1kg当たり、0.01mg)。これは成人の致死量が
150~300mgといわれる青酸カリ(シアン化カリウム)をはるかに上回る猛毒です。しかし、その後さまざまな動物
実験から、イヌの致死量は3mg/kg、ハムスターは5mg/kgなど、種類によって何千倍も差があることがわかり、
人間の致死量ははっきりしていませんが、ほとんど毒性がないのではないかとの見方もあります。
また、「急性毒性がなくても、慢性毒性はあるのではないか」との意見もありますが、現在は少数意見にとどまって
います。ダイオキシン類は、自然界にも存在しており、過剰にゴミ焼却の際に発生するダイオキシンだけを悪者
扱いするのは間違っているのではないか、との意見も多くなっています。
ただし、ゴミを焼却する際に、有害な物質が生成されていることは確かなようで、それが何かを突き止めるための
研究は進めるべきでしょう。しかし、「ダイオキシン低減」などのキーワードが入っているほうが研究費を
獲得しやすいため、本当に有害な物質よりも、ダイオキシンの研究がさらに進んでしまう皮肉な状況は
今後も続くと考えられます。



2015_08_27


マイナス成長が明確に示す経済政策の根本的誤り (8月20日 ダイヤモンド・オンライン)
GDP成長率はマイナスになった。これは、「デフレ脱却を目標として金融緩和をする」というこれまでの経済政策の
行き詰まりを明確に示している。「一時的」として無視するのでなく、経済政策の基本を転換させる必要がある。
(中略)                    実質賃金の減少が消費低迷の原因
実質消費支出と勤労者世帯実収入の推移インフレ目標が誤りであることを示す
家計調査報告によっても、消費の低迷が裏付けられる。
図表5に示すように、実質季節調整済み1人当たり消費支出
は、消費税増税後10万円を下回る状態が続いている。
この水準は、2000年頃と同じである。15年4~6月期は、
対前期比でも対前年比でもマイナスの伸びだ。こうなる原因も、
勤労者世帯実収入が減少していることだ。以上の状況を見ると、
実質賃金が増加しないことが、消費低迷の原因であることが
分かる。消費停滞は、「インフレ目標」という経済政策の目的が
誤りであることを示しているのである。政府は、今回のマイナスは
一時的なものだとして無視する方針だ。追加緩和や消費税増税
延期の声が出てくることに対するけん制であろう。しかし、重要な
ことは、「インフレ率を高める」というこれまでの経済政策が誤り
であったことを認め、政策の大転換を図ることである。(中略)
鉱工業生産指数の推移企業利益は増えたが生産は増えない
設備投資の国内回帰は生じてはいるが…

鉱工業生産指数の動きも、図表7に示すとおり、はかばかしくない。
安倍晋三内閣成立以降の推移を見ると、2013年12月までは上昇が
続いた。しかし、消費税増税の直前である98.1をピークとして下落
に転じ、14年8月の96.7まで低下した。その後は、15年1月に100を
超えたことを除くと、停滞が続いている。もう少し長い期間について
大まかに言えば、消費税増税前の駆け込み需要の影響で一時的に上昇
したものの、13年9月頃からの状態が続いていると見ることができる
のである。そして、この状態は、10年頃の水準に比べると低い。
つまり、日本経済は長期的な停滞に落ち込んでいると見ることが
できる。設備投資の国内回帰が生じているのは事実だ。
しかし、鉱工業生産指数における上記のような状況を考えても、これが将来の需要増を見込んだ積極的な投資であるとは
考えられない。一つは、更新投資であろうし、いま一つは、円安によって国内生産の優位性が回復したために、これまで
海外に向かっていた設備投資の一部が国内回帰しているのであろう(なお、GDP速報では、1~3月期には対前期比年率
11.7%の増加となったものの、4~6月には、マイナス0.3%とマイナス成長になっている)。
経済政策の世論調査円安を原因とした製造業の国内回帰現象は、
リーマンショック前の円安期にも見られた。
しかし、とくにエレクトロニクス産業では、
「水平分業化」という世界的な潮流を
無視して建設された国内の巨大工場が、
その後の赤字の原因になった。
今回の設備投資国内回帰についても、
同じことが言えるだろう。
これは、長期的に見れば、日本経済の
構造転換を遅らせることになる。



 「学習する組織――システム思考で未来を創造する」は、なるほど
 と思うところが多いよい本です。現在の経済政策は、日本経済に
 おいて根本的に何が問題であるかということを考慮せず、対症療法
 に徹しています。実際に、一時的には熱が下がるから困るのです。
 これは、「学習する組織」に書いてある、システム思考において
 「やってはいけない」ことにぴったりと当てはまっています。
 株価を政府が支えきれなくなることで、悪循環がはじまり、
 誰にも止められない構造的な景気の悪化に苦しめられるでしょう。
既存のものづくり分野において、日本の産業競争力は下がり続けていますし、
これからもその傾向は止まりません。「ものづくり復活」などと言っている
ようでは、日本は本当に「飯の食えない」国になってしまいます。
空母の時代には、いくら良い戦艦を造ってもダメなのです。 
「断言します。ものづくり産業で日本が競争力を取り戻すことはない」孫正義
「過去の成功体験を捨てよ、過去から学ばない能力を持て」 鈴木敏文

思考システムの法則1思考システムの法則2



2015_08_21


ナスカ:地上絵24個、新たに発見…山形大 (7月7日 毎日新聞のニュース・情報サイト) 
山形大学は7日、世界遺産「ナスカの地上絵」で知られる南米ペルーのナスカ市街地近郊で、ラクダ科の
「リャマ」とみられる動物の地上絵24個を新たに発見したと発表した。昨年発表した17個と合わせ、
計41個の「リャマ」の地上絵が居住地近くに集中していたことが判明したという。同大ナスカ研究所の
坂井正人教授(文化人類学)は「当時の人々にとって地上絵がどういう存在であったかについて議論を
深める材料になるのではないか」と話している。
昨年12月から今年2月の現地調査で、ナスカ市街地から約1.5キロ北にある丘など直径約1キロの
範囲内で見つかった。全長約5〜20メートルで、有名な「ハチドリ」(全長約100メートル)より小さい。
制作時期はハチドリよりも古い紀元前400〜同200年ごろと考えられるという。リャマは荷物の運搬用の家畜。
一方、ナスカ市街地の拡大による影響が懸念され、坂井教授は「ナスカ市街地の南側では地上絵が実際に
壊され、幾つかはなくなっている。市街地が拡大すれば破壊の危機にある」と述べ、地上絵の保護を訴えた。

ナスカの地上絵

世界最高(唯一?)の「ナスカの地上絵」研究機関である山形大学の発表です。
パスポートを持ったことのないわたしが言うまでもなく、
日本からペルーに行くって、大変ですよね。
それにしても、この写真から「リャマ」と判断できるとは・・・
「アルパカ」ではないんですね。
そもそも、「リャマ」と「アルパカ」は、違うのか???


リャマとアルパカの違いが一発で分かる画像が可愛すぎてヤバイ!!
(2012年9月11日 Pouch[ポーチ] > エンタメ > 旅行)
リャマといえば、長いまつ毛で瞳パッチリのラクダみたいな動物です。一方、アルパカといえばモフモフとした
毛が特徴の、これまたラクダみたいな動物です。 ちなみにアルパカは、その毛を利用するために品種改良
された動物なのだとか。いずれにしても、どちらも甲乙つけがたいほどに可愛らしい!
リャマとアルパカ ところが! ふとアンデスの高地平原に
 行って彼らを見かけた時、どっちがリャマで
 どっちがアルパカなのだか迷ったりしませんか?
 ふとアンデスの高地平原に行く機会は私
 (記者)ですらありませんが、リャマとアルパカ
 の見分け方くらいは覚えておきたいところです。
 ということで今回ご紹介するのは海外の画像
 サイト「THE META PICTURE」に掲載されていた
 一枚の画像。
 題して「リャマとアルパカの見分け方」です。
 画像は三段に分かれておりまして、
 上段はシルエット。中断は横からの写真。
 そして下段は正面からの写真です。
 本当にこれが正しいのかは定かではありませんが、
 アルパカのモフモフ具合がヤバイほど可愛いい! 
 正面向き写真の破壊力もアルパカに軍配でしょう。
 ちなみにアルパカは、毛を刈り取らないまま2年ほど
 放置すると地面に届くくらいまで伸びるそうです。
 まるでモップのようではありませんか!
 そんなアルパカをペットとして飼育する人も
 アメリカには多いのだとか。気になる価格は
 1頭およそ250万円だそうですよ。
 (文=長州ちなみ)
参照元:THE META PICTURE

「リャマ」と「アルパカ」は、似てるけど違う動物でした。
さて、ナスカの地上絵は何の目的で描かれたのでしょうか?
実際のところ、分かっていないようです。
地上絵は上空からしか見えないのですから、
上空にいる存在に何かをアピールしているのでしょう。
となると、「鳥」が一番はじめに思い浮かびますが、
「鳥」でしたら、これほど巨大な絵は必要ありません。となると・・・
この絵を「龍神」に見せようとしたのではないでしょうか?
その目的は、日本の昔話と同じで、「雨乞い」でしょう。
ペルー古代文明の世界観では、「神としてのコンドル」なのかもしれませんが、
いずれにせよ、「雨乞い」の祈りを、天上界におられる「神」へ
捧げることは、自然なことであったと思われます。
他の場所でも同じようなことが行われていたのですが、消えてしまったのです。

(以上、何の根拠もない推量でした)

ナスカの地上絵2
RETRIP[リトリップ]  『宇宙からも見える?世界遺産「ナスカの地上絵」の壮大すぎる光景』


2015_07_10


この状態で寝てるんです! 鴨川シーワールドのナイトアドベンチャーで
シャチ・イルカ・ペンギンの寝姿を堪能せよ!
(3月12日 ガジェット通信)
『ロッキーワールド』の地下から見る不思議なイルカの睡眠
”イルカ”は無意識呼吸のできる人間と違って意識的に息継ぎをしなければならないため、熟睡ができないので片目を
閉じて片方の脳を休ませる半球睡眠という特殊な眠り方をします。例えば右目が閉じていれば左の大脳が寝ています
が、左目ではものが見えています。”浮かびながら寝る”、”緩やかに泳ぎながら寝る”などが主な寝方ですが、沈みながら
寝ることもあります。これは水族館などで飼育された安全な状態だからこそできることで、自然界では見られません。

イルカの睡眠

無意識に呼吸できないということは、イルカは24時間、意識を持ち続けて
いなければならないということです。人間にはできない芸当ですが、人間と
イルカの「意識」には大きな違いがあります。
(下の写真の後にある文章が日本語訳です)

Are Dolphins Not as Smart as We Thought?
(October 4,2013 Discover Magazine)
It’s important to note that researchers like Manger are in the small minority among researchers
who have examined dolphin cognition. Furthermore, even Gregg tries to distance himself from the idea
that dolphins are mediocre, rather saying that other animals are cleverer than we thought.
But though it’s unpopular, perhaps the dull (or at least unexceptional) dolphin theory at least deserves
consideration. Even Gordon Gallup, the behavioral neuroscientist who first used mirrors to evaluate
whether primates are self-aware, expresses doubts about the dolphin’s capacity for this humanlike ability.
“The evidence for mirror self recognition in dolphins is tenuous. It’s not substantive,” Gallup told me in 2011.
“[Videos taken during the experiment] are far less compelling in my opinion. They’re suggestive
but hardly definitive.”Arguments against dolphin exceptionalism boil down to three basic ideas.
One, as Manger seems to press, is that dolphins simply aren’t any smarter than any other animal.
Two, it’s difficult to compare any one species against another. And three, there simply isn’t
enough good research on the topic to make solid conclusions.
In Are Dolphins Really Smart? Gregg himself isn’t able to do much to answer his own question beyond
“Yes, they’re pretty smart.” They cannot teleport or do high-level mathematics, but we knew that.
And don’t plan on getting any kind of warning before the world is obliterated by intergalactic bulldozers.

イルカの知能

捕鯨ライブラリー > 捕鯨問題全般 > イルカ
(前略)マンガーのような研究者はイルカの認知能力を研究した中では少数である点に注意するのは
重要である。 また、グレッグもイルカが凡庸であるという考えには距離を置いており、
むしろ、他の動物もまた我々が考えてきたよりは賢いと主張している。
だが、一般的ではないにしろ、「さえない」(少なくとも「普通な」)イルカ論は考慮に値する。 霊長類の
自己認識能力を調べるために初めて鏡を用いた行動神経科学者のゴードン・ギャラップ(Gordon Gallup)
でさえ、イルカの能力が人間に近いという件には疑問を表明している。
「イルカが鏡に映った自己を認識できるという証拠は貧弱である。それは実質的なものではない」と
ギャラップは2011年に筆者に語った。 「(実験のビデオは)私の見解では説得力とは程遠いものだった。
それは示唆的ではあっても全然決定的ではない」
イルカ例外主義に対する反論は3つの点に要約される。 まずは、マンガーが強調するように、イルカは
他の動物に比べて特に賢くはないという点。 次に、ある動物種を他の種と比較するのは困難であるという点。
最後に、この点について確固とした結論を出せるような優れた研究は十分にないという点である。
著書の『イルカは本当に賢いか?』において、グレッグ自身も「イルカはかなり賢い」という以上には自分の疑問に
答えられないでいる。 イルカはテレポートできるわけでも、高度の数学ができるわけでもない。また、SFにおける
ように、全世界が銀河間ブルドーザーによって全滅させられる前に警告を発しようとするわけでもない。

 人間と他の動物を比較するのは基本的に無理です。
 イルカが賢いかどうかは分かりませんが、
 「自我」が貧弱であることは間違いないでしょう。
 もし、イルカに人間並みの自意識があるのなら、
 半球睡眠はできないでしょう。
 人間は他の動物と比較することができないくらい大きな
 「自我」を持っています。自意識過剰な動物はいません。
 「他人とは区別される自分」という認識こそが人間の特徴です。

意識と無意識しかし、「意識」は「自我」だけはありません。
小さなこどもを見れば理解できます。
大人も「こどもの心」を持っています。
さらに、「わたし」の全体像を把握困難に
しているのが、「無意識」の存在です。
「無意識」は定義が困難で、使う人の都合に
より、恣意的にこの言葉が使われています。
「意識」でさえ、科学的対象として客観的に
把握できないのですから・・・
ここに科学の限界が見えます。
科学は、「わたし」の外の世界についてはとても詳細に解説してくれますが、
「わたし」については、ほとんど何も語ってくれません。

エス(イド)
エス (Es) は無意識に相当する。正確に言えば、無意識的防衛を除いた感情、欲求、衝動、過去における経験が
詰まっている部分である。(上の図と本解説は、ウィキペディア「自我」より)



2015_07_06


シャープ債務超過 「世界の携帯電話は日本の部品がなければ製造できない」
 本当にそうなのかもしれません。
 日本の高性能なセラミックコンデンサーが、
 iPhoneに数多く組み込まれているのでしょう。
 それは素晴らしいことですが、
 最も大切なことは、誰が利益をあげているかです。 

iPhoneの利益取り分
 KINBRICKS NOW 中国・新興国・海外ニュース&コラム  
 iPhone価格の秘密=アップルのボロ儲けと中国で異常に高い理由
               ―中国 (2011年11月30日)

企業の競争戦略に詳しい 一橋大学大学院 楠木建教授
「判断を誤った、遅れたというのは言える。
過去の成功体験があるから、判断ミスが起こる要素は全部そろっていた。」

 「ものづくり」ってそんなに素晴らしいことですか?
 儲かる見込みがないのなら、早くやめるべきでしょう。
 日本の「ものづくり礼賛」は単なるノスタルジアです。
 これはシャープに限ったことではありません。
 これは日本の企業に限ったことでもありません。
 日本人全体の心理傾向になっています。
 これでは反日を捨てられない某国と同レベルです!
 「ものづくり」を否定しているのではありません。
「よいモノをつくれば成功するだろう」という観念を否定しているのです。
「よいモノ」でも、日本に残せないものが数多くあるのです。
日本人の給料が、ミャンマー人よりはるかに高いことを忘れてはいけません。


「製造業の名人芸」だけが 「ものづくり」ではない 
(プレジデント2007年5.14号 『視野の狭い「ものづくり」礼賛論にもの申す』)
NHKにせよ民放にせよ、昨今は、報道系でもドキュメンタリー系でも、ものづくりをテーマにしたものが目立って
増えた。その勢いはドラマにも及ぶ。先日、NHKを見ていたら、いわゆる外資系「はげたかファンド」に
立ち向かう日本の工場、といった基本構図のドラマ・シリーズをやっていたが、そこで、いわば善玉を演じたのは、
老舗メーカーのレンズ工場であり、何十年とレンズを磨き続ける老職人であった。
ここでも、日本経済の象徴は「製造業の生産現場の匠」であった。テレビ局は、そのビジネスの性格上、
限られた時間の中で、確実に絵になる「いい画像」をとり、感動的な話を流そうとする。それは、テレビという
メディアの特性からいって致し方ない。仮に私がテレビ業界の人間なら、やはりそういったものを追いかけただろう。
要するに、一般視聴者にとってわかりやすく、共感を呼ぶ画像は、結局、旋盤を自在に操り工作機械以上の精度で
モノを加工する人、指先で金型表面のミクロン単位の歪みを感知する人、朝の気温や湿度に応じて機械を微調整
できる人、あるいは鋳物砂を握っただけで状態がわかる人、などであるわけだ。
たしかに、高度な技を持つ匠の世界は賞賛に値する。こういう人たちの所作はそれ自体が芸術的で、絵になる。
話も感動的である。一視聴者の立場で言うなら、私はそうした映像が大好きだ。余談だが、筆者は子供のころ、
日曜の午前中(当時は民放各局の良心的教養番組がこの時間帯に集中していた)にどこかの民放局でやっていた、
伝統工芸の技を紹介する番組を毎週楽しみに見ていた。長年の職人芸ファンである。
しかし、一経営学者の立場に戻って言うなら、テレビが生産現場の名人芸の画像ばかりを流し続けることは、
ものづくりを必要以上に狭く解釈する風潮につながり、問題である。筆者の考えでは、ものづくりとは、単に
生産現場の技能の話だけではなく、製造業100兆円の全体、いやサービス業も含めた日本経済500兆円に結びつく、
構えの大きい話なのである。我々が07年という現時点において対峙しなければいけないのは、そうした
「開かれたものづくり」である。それは、製造業も超え、生産現場も超え、既成の産業分類や業界の壁も超えて、
開発や購買や販売、さらにはサービス業全般にも応用可能な、きわめて広義の概念なのである
(藤本ほか著『ものづくり経営学』参照)。 (中略)
我々は、「見えるが狭いものづくり」から、「見えぬが広いものづくり」へと視点を切り替えねばならない。
それは、既成概念からの発想転換を意味する。この発想転換がないなら、わざわざ「生産」とか「製造」ではなく、
「ものづくり」という長たらしい言葉を、ことさらに使う意味はないと筆者は考える。

新しいものづくり観



2015_07_04


メタンハイドレートは国産エネルギー資源になるか (2013年4年19日 nippon.com)
               政府の総合海洋政策本部は2013年4月1日、今後5年間の海洋政策の指針となる新たな
メタンハイドレートの燃焼 海洋基本計画の原案を発表した。その中で目玉のひとつとなっているのが
 メタンハイドレートだ。3月12日に愛知県沖の東部南海トラフ海域で世界初の海底からの
 メタンガス採取に成功して以来、にわかに国産エネルギー資源として注目を集めてきた。
 計画では日本海側を含む日本周辺の埋蔵量を2013年度から3年間程度かけて調査
 するとともに、商業化の実現に向けた技術開発を進めるという。このような流れを受
 けて、メタンハイドレートを「日の丸海洋資源」として大いに期待する論調がある一方、
 「メタンハイドレートは資源ではない」と言い切る専門家もいて、実態がつかみにくい。
 そこで私自身が得ている情報をもとに、資源としての可能性を探っていきたい。
 メタンハイドレートと在来型天然ガスとの違い
 最初にメタンハイドレートがどういうものなのか、簡単に解説しておこう。在来型と
 呼ばれる一般的な石油と天然ガスは主に海底に堆積したプランクトンや藻などの
 有機物に由来する、というのが今の学説の主流だ。これらが地殻の活動によって地中深く
 (陸地でも海底面下でも)に達すると高い地熱や地圧によって化学変化を起こし、燃焼性の
 油やガスになる。一方、メタンハイドレートは堆積した有機物が海底や、海底面下の浅い地層
 において低温高圧下の環境に置かれたときに生成すると考えられている。ここで下の図を
 見てほしい。これはメタンハイドレートの安定領域を示したもので、メタンと水がグラフの
 左下の条件に達すると、メタン分子の周りを水分子が取り囲む包接水和物(ハイドレート)が
 形成される。メタンは生物由来の有機物が嫌気性のメタン生成菌によって分解されたり、
 在来型天然ガスのように地熱や地圧の影響を受けることで容易に生じる。そして水は海中は
もちろん地中にもふんだんに存在するので、あとはこの2つの原料が安定領域に達すれば自然にメタンハイドレートになる。

メタンハイドレート安定領域
開発レベルはまだ「レベル1」
エネルギー資源に限らず、あらゆる商品は次のようなレベルをクリアしながら市場で力を発揮していく。
例えばハイブリッドカーは長くレベル0にとどまっていたが、トヨタやホンダの努力によって今やレベル3に
達している。ただし世界の自動車市場で占める割合はまだわずかなのでレベル4にはなかなか進めない。
レベル0: まったく商品価値がない
レベル1: 科学的に生産が可能(試験生産)
レベル2: 技術的に生産が可能(実験生産)
レベル3: 経済的に生産が可能(商業生産)
レベル4: 世の中を変えるほど商品力が高い
メタンハイドレートは石井氏にいわせれば永遠にレベル0なのだろうが、現実には陸上産出試験でレベル1
に達し、今、レベル2を目指して開発中という段階だと思う。したがってあまり悲観的になる必要はないが、
といって「これで日本のエネルギー問題はすべて解決した」と大騒ぎするのは論外だ。まずは安定して連続
生産できる技術を確立するのが今の課題であり、商業化は2段階先の目標であることを頭に入れるべきである。

メタンハイドレート
物理のかぎしっぽ > エネルギーのもんだい > メタンハイドレート

 海底というだけでも大きなハンディですが、
 砂と混ざりあっていて容易に取り出せないとなると、
 商業化は困難です。
 陸上での浅い掘削で容易にガスが採取できる
 在来型の天然ガス田と比較して、
 圧倒的にコスト高。
 現行法での商業化は見込めない状態です。
 固い岩盤の下にある場所はないのでしょうか?
減圧法より、二酸化炭素でメタンを追い出したほうがまだよいのでは?
海上にメタンハイドレート火力発電所でもつくったらどうだ?
二酸化炭素排出量の削減にもなるぞ!


メタンハイドレート発電所



2015_06_24


2013年12月18日 パナソニックの「人工光合成システム」 メタン生成した実験装置を初公開
~エコプロ2013で大注目の未来を拓く環境技術!

パナソニック企業情報 > ニュース > トピックス > 2013年 > パナソニックの「人工光合成システム」
メタン生成した実験装置を初公開~エコプロ2013で大注目の未来を拓く環境技術!)
■人工光合成とは?~未知の領域への挑戦 植物の光合成は、
1. 明反応:太陽光のエネルギーで水を分解して水素イオンと電子と酸素を生成
2. 暗反応:明反応で得られた電子と水素イオンを用いて二酸化炭素からグルコースなどの糖類などを
生成という2つの反応から成り立ちます。これらの反応を人為的に再現した技術が「人工光合成」です。
地球温暖化の原因と考えられている二酸化炭素を吸収するとともに、その二酸化炭素から燃料を
つくり出す技術として、世界中から多くの注目を集めています。
大学などで取り組まれている研究の多くは、有機錯体(有機物系の配位子に金属の原子が結合した
構造を持つ化合物)を用いて植物の光合成のメカニズムを模すというアプローチで進められており、
注目すべき成果が報告されています。しかし、有機錯体は特定の波長の光にしか反応しないため、
幅広い波長の光で構成される太陽光を十分に活用できないなどの欠点がありました。
一方、パナソニックのR&D本部 先端技術研究所が開発した人工光合成システムは、
・光電極に窒化物半導体を採用。光により励起された電子を二酸化炭素の還元に必要なエネルギー
状態にまで一気に高めることに初めて成功。
・還元電極に電子が伝わりやすい金属の触媒を用いることで二酸化炭素の反応を促進。
電気的な損失が少ないため、反応速度が高速化されるとともに、金属の種類を変えれば有機物を
選択的に生成することが可能。という特長を持っており、“反応に用いる電極を全て無機材料のみで
構成するシンプルかつ高効率なシステム”である、という点が、パナソニックの独自技術なのです。
人工光合成パナ

2014年12月 人工光合成 世界最高の効率で、二酸化炭素から燃料原料生成に成功 
東芝トップページ > 企業情報 > 研究開発・技術 > 研究開発センター > 研究開発ライブラリ >
人工光合成 世界最高の効率で、二酸化炭素から燃料原料生成に成功)
概要 当社は、太陽光エネルギーを用いて二酸化炭素と水から化学原料や燃料となる
炭素化合物を生成する、人工光合成技術を開発しました。太陽光の利用効率に優れた多接合半導体と、
二酸化炭素と水との化学反応を促進する金ナノ触媒を用いることで、炭素化合物への変換効率において
世界最高の1.5%を達成しました。(中略)
人工光合成技術 当社は、光利用効率の高い可視光を吸収する多接合半導体と
ナノサイズの構造制御技術を適用した金ナノ触媒を用いることで、燃料の原料となる一酸化炭素への
変換を世界最高の1.5%の効率で達成しました。ナノメートルオーダーの金ナノ触媒の作製条件を検討
することで、二酸化炭素を一酸化炭素に変換する活性サイトを増加させ、さらに電解液も工夫することで
効率を向上させることに成功しました。本技術は、二酸化炭素排出設備(火力発電所、工場など)に
付随する二酸化炭素の分離回収システムへの適合を目指しています。

人工光合成東芝

人工光合成と有機系太陽電池 (CSJ Current Review)人工光合成と有機系太陽電池 (CSJ Current Review)
(2010/07/08)
日本化学会

商品詳細を見る


「占い」では、何はさておき占いをして将来を占うイメージがありますが、それでは良い「占い」は
できないでしょう。合格祈願でも同じようなことがいえます。
神様にいくらお祈りしようとも、有名な占い師に「あなたは合格する」といわれようとも、
そんなことより、本人の努力が、合格するかどうかに最も大きな影響を与えるに決まっています。
まさか、「わたしはちゃんと受験勉強をしますように」と祈っているわけではないでしょう。
お祈りも占いも基本は、「人事を尽くして天命を待つ」です。ですから、「占い」をしなくて普通に考えて
解決できる場合には、占わなくても既に、占い師の結論はでていると思います。
しかしそれでは「お代」がいただけないので、占ってみせるのです。
「あなたは合格しますよ」と言ってみたところで、本人が努力しないのなら占いの結果も当たりません。
きっと、当たらなかったときの言い訳だと思われるでしょうが、実際のところ、本人次第なのです。
さて・・・
日本企業が最大限努力してイノベーションを起こす
という前提のもとに、水素社会の最終形を占ってみますと下の図のような感じになります。下の図では、
人工光合成の生成物をCO(一酸化炭素)としていますが、最終の化合物が何になるかは分かりません。
人工光合成が実用的なものになったとしても、日本のように利用できる土地が少なく中緯度で、かつ
日照時間の短いところでは効率が悪いので、広大な面積の適地が海外に必要になります。
例えば、オーストラリアの砂漠でこの事業を行うとすれば、船で何かを日本に運んでこなければなりません。
このときにどのような物質が効率的であるかはっきりしませんが、化学量論的に最も説明しやすい
化合物である一酸化炭素で下の図は説明しています。ただ、他の化合物でも水素を取り出すことが可能です。
どのような形にしても、二酸化炭素を人工光合成の農場?に送りこまなければなりません。
二酸化炭素は大気中にもあるので、植物の光合成と同様に空気をとりこめばいいのですが、その濃度は
わずか0.04%。二酸化炭素濃度が上がっているといっても、その程度です。植物の能力はすごいのです。
人工光合成では、やはり、二酸化炭素を現場に持っていく必要があるでしょう。
空気中の二酸化炭素を利用するシステムでは、効率が低すぎて、コスト高になりそうです。
藻類による燃料の製造でも二酸化炭素を吹き込まないと、生産速度が上がりません。
通常、燃料を運ぶ船は、日本から現地に行くまでは何も積んでいないのですから、そこに
液化炭酸ガス(液体の二酸化炭素)を積載できるようにしなければなりません。
そのように考えると、国内の港では、その近くで一酸化炭素かその代替物から水素を取り出して、
生成した二酸化炭素をそのまま船に載せて海外に運搬する必要があります。
ですので、水素は、大型船がやってくる港で貯蔵されることになります。国内において、
このような港から水素を運搬するインフラ整備を進めることは意味があるのです。

一方、運搬が困難な水素をわざわざ海外から運んでくることは合理的ではないと思われます。
そのようなインフラ整備は無駄になる可能性が高いので、進めないほうがよいでしょう。
水素を製造して港まで運んで貯蔵し、船で水素を運搬して、また港で貯蔵して、そこからまた国内の
各地に搬送するのでは無駄が多すぎます。水素社会になるからといって、
海外から水素を運搬するイメージを持つことは危険です。

ただ、水素ステーションを発展途上国で普及させることは困難ですので、別のシステムを構築する
必要があります。それでも、海外では別の形で燃料電池車用のインフラ整備が可能だと思います。


先進国水素社会



2015_01_11


燃料電池車と電気自動車、どちらが「真のエコカー」なのか?
「Well to Wheel」から見たCO2排出量の違い
 (1月7日 JB PRESS)
クルマ業界は水素ブーム
2014年12月15日、トヨタ自動車は世界初の燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」を発売した。
FCVは、走行時に「H2+1/2 O2=H2O+電気」と、CO2は一切排出せず水しか出ない。
それゆえ、「究極のエコカー」と呼ばれている。
2011年以降、クルマ業界では、水素で走るFCVがブームの兆しを見せている。
2011年9月にルノー・日産自動車とダイムラーが燃料電池自動車開発分野での共同開発に合意、
2013年1月にトヨタとBMWが提携、同月にルノー・日産自動車とダイムラーの提携にフォードが加入、
7月にホンダとゼネラルモーターズ(GM)が提携している。そして、2014年12月に、世界で先駆けて、
トヨタがFCVを発売した。2015年には、ホンダも発売を予定している。
業界に反旗を翻すテスラモーターズ
クルマ業界がこぞってFCVに進む中、米テスラモーターズは、(中略)2017年ごろには、375万円程度
の大衆車「モデル3」の発売を計画している。その際、モデルSと比べて、航続距離も加速性能も
落とさないと明言している。もし、これが実現したら、EVのイメージが大きく変わるかもしれない。
課題はどちらもインフラ整備
太陽光で水素を作ってもCO2排出量は14グラムだが、太陽光を充電したEVならCO2排出量は
たったの1グラムになる。「人類を滅亡から救う」ことを起業の目的にしているイーロン・マスク
(テスラモーターズCEO)がEVを選択しているのは、このためである。
FCVの普及のために、JX日鉱日石エネルギーは、2020年をめどに国内10拠点で水素を生産し、
約2000店に水素スタンドを導入する計画だという(「日本経済新聞」2014年12月22日)。
しかし、天然ガスなどの改質による水素を使っている限り、Well to Wheelから見たCO2排出量は
ガソリン車の半分にもならない。(中略)
マスクは「世界どこでも充電無料」と明言している。そして、行く末はマスク自身が会長を務める
ソーラーシティが、EV充電用に太陽電池の設置を計画している。
CO2排出量を劇的に低減するには、「FCV+太陽光」か「EV+太陽光」しか選択はない。
そして、「究極のエコカー」と言えるのは、どう考えても後者である。

自動車CO2排出量

トヨタMIRAIのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)トヨタMIRAIのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)
(2014/11/21)
不明

商品詳細を見る


占い師的に水素社会の未来を占ってみましょう。答えは簡単です。
「水素社会は必ず来る!」と、占い師は断言できます。なぜなら、いつ来るかを言ってないので、
「いつになったら来るんだ」と言われれば、「まもなくです」と言っておけばいいからです。
しかも、水素社会がどんな社会であるかを説明していないので、いくらでも言い訳が可能です。
しかし、この程度のことで占い師が非難されるのもおかしいと思います。なぜなら、国民の負託にこたえ
なければならない政治家のほうが、もっといい加減なことを言っているからです。
政治家はできもしないことを言ってはいけません(守られていませんが)。占い師は「占い師が」という時点で、
根拠のないことを言いますよと断っているようなものですから。さて、わたしの占うところによりますと、
「水素社会は必ず来ます!」。
と言うより、来てもらわないと困るのです。6日、トヨタが単独で保有する燃料電池車関連の特許を
すべて無償で提供すると発表しました。この決断は絶賛されているようですが、
ここまですること自体が、自動車業界全体の危機感を示しているものともいえます。
トヨタが成功しようと失敗しようと一企業の問題だからどうでもよい、と言っておれないところが日本のつらい
ところで、トヨタがこけると、自動車業界全体がこけ、地方にある関連中小企業も大打撃を受けてしまいます。
地場製造業を支えているのは自動車関連産業だという地方はかなり多いのです。
トヨタがこけると、地方創生どころか地方崩壊です。

電気自動車が世界のスタンダードになり、電気屋で自動車が売られるようになると日本の自動車産業は
苦境に立たされます。なぜなら、電気自動車はパーツを組み立てればできあがるので、中国などで
パーツを世界規模で製造することができるようになるからです。今のパソコンのような感じです。
それに比べて燃料電池車ですと、部品点数も多いですし、研究開発の余地も多く残されています。
そして、危険でもあります。危険であるほうがいいという説明はおかしいかもしれませんが、
危険なものだからこそ安全性が重要になってくるのです。実は、電気自動車にも危険性はあります。
電気自動車のバッテリーの電解質は有機溶媒ですので、衝突時や冠水時には爆発するかもしれません
(金属リチウムはナトリウムほどの反応性はありませんが、水と反応して発火することがあります)。
しかし、バッテリーさえ信頼できるものであれば、中国製電気自動車を電気屋で売ることは可能でしょう。
しかも、全固体型のリチウムイオン電池が開発されれば、安全性は飛躍的に高まることになります。
一方、燃料電池車については、いつになっても中国製の製品が電気屋で売られることはないでしょう。
なぜなら、バッテリーとは異なり、ガスはどこから漏れるか分からないので、中国製燃料電池車では信用が
おけないからです。また、燃料の供給にも常に危険が伴います。
先進国企業がつくる製品の最大の付加価値は安全です。
最近、消費者の信頼を裏切る事故が多いことは残念なことですが、国産の信頼度は今でも最高でしょう。
逆にいえば、「安全」や「精度」などが重要視されない製品ならば、発展途上国の企業がつくればいいのです。
ガソリン車やディーゼル車は基本的に危険です。「この車、10万円なんだけど、ときどき爆発事故が発生
していて人が死んでいるんだって」という車に乗る人はいないと思いますし、法律上も認められないでしょう。

「燃料電池車や電気自動車か」についてですが、ここでは電気自動車に関することだけ説明します。
今後、電気自動車が普及するどうかにおいて最も重要なことは、バッテリーの性能です。
容量と充電時間がガソリン車並になれば一気に普及する可能性がないわけでもありません。しかし、排熱の
ない電気自動車にとって暖房は頭の痛い問題です。燃料電池車には排熱がありますし、ヒーターを使用しても
燃料の減りが多少早くなる程度でしょうが、電気自動車では電池容量の問題に直結してしまいます。
もうひとつの問題は、発展途上国において、自宅に充電設備を持つようになる可能性は低いということです。
ですから電気自動車は主に先進国の乗り物であると考えるべきでしょう。
今後、車を買ってくれそうな発展途上国であまり売れないということでは、魅力がありません。
さらにいうと、現在の日本の電力事情からすると、これ以上電気を使ってほしくない状況です。
電気自動車ではなく、現行のハイブリッドカーか、もう少し進化させてプラグインハイブリッドで十分でしょう。

さて、水素は本当に温室効果ガスの削減につながるのでしょうか。これについては、
最終的には水素がベストの選択であるといえます。
なぜなら、どのような方法であれ、大量の再生可能エネルギーを利用しなければならないことになれば、
最も効率的なのは、赤道に近くて日照時間の長いこところ(砂漠)か、極地に近くてずっと風が吹いている
ところか、流量の膨大な海流があるところか、大規模な火山地帯に頼ることになるからです。
これらのエネルギー源は消費地から遠く、送電できない(送電できる距離には限界があります)ことから、
酸化してエネルギーを生む物質(還元体)を製造し、それを運ばなければなりません。
それに、エネルギーを物質に変換することで、電力で問題となる出力の不安定さをキャンセルできます。
酸化してエネルギーを生む物質の原料には何が最適化かと考えると、「水」が最も有力でしょう。
何せ、大量にありますから。となると、還元体は「水素」ということになります。
しかし、水素を貯蔵、運搬することについては大いに疑問があります。(これについてはいつか・・・)

燃料電池車の安全基準
「国内自動車メーカーが有利に、燃料電池車の世界基準で日本案が採用」 ~スマートジャパン


2015_01_09


「CSRとCSVに関する原則」
(4月14日 ニッセイ基礎研究所 > レポート > 研究員の眼)
CSVは競争戦略論の第一人者である米国ハーバード大学のポーター教授が、
CSRに取って代わるべきものとして2011年に提唱した概念で、経済価値と社会価値を同時に
実現するものである。これは企業の競争力強化と社会的課題の解決を同時に実現させようと
するビジネス戦略を意味し、具体的には社会的課題の解決に資する製品・サービスあるいは
事業を開発することである。
それでは、なぜポーター教授はCSRに異議を唱えたのであろうか。フィランソロピーなどの
慈善的な社会貢献活動では、大きな価値創造や社会変革を起こすことはできないと主張し、
「CSRからCSVへの脱却」を訴えたのである。ただ、既にお気づきのことと思うが、ポーター
教授の言うCSRとは米国流フィランソロピーのことである。
しかし、日本では「CSRからCSVへ」というかけ声のもと、それが文字どおりに受け取られて、
「CSRはもう古い。これからはCSVだ」という声も聞かれる。「本来のCSR」が根付く前に、
ビジネス上の競争戦略であるCSVだけが浸透していくことに対する懸念がある。
発起人の問題意識はここにある。CSV自体というよりも、むしろ日本でのCSVの受け取り方を
憂慮する有志が集まり、2013年夏から議論を積み重ねてきた。その成果として、
ISO26000(CSRの国際規格)や国連「ビジネスと人権に関する指導原理」を踏まえて、
一定の基準としてまとめたものが『CSRとCSVに関する原則』である。
1. CSR は企業のあらゆる事業活動において不可欠です。
2. CSV はCSR の代替とはなりません。
3. CSV はCSR を前提として進められるべきです。
4. CSV が創り出そうとする「社会的価値」の検証と評価が必要です。
-----------------------------------------------------------------------------------
CSRの呪縛から脱却し、「社会と共有できる価値」の創出を
マイケル・ポーター米ハーバード大学教授が提示する新たな枠組み

(2011年5月19日 日経ビジネスONLINE)
―― 最近、CSRはやめて、CSVをすべきと主張されているそうですが、その真意は。
ポーター CSRからCSVへの移行という考え方の転換について初めて書いたのは、この論文です。
(この論文とは、ハーバードビジネスレビュー誌2006年12月号の『Strategy and Society』。
邦訳版『競争優位のCSR戦略』は、DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー誌の2008年1月号に掲載)
その中で、寄付やフィランソロピー(社会貢献)を通して自社のイメージを向上させるという従来の
CSR活動は、事業との相関関係がほとんどなく、正しいアプローチではないと指摘しました。
実際、従来のCSR活動は必ずしも効果的なものだと言えなかった。社会に大きな影響を及ぼすには
至らなかったからです。それも無理はありません。企業は、自社のイメージ向上だけに関心があり、
社会にインパクトを与えて実際に社会を変えようとは真剣に考えていなかったのですから。(中略)
変化を生み出すことができるのは、企業が事業活動に密接した社会問題の解決に取り組む時だと
私は信じています。なぜなら、社会と共有できる価値を創造するのに必要なスキルや技術、
人脈は企業の事業活動の中に蓄積されているからです。(中略)
ある社会問題に対してできることがお金を出すことだけである場合は、恐らくその問題に関与すべき
ではありません。企業に求められるのは、スキルや人脈、専門知識などを提供することだからです。
企業が肯定的に評価される要因は、提供したお金の額ではなく、達成した成果なのです。(中略)
従来のCSR活動から、社会と共有できる価値の創出を追求する段階に日本企業が進めば、
さらに強い競争力を手にできると信じています。

CSRとCSV

ハーバード大学とはいえ、一教授の提案がそれほど社会に影響があるのかと思われるかもしれませんが、
マイケルポーターの影響は絶大です。国が地方に配る補助金には、「産業クラスター形成・・・」
というのがありますが、この「産業クラスター」という言葉は、ポーターが提示した概念です。
しかし、皮肉にも、ポーターが競争力の源泉とした「産業クラスター」は、
ポーターがこの概念を提示して以降、日本では衰退の一途をたどりました。
この名のもとに、どれだけの無駄な補助金が支出されてきたのでしょうか。もううんざりです。
「○○クラスター」と聞いただけで、また失敗するなと思ってしまいます。
地方創生で、また「産業クラスター」無駄遣いでしょう。
いつまで、日本版シリコンバレーを目指すのでしょうか。
日本の地方にある産業集積地域では、新陳代謝が圧倒的に不足しています。
日本で最も新陳代謝があるのは、東京とその周辺です。
東京とその周辺でイノベーションを起こすことに集中するべきです。
(TAMAクラスターは、日本の産業クラスター政策において、唯一?の成功事例です)
もっと東京でイノベーションを起こし、地方に波及させることを考えるべきです。

さて、最近になってマイケルポーターが言い出した「CSRからCSV」は、
日本の企業にもかなり影響を与えていると思われます。
CSRは「企業の社会的責任」の略称であり、社会に対する利益還元の意味合いを持っていて、
企業としてはイメージアップの一環なので、本業と無関係な社会貢献でも問題ありません。
しかし、CSVは、業務をとおしての社会貢献ですし、それにより企業の競争力を強めようとする
ものですから、行う内容はかなり限定されます。
上の引用文にありますように、「CSRはもう古い。これからはCSVだ」ということになれば、多くの企業が、
これまで行ってきたCSRを見直して、「本業に関係のない寄付などのCSRは、無意味だからやめた」
ということになり、寄付が集まらなくて困ってしまうNGOなどが現れるのではないでしょうか?
企業のかたには、ぜひ、「CSRはもう古い。これからはCSVだ」と考えず、「CSRも、CSVも」と
いう方針で進めていただきたいところです。

しかし、下の引用文のポーターの主張を読むと、なかなかいいことを言っているなと思います。
これまでのCSRは、はやり「おまけ」であり、これで社会を変革しようと考える企業などいません。
費用をかけすぎれば、株主から、さらには従業員から批判されるでしょう。
顧客だって、そんなことができるのなら、商品の販売価格をもっと下げてくれということになります。
しかし、本業で社会貢献しながら利益を得られるようになれば、どんどん事業を拡大できます。
他社も、マネをしない理由がありませんから、社会貢献がさらに進みます。

顧客と社会のニーズを同時に満たしながら、利益を得ていくことは容易なことではありません。
しかし、この手法は社会問題を解決する最も良い手段です。(さすが、ポーター教授なのです)
このままですと、わたしの占うところでは(←本記事を真面目なことに利用されるかたは
ここをカットしてください)、資本主義は重大に危機に晒されるでしょう。
イスラム国を「悪」と考えるのではなく、
資本主義への最終警告だと考えるべきです。


実は、CSV事業では、政府の役割がとても重要になります。なぜなら、企業の個別的努力
だけでは、実行が難しいと思われるからです。政府が、CSVの場づくりに協力すべきです。
こういうところにお金を使ってほしいのです。安倍さん!石破さん!小渕さん!
でも、お金だけではダメです。知恵が必要です。
CSV事業における社会貢献には、地域への貢献も含まれます。
伊藤園の茶産地育成事業など、もっと評価されていいと思います。
(わたしはいつもサントリーのウーロン茶を飲んでおり、伊藤園とは何の関係もありません)
これぞ地方創生です!ただし・・・
絵に描いた餅で終わらない綿密なビジネスプランが必要になります。
お金を浪費するだけなら、これまでの「産業クラスター政策」と同じになるでしょう。

共通価値の創造

2014_09_17


葉酸とサプリメント ‐神経管閉鎖障害のリスク低減に対する効果 (e-ヘルスネット 厚生労働省)
葉酸は水溶性ビタミンであるビタミンB群の一種です。近年の多くの研究から、
妊娠初期における葉酸摂取の不足により胎児における神経管閉鎖障害(NTD: neural tube defects)の
発症率が高まることが明らかにされました。そこで日本では2000年に厚生労働省から
妊娠の可能性がある女性に対して、葉酸摂取に関する通知が出されました。
葉酸と神経管閉鎖障害
葉酸は細胞増殖に必要なDNA合成に関与しています。またホモシステインというアミノ酸の一種が
蛋白質の合成に必要なメチオニンという必須アミノ酸に変換される過程に必要とされます。
妊娠初期は胎児の細胞増殖が盛んであるため、この時期に葉酸摂取が不足すると胎児の
神経管閉鎖障害の発症リスクが高まることが示唆されています。
神経管閉鎖障害とは脊椎の神経管の癒合不全による先天異常であり、日本では神経管閉鎖障害のうち
脊椎に癒合不全が生じる二分脊椎が大部分を占めます。日本における二分脊椎の発症率は
1999-2003年で出生1万対5.12であることが国際クリアリングハウスにより報告されています。
過去において欧米諸国では神経管閉鎖障害の発症率が高率であったこともあり、発症リスク低減に
対する葉酸の効果について、大規模な疫学研究が数多く行なわれました。
それらの研究は受胎前後における充分な葉酸の摂取により、胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクが
大幅に減少することを示しました。そこで世界各国で妊娠を希望する女性に対してサプリメントなどの
栄養補助食品からの葉酸摂取に関する勧告が出され、また葉酸を添加した食品も普及しました。
その結果、欧米諸国での神経管閉鎖障害の発症率は近年著しく減少しています。
こうした背景から、日本でも2000年に厚生労働省から神経管閉鎖障害のリスク低減のために
妊娠の可能性がある女性は通常の食事からの葉酸摂取に加えて、いわゆる栄養補助食品から
1日400μgの葉酸を摂取するよう通知が出されました。

ビタミンB群が軽度認知症に有効 (最新健康ニュース 海外の健康関連ニュース
オックスフォード大学の研究によると、ビタミンB群(ビタミンB12、B6、および葉酸)が
アルツハイマー病の進行緩和に有効かもしれません。 ビタミンB群の服用で、アルツハイマー病の
影響が最も甚大な海馬と小脳の萎縮を90%も減少できる可能性があるというのです。
この研究では、ホモシステイン(認知症のマーカー)の増加が見られる軽度認知症(MCI)の高齢者200人
(ソースによっては156人)を2つのグループに分け、一方にはビタミンB12、B6、および葉酸のカクテル
(葉酸を 0.8mg、B12 を 0.5mg、B6 を 20mg 含有)を、もう一方のグループにはプラシーボを、
それぞれ2年間にわたって服用してもらいました。そして、両グループの脳の変化をMRIで追跡調査
したところ、プラシーボを与えられたグループでは脳の萎縮が(2年間で?)5.2%であったのに対して、
ビタミンB群を服用したグループでは萎縮が0.6%に留まりました。
この0.6%という数字は実は、60歳以上の健康な人と同程度の萎縮率なのです。
複数の知能検査においても、ビタミンB群を服用したグループのほうが良好な成績でした。
他の複数の研究によると、健康な人あるいは重度のアルツハイマー病の人においては、
ビタミン(Bに限らずC~Eも)を摂っても認知機能の改善にはつながりません。
今回の研究と併せると、認知機能の衰え始めにビタミンB群を摂るのが良いということになりますね。
今回の摂取量である 0.8mg の葉酸 、0.5mg のビタミン B12 、20mg のビタミン B6 というは、
英国の摂取推奨量のそれぞれ4倍、300倍、20倍にあたる高用量です。

野菜の栄養価の低下

サプリメントの摂取については、人によって様々な意見があるようです。
サプリメントのような栄養補助食品は必要ない。食品から摂るべきだという人もいる一方、
サプリメントで栄養素を摂っているので、野菜はあまり必要ないというサプリメント信奉者までいます。

上の図に示しましたように、野菜に含まれる栄養素が減少している現状では、
我が家で栽培している野菜を十分に摂っている人には必要ないかもしれませんが、
市販の野菜を買ってきて食べている多くの人にとって、野菜ですべての栄養素が十分に摂れている
という保障はありません。効率のよい野菜栽培では、どうしても栄養素は減少してしまいます。
また、ストレスのない環境で生活できている人はいいのですが、ストレスにさらされているな、
と感じている人は、個人差はありますが、ビタミンの消耗が多くなっているかもしれません。
サプリメントを摂取したほうがよい人は、確実に増加しているように思います。
これとは逆のパターンで、サプリメントで十分だという人もいます。
しかし、サプリメントには単一の成分しか入っていませんから、どんなに多くの種類のサプリメント
を摂ったとしても、野菜に入っている大切な成分のどれかが欠けてしまうものです。
サプリメントを摂ったから野菜は要らないというのは、野菜嫌いの単なる屁理屈に過ぎません。

ところで、国はサプリメントにどのような態度をとっているのでしょうか?
国として公式にサプリメントの摂取を勧めている例は、ほとんどありません。
サプリメントは一般食品であると考えているので、特定の食品を勧めるようなことを国はしません。
食品なので、ある病気に効く、予防ができるというような表示をすることを禁止しています。
ですので、サプリメントの効果・効能を表示すると薬事法違反になります。
ただ、葉酸については例外です。厚生労働省が、妊娠の可能性がある女性は通常の食事からの
葉酸摂取に加えて、いわゆる栄養補助食品から 1日400μgの葉酸を摂取するように勧めています。
妊娠に気づいてからの葉酸の摂取では、胎児の発育が進んでいることから、葉酸の効果が
十分に発揮されない可能性もあるため、妊娠の可能性がある女性に勧めているのです。
厚生労働省の勧告は、神経管閉鎖障害のリスク低減に対する効果に関するもののみですが、
二つ前の記事(28-7)にも示しましたように、葉酸の摂取は、出生児の自閉症リスクを減少させる
可能性もありそうです。いずれにしても、出産を考えている女性は、
葉酸を摂取したほうがいいのです。

葉酸は、認知症予防の可能性も指摘されています。
オックスフォード大学の研究では、葉酸だけでなく、ビタミンB12とB6も同時に摂ると、
認知症の予防につながるという結果が出されています。
この結果だけで、葉酸、ビタミンB12、B6が認知症の予防に有効であるとは断言できませんが、
葉酸、ビタミンB12、B6を含めて、ビタミンB群をしっかり摂っておくことは、
多くの人にとって、健康増進に有効な手段であるかもしれません。
妊婦を含めて、ビタミンB群は過剰に摂取しても、有害な影響がないとされています。
ただし、ビタミンB2を過剰に摂取すると、尿が黄色くなり、少し臭いがするようになります。
B-コンプレックスとして販売されている製品のほとんどには、葉酸、ビタミンB12、B6が含まれて
いますので、葉酸だけを摂るより、B-コンプレックスとして摂取したほうがいいかもしれません。

(サプリメントの摂取に関する判断は、ご自身でお願いいたします。)

ネイチャーメイド 葉酸 150粒ネイチャーメイド 葉酸 150粒
()
NATUREMADE(ネイチャーメイド)

商品詳細を見る


ネイチャーメイド B-コンプレックス 60粒ネイチャーメイド B-コンプレックス 60粒
()
NATUREMADE(ネイチャーメイド)

商品詳細を見る


2014_07_27


<本記事では、小さな文字で書かれた部分がニュースや文献からの引用です>
ミツバチ大量死、イネ農薬が原因か 農研機構など発表 (7月19日 日本経済新聞web刊)
農業・食品産業技術総合研究機構と農業環境技術研究所は19日までに、水田周辺に設置した
巣箱でミツバチが大量に死ぬ原因はイネに散布する農薬の可能性が高いと発表した。
この農薬はイネにつくカメムシなどの防除に使っている。
ミツバチが水田に来ないようにすれば被害を防げるとみており、関連技術の開発を進める。
ミツバチは蜂蜜の採取だけでなく、イチゴやメロンなどのハウス栽培で花粉を授粉させるのに使う。
国内では2009年に大量死によるミツバチ不足が問題になった。
研究グループは12年夏、巣箱が設置された北日本の水田周辺8カ所で調べた。
巣箱の前で山のように積み重なった死骸が5カ所の巣箱で計24回見つかった。
いずれもイネの開花時期よりも後だったことから、カメムシを防除するためにまく殺虫剤が疑われた。
死んだミツバチを調べると、ネオニコチノイド系など2種類以上の殺虫剤成分が検出された。
ミツバチが集めてきた団子状の花粉からも殺虫剤成分が見つかった。
死んだミツバチは病気ではなく、スズメバチによる被害もなかった。
このため、花粉を集めるために水田を訪れたミツバチが農薬を浴びた可能性が高いと結論づけた。

ネオニコチノイド系農薬は、単なる殺虫剤とはいえません。
砂糖に溶けたイミダクロプリド(ネオニコチノイド系農薬)を働き蜂に与えると、
数時間でミツバチのコミュニケーション能力が減少したといいますから、
ネオニコチノイド系農薬は毒性が低いからといって、安心できません。
本当にミツバチだけの問題なのでしょうか?


モスピラン(アセタミプリド)のミツバチに対する低毒性機構 (日本曹達株式会社 資料
モスピラン(アセタミプリド)は、幅広い殺虫スペクトルを有する反面、ミツバチやマルハナバチに
影響が小さいのが生物活性面での特長である。このミツバチ毒性が低い特長は、一部の選択性
殺虫剤にはみられるものの、有機リン剤・カーバメート剤・ピレスロイド剤などの広スペクトル殺虫剤
では稀な特長であり、近年大幅に栽培面積が拡大している訪花昆虫を用いたイチゴやトマト等の
施設栽培において、モスピランが害虫防除の基幹剤となっている大きな要因である。

ネオニコチノイド系農薬がミツバチ大量死の原因であることが
明らかになったことで、ネオニコチノイド系農薬のなかでも、
ミツバチに低毒性であるとされるアセタミプリドの使用量が
さらに増えるかもしれません。ところが・・・


ミツバチに毒性懸念の農薬、人間の脳にも影響か (1月2日 日本経済新聞web刊)
ミツバチへの悪影響が懸念されているネオニコチノイド系農薬のうち2種類が、低濃度でも
人間の脳や神経の発達に悪影響を及ぼす恐れがあるとの見解を、欧州連合(EU)で食品の安全性
などを評価する欧州食品安全機関(EFSA)がまとめたことが2日、分かった。
2種類はアセタミプリドとイミダクロプリド。EFSAは予防的措置として、アセタミプリドについて
1日に取ることができる許容摂取量(ADI)を引き下げるよう勧告した。
この2種類は日本でも使われており、国内でも詳しい調査や規制強化を求める声が強まりそうだ。
EFSAの科学委員会は、2種類の農薬が哺乳類の脳内の神経伝達メカニズムに与える影響などに
関する研究結果を検討し、不確実性はあるものの「神経の発達と機能に悪影響を与える可能性がある」
との結論を出した。
これを受け、EFSAはEU各国にアセタミプリドのADIを3分の1に引き下げ厳しくすることなどを勧告。
イミダクロプリドは現在のADIで問題ないとして引き下げる必要はないとした。また他のネオニコチノイド
系農薬を含め、子供の神経の発達に対する毒性の研究を強化し、関連データを提出するよう求めた。

日本ではアセタミプリドについて、甘い基準のままですが、
本当に、本当に、本当に大丈夫なのでしょうか?
日本は、「安全サイドに立つ」という考えかたが欠落しています。
福島の原発事故が典型例です。「全電源喪失は考慮しなくていい」のです。
床に落ちた鶏肉のほうがまだ安心であるような気がするのですが・・・


アセタミプリド

知らずに食べていませんか? ネオニコチノイド知らずに食べていませんか? ネオニコチノイド
(2014/06/17)
ダイオキシン・環境ホルモン 対策国民会議、水野 玲子 他

商品詳細を見る

2014_07_25


脂肪酸の機能に関わる遺伝子の変異が統合失調症・自閉症に関連する可能性
(7月14日 独立行政法人理化学研究所)
-統合失調症と自閉症の病因解明、診断、治療、予防に新たな光-
理化学研究所(理研、野依良治理事長)は、統合失調症や自閉症といった精神疾患の発症に、
脂肪酸を運搬する「脂肪酸結合タンパク質(FABP)」が関与する可能性を見出しました。
また、患者からFABPをつくる遺伝子に変異がある症例を発見しました。(中略)
共同研究グループは、統合失調症と自閉症の患者の脳や血液細胞を用いて、3種のFABP遺伝子の
発現量を発症していない人と比べたところ、FABP5とFABP7の発現量が上昇または低下していることを
発見しました。次に、2,097人の統合失調症患者と316人の自閉症患者のサンプルを用いて、
3種のFABP遺伝子の変異を調べました。その結果、8つの遺伝子変異を発見し、その中にはFABPの
機能異常を引き起こすものが含まれることを突き止めました。さらに、これらの遺伝子を破壊したマウスを
解析したところ、Fabp3やFabp7を破壊したマウスで精神疾患に関連のある行動異常が観察されました。
これらの結果から、脳で働くFABPの「量」や「質」の変化が、統合失調症や自閉症の病因に関わる
可能性があることが判明しました。今後、脂肪酸とその結合タンパク質に着目した研究を進めることで、
統合失調症や自閉症の新たな診断法、治療法、予防法の開発へ繋がると期待できます。

以下は、医療NEWS(http://www.qlifepro.com/news)からの引用です。
妊娠前後に葉酸を摂取すると出生児の自閉症リスクが減少
ノルウェーでは1998年から、妊娠することを希望している女性に対して、妊娠開始の1カ月前から
妊娠初期まで、毎日400μgの葉酸を摂取するように推奨している。
そのため研究の観察対象では、妊娠開始日の4週間前から、妊娠8週目まで葉酸を摂取していたと
わかっている人を選びだし、産まれた子どもが自閉症障害の診断を受けたことがあるのかを調査した。
葉酸摂取に注目した理由としては、中枢神経系の発達に葉酸の影響が最も表れやすいと考えられて
いるからである。著者らは今回の分析によって、子どもが3歳の時点で重症の言語発達遅滞と
判定されることが減少しているということを明らかにした。
今回の研究によって、妊娠前後に葉酸を摂取することで、出生児が自閉性障害になる確率は
低下するということがわかったと著者らは述べている。

さらに以下のようなものもあります。
虐待を受けた女性と自閉症リスクの関連 米研究 - QLifePro 医療ニュース
自閉症の子どもが生まれるリスクが60%上昇・虐待体験が免疫系とストレス耐性に作用

自閉症スペクトラム障害の血中マーカーに見込まれる代謝産物を発見 東京大学 
- QLifePro 医療ニュース
 代謝産物の異常が自閉症スペクトラム障害の原因なのか、
自閉症スペクトラム障害に起因するのかは不明

自閉症スペクトラム障害、父親の肥満と関連-米・小児科学会 - QLifePro 医療ニュース
リスクは普通体重群の約2倍・母親の肥満、関連は低い

兄姉が自閉症である場合に同母異父の弟妹でも自閉症リスクが増加 - QLifePro 医療ニュース
大気汚染で自閉症が増加 - QLifePro 医療ニュース

前記事(28-6)の下の図をもとに説明すると、
自閉症の「主因」は極めて複合的なものです。
「背景的素因」「素因」「誘因」「動因」が
複雑に絡み合っていると想像されます。
少なくとも、親の育て方が原因ではありません。
医学は万能ではないのです。
周囲の理解と温かいサポートこそが大切です。
教育によって、自閉症の症状は改善できます。


自閉症スペクトラムとこだわり行動への対処法自閉症スペクトラムとこだわり行動への対処法
(2014/05/16)
白石雅一

商品詳細を見る

自閉症スペクトラムでは、自閉度と知能指数により以下のように診断名が分類されます。
自閉症スペクトラム<出典>ふぁみえーる

2014_07_23


グリシンって何?グリシンの効果が全てわかる!
グリシンとはアミノ酸の1種で、食品添加物として私たちの生活を支えている成分です。
皆さんもよくご存知のとおりアミノ酸は、皮膚や骨、内臓や筋肉などを作っている
とても大事な栄養素です。(中略)
食品では、肉類(牛、豚、鶏)やホタテ、エビやカニ等に多く含まれています。
<グリシンは太古の地球にも存在していたと考えられている最も古いアミノ酸です。
  また、アミノ酸の中では最も分子量が小さく、体内に広く分布しています。>
また、タンパク質を構成するアミノ酸の1種として、グリシンからは、クレアチニンや
グルタチオン等の生理的に重要な物質が生合成されることが知られています。
話題の成分、グリシンの効果とは。
グリシンの代表的な効能を下記に紹介しています。
・睡眠の質を高め、快眠効果に期待されています。
・コラーゲンの構成成分となり、ハリのある肌を作ります。
・保湿作用や抗酸化作用を持ち、美肌作りに役立ちます。
・脳に作用して血管を広げ、血液の流れを良くします。
・血中コレステロールを低下し、高血圧や脳卒中の予防に役立ちます。
副作用や欠乏症などについて。
グリシンは、副作用などのリスクが殆ど無いと言われていますが、
極稀に悪心、嘔吐、上部消化管の不調など起こる場合があるとされています。
グリシンが不足すると、コラーゲン生成が低下し、肌荒れや関節痛などのトラブルが起こり
やすくなってしまいます。また、寝つきが悪くなり、不眠症などの原因となる場合もあります。

落雷

彗星のサンプルから生命の素を発見 (2009年8月20日 JPL News Release)
NASAの彗星探査機スターダストが2004年に採集したウィルド彗星のサンプルから、生命に
欠かせない成分であるグリシンが発見された。中に含まれる炭素の同位体比率が地球の炭素
と異なることも確認され、地球上の生命の起源を宇宙に求める説の裏付けとなりそうだ。

ここからは物語です。
天地の間で起こる陰陽、それは雷。
上昇気流にのった水蒸気は上空で冷やされて氷になり、
大きくなった粒は重くなって落下。雲のなかでは、氷の粒が
激しい衝突を繰り返すことで静電気が発生し、氷が帯電。
大きく重い氷の粒は負に帯電して雲の下のほうへ、
小さくて軽い氷の粒は正に帯電して雲の上のほうへ蓄積。

(ここが陰陽の重要なポイントであるが、この理由が科学的には未解明)
雲の下にたまった負の電荷は、たまに地面に対して放電。これが雷だ。
そのとき、周囲にあったアンモニア、メタン、二酸化炭素、酸素といった
ガスから、味の素ではなく、生命の素になるグリシンが誕生したのだ。
いつの時代のことなのか知らんが・・・

(酸素がわずかに存在する大気など、原始地球にあったのだろうか???)

グリシンと雷

いや、作戦変更。原始地球に酸素はなかった。
雷により水から生まれた微量の酸素が一時的にあたりに存在していた。


2014_07_09


わたしたちが実感できる陰陽には、「光・闇」、「睡眠・覚醒」、「快・不快」、「幸福・不幸」、
「生死」、「男女」、「主観・客観」などがあります。これらどれにも、科学的な謎が潜んでいます。
このなかでは、「光」が最も科学的存在であるような気がしますが、光が粒でもありまた波でもある
という二重性を示すこと(これもまた、陰陽なのですが)だけでも、日常感覚から逸脱しています。
この波は、空間の電場と磁場の変化によって形成されています(これもまた、陰陽なのですが)。
それならば、光は「波」なんでしょということになりますが、微視的には、光は「粒」として振る舞います。
なぜか、巨視的視点と微視的視点(これもまた、陰陽なのですが)は分けて考えることになるのです。
「睡眠・覚醒」についても謎だらけで、専門家の意見を聞いても、どうもしっくりきません。
睡眠の改善は、わたしたちにとって永遠のテーマなのでしょうか?
その解決になるのかどうかは知りませんが、味の素は、アミノ酸であるグリシンが休息の質を
高めると発表し、「グリナ」という商品を販売しています。


「休息アミノ酸®」"グリシン"
「休息アミノ酸®」"グリシン"にカラダを休ませるチカラがあることを味の素KKは発見しました。
「休息アミノ酸®」"グリシン"
味の素KKは、約一世紀にわたる最先端のアミノ酸研究を通してアミノ酸"グリシン"にカラダを
しっかり休ませるチカラがあることを世界で初めて発見しました。それは、「栄養」「運動」と並んで、
健康な毎日のために大切な「休息」をしっかりサポートする「休息アミノ酸」ともいえるチカラです。
味の素KKでは、専門家によるヒト試験を実施し、その科学的なエビデンスを得ています。
また、それらの研究成果は国際的な学会でも発表され、注目されています。
カラダの中にあるアミノ酸"グリシン"
グリシンは私たちがカラダのなかでつくることができるアミノ酸で、カラダのいろいろなところに
広く存在します。たとえば、皮膚のたんぱく質であるコラーゲンを構成しているアミノ酸の3分の1
がグリシンです。また、グリシンは食べ物にも広く含まれています。特に、エビ・ホタテなどの
魚介類に多く含まれているアミノ酸です。

グリナ

アミノ酸について少し詳しい人なら、アミノ酸にはD体とL体がある
ことをご存知かもしれませんが、グリシンにはD体とL体はありません。
グリシンは、多くのタンパク質にはわずかしか含まれていないのですが、コラーゲンだけは例外です。
グリシンの場合、ある程度まとまった量(グリナの場合は、一包が3g)を摂る必要があり、
サプリメントとして摂取するほうが効果的です(そもそも、寝る前に、食べ物をとらないほうがいい)。
グリシンの効果は、睡眠の質を高めるものであって、睡眠導入剤のような効果ではありません。
サプリメントというと拒否感を持つかたもおられると思いますが、その理由としては、効果が信頼
できないということと、副作用が心配だということでしょう。グリシンの場合、味の素が研究して効果
を確認し商品を出しているということで、怪しげなサプリメントではないといえるでしょう。

ただし、グリシンは、どの商品でも同じグリシンですので、もっと安価に手に入れることが可能です。
特に、アメリカのサプリメントは安いです。
不純物などが入っていないかは心配ですので、GMP(アメリカ食品医薬品局が定めた医薬品などの
製造品質管理基準)の認証が得られていることを確認しておいたほうがよいでしょう。
スティック30本入り箱の「グリナ」と、NOW FOODSの100個カプセル(1000mg)入り
「Glycine」はだいたい同じ量のグリシンが入っていますので、10倍くらい「グリナ」のほうが高い
ということになります(ただし、アメリカのサプリメントの場合、個人輸入扱いになりますので、
商品の転売や法人での購入ができませんし、送られてくるまでに時間がかかります)。
しかも、グリナはパウダーですが、NOW FOODSはカプセルなので、飲みやすいですし、
摂取量の調節が簡単です(NOW FOODSのパウダータイプですと、さらに価格が安くなります)。
さて、効果はいかほどかということですが、個人差はあるものの、
効果を実感できるというかたもかなりおられるようです。
わたしも試してみましたが、どうかと言われれば効果がある(起きたときに、いつもより元気である)
ような気がするといった感じでしょうか?

(サプリメントの摂取に関する判断は、ご自身でお願いいたします。)

[海外直送品][2本セット] NOW Foods グリシン 1000mg [ヘルスケア&ケア用品] [ヘルスケア&ケア用品] [ヘルスケア&ケア用品][海外直送品][2本セット] NOW Foods グリシン 1000mg [ヘルスケア&ケア用品] [ヘルスケア&ケア用品] [ヘルスケア&ケア用品]
()
NOW Foods

商品詳細を見る

2014_07_07


「STAPは一つの仮説」 共著者・丹羽氏が疑惑後初会見(4月7日 msn)
理化学研究所が発表した新型万能細胞「STAP(スタップ)細胞」の論文不正問題で、
共著者の丹羽仁史(ひとし)・理研プロジェクトリーダーらが7日、STAP細胞の詳しい
検証計画を公表。疑惑浮上後、研究メンバーとして初めて会見した丹羽氏は、当初は
揺るぎないとしてきたSTAP細胞の存在について「あくまで一つの仮説。予断のない状況から
自分の目で見極めたい」と述べ、白紙の状態から検証する考えを明らかにした。
丹羽氏は幹細胞の専門家で、論文の構成やデータについて助言する立場だった。
「(不正を)防げたのか、難しかったのか、常に自問自答している」。
検証実験は共著者の一人として「責任を果たす手立てだ」と強調した。
小保方晴子・研究ユニットリーダーが調査委員会に対し「細胞の発見自体が捏造
(ねつぞう)と誤解されかねない」と反論していることについて「気持ちは分かる」と述べた。

転写因子

科学は真実であると思っているかたもおられるかもしれませんが、その場合、
説明を裏付ける理論があり、その理論が真実であることを裏付ける理論があることになります。
すると、絶対に真実である究極の理論が必要になります。例えば、
エネルギー保存の法則「孤立系のエネルギーの総量は変化しない」は真実なのでしょうか?
少なくとも、これを立証した人はいません。経験的に正しいのです。ですから、
この法則があるから、「極めて短時間においても、真空エネルギーが揺らぎを持つことない」
と考えてはいけません。法則や理論を絶対視することは科学的ではありません。
また、科学には、絶対に知りえないことも存在します。
測定結果について、誤差が大きいという言いかたをする人がいますが、誤差って何でしょう。
誤差は真の値からの差です。測定における真の値は、誰が知ることができるのでしょうか。
測定結果の真の値は、神様しか知らないのです。
科学的には、測定結果について誤差は分かりません。分かるのは「不確かさ」だけです。

細胞の多能性はまだまだ科学的に謎だらけです。
「動物細胞は、遺伝子操作なしでは多能性を獲得することはない」と証明されることはないでしょう。
ゆえに、小保方さんが全くのペテン師であっても、主張し続ける限り、「仮説」であり続けます。
一番いいのは、小保方さん以外の人が再現することです。
手法をすべて開示しなくてもいいので、共著者の丹羽仁史・理研プロジェクトリーダーには、
ぜひ、STAP細胞が存在するという仮説を検証していただきたいものです。
少なくとも現時点で、わたしたちが見習うべきは、小保方さんではなく山中先生です。

ここで話を終わると、少しは科学的なのですが・・・
実際のところ、小保方さんのほうが、山中先生より気になる存在であることも確かです。
人間というもの、なぜか、今後の展開が読めないと気になるものなのです。
世紀の大発見かと思えば、世紀の大嘘つきだった。いや、実は・・・(予測不能)
今や、小保方さんは一番有名な科学者になりました。フィクションでも不可能な大どんでん返し。
でも、流行語大賞は割烹着か?
荒川静香が金メダルをとったとき、荒川静香よりイナバウアーのほうが有名だったように。
いい意味なのか悪い意味なのか分かりませんが、驚異的な注目度です。
騒ぎ過ぎだと言っている人が、一番騒いでいたりするわけです。
「人の心」は生命より不思議かもしれません。


生命の未来を変えた男 山中伸弥・iPS細胞革命 (文春文庫 編 19-4)生命の未来を変えた男 山中伸弥・iPS細胞革命 (文春文庫 編 19-4)
(2014/04/10)
NHKスペシャル取材班

商品詳細を見る

2014_04_11


なぜSTAP細胞は驚くべき発見なのか――STAP細胞が映し出すもの
八代嘉美 / 幹細胞生物学
 (1月30日 SYNODOS)
STAP細胞はこれまで多能性を持つ細胞の代表例として知られていたiPS細胞やES細胞と違い、
胎盤は羊膜にも変化しうることが示されている。iPS細胞やES細胞は、基本的には体をつくる
どんな細胞にでもなれるが、胎児を包む羊膜や、母胎とのジョイントシステムである胎盤には
変化できないがゆえに「全能」ではなく「多能」と呼ばれてきたのである。
ただし、STAP細胞自体は、「幹細胞」という存在とは少し異なった存在である。
幹細胞とは、前述の「いろんな細胞を作り出せる能力」(分化能)だけでなく、
「自分と同じ能力を持った細胞を作り出す能力」(自己複製能)を持たなければならない。
iPS細胞もES細胞もこうした条件を満たしているが、STAP細胞は試験管の中では、
細胞分裂をして増殖することがほとんど起きない。
しかし、ACTHというホルモンを培養液に加えてやると、STAP細胞は増殖を開始し、
自己複製ができることが示されたほか、面白いことに、この細胞では胎盤などの細胞を
作り出す能力が失われることも示されている。これとは対照的に、
STAP細胞の状態でFgf4というタンパク質を培地に加えると、ACTHの場合とは逆で
体の細胞を造る能力が失われ、胎盤や羊膜にしか変化できなくなったのである。

まず言えることは、iPS細胞と同様、教科書を書き換える発見であるということです。
ジャガイモを栽培するためには、種芋を植えます。幼稚園児でも知っています。
しかし、そのようなことは動物では起こらないと言われてきました。しかし、今回、
動物細胞もちょっとした刺激で、多能性が回復できることが分かったのです。
カエルの足を(ある特殊な条件下で)育てたら、オタマジャクシになった。
そんなことはあり得ないという常識は、あやしくなってきました。
STAP細胞も、iPS細胞同様、体細胞の人工的初期化といえますが、
「酸性の液体に浸す」というのは、自然界でもありうる刺激です。
また、上の記事のように、STAP細胞はiPS細胞と同じ能力を持つわけではないようです。
細胞が持っている能力は謎だらけです。
受精卵は、全ての種類の細胞に分化する能力(分化全能性)を持っていますが、
さらに、その分化した細胞は組織を形成する能力を持っています。
iPS細胞の場合、特定の細胞、例えば、肝細胞に分化させることはできるのでしょうが、
肝臓ができましたという話は聞いたことがありません。
再生医療を実現するには、まだまだ研究が必要です。細胞に特定の刺激を与えると、
組織を形成する能力も回復するという可能性はないのでしょうか?
わたしたちが望むのは、何にでもなれる細胞
ではなく、特定の臓器になれる細胞です。

肝臓は肝細胞だけでできているわけではありません。
当然、血管細胞が必要ですし、立体的構造を支える細胞だって必要でしょう。
さらに、それらの細胞が接着し、適切な位置に配置されていなければなりません。
細胞が持つ自律的組織化能力とは一体どのようなものなのでしょうか?
わたしたちが現実に、これらの技術の恩恵にあずかるためには、
特定の臓器(のもとになる細胞群)を素早く、しかも簡単に作製する必要があります。


(次の記事は、占いの話に戻ります)

STAP細胞
(時時刻刻)万能細胞、新時代 STAP細胞、液に浸して25分で誕生
1月30日 朝日新聞デジタル

2014_02_01


03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

不思議の国は虚数の世界。
しかも虚数の空間ではなく、
虚数時間の世界なの。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top