わたしが高校生だったのは大昔のことなので記憶があやふやなのですが、
頭は良くないし、あまり勉強しなかったのに、テストではそこそこいい点をとることができた。
わたしが優秀でない理由は以下の3つ。
・記憶力が悪い
・計算や読解の速度が遅い
・計算間違いや勘違いが多い

そこで、勉強がよくできることはあきらめて、テストでいい点をとる方法を研究しました。
テストの基本は他人が当然できる問題を確実に解いて、
     他人ができない問題を少しだけ解くこと。

科目により対策が異なります。数学のテストでは、はじめにすべての問題に目をとおして、
解けそうにない問題は断念して、簡単な問題から解くことが基本です。
つまり、問題を一瞥しただけで、問題の難易度を判別する力を身につける必要があります。
模試などの問題をたくさん見て練習するのです。このなかで、できないといけない問題はどれかと。
解ける問題を確実に解く(勿論、テストが簡単だったら、すべての問題を解かなければなりません)。
他人が解けそうなのに自分ができない問題があれば、
その問題が解けるように、基本的なことを勉強しなおす必要があります。

これに対して、英語や国語では、すべての問題にトライしなけばなりません。
しかし、わたしの読解速度では、時間が足りないのです。特に、英語の長文読解。
英語の長文をはじめから最後まで読んで、それから問題を解いていては、間に合いません。
いかに、英文を読まずして、正解をだすか?
一般的に言われているのは、問題から読むことです。
わたしのやり方も同じで、まずは問題から読みます。
(メッセージノートと関係があるのはここからですが、続きは次に・・・)

 川の流れのように英文を読めたらいいのですが・・・
スポンサーサイト
2013_07_16


日本語と英語との翻訳をせず、ネイティブのように英語を使う。
確かに理想です。英語で考えられるようになれば最高です。
そうなれば、長文読解など簡単なものでしょう。
文章そのものは、国語のテストに出てくる文章より平易ですから。
小さな頃から英語に慣れている人が有利であることは間違いありません。
ひたすら英語を聞いてみるというのも悪くはないでしょう。
でも、わたしは思います。
多くの日本人にとって英語脳は無理!
中学生や高校生ではもう手遅れです。
多くの日本人にとって、英語は記号なんです。
少なくともわたしの場合は、そうです。
ということで、わたしの手法は、英語が生理的に受け付けない人向けです。

ここからは負け惜しみと思ってください。
わたしは今でも英語が嫌いですが、別に英語ができなくて困ってもいません。
海外に行ったこともないですし、パスポートも持っていません。
日本国内だけで、日本語だけで十分だ!
わたしたちが考えるべき戦略は、グローバル競争に勝つことではなく、
グローバル競争にさらされないようにする方法ではないでしょうか。
日本人の9割に英語はいらないですって?嘘でしょ。9割5分はいくでしょ。
(次こそ、英語のテスト対策を考えます)

P.S. メーカーに就職して、「英語が得意です」といえば、
    人事の人に、とても喜ばれることでしょう。
    多くの企業が海外進出を強化しているので、
    やがて、海外赴任することになるでしょう。ただし、いつ日本に戻れるか。
    国内で暮らしたいのならば、絶対に「英語が得意です」なんて言ってはいけません。
    そもそも、日本で生きたい人間は、
  英語なんか勉強する必要ないでしょ!

    さらに、そもそも、国内にこだわる人は、メーカーに就職してはいけない
    のかもしれません(メーカーでも業種によって大きく異なります)。



2013_07_18


英語のテストで最も重要なのは、長文読解です。
まず設問を読みます。次に本文を読みます。自分もそうしているというも多いでしょう。
でも多くの人が、その後、もう一度、設問を読んでいないでしょうか?
設問→本文→設問。このやり方だと時間がかかりますし、日本語脳が働きません。
(前記事で言ったように、この方法は英語が生理的に受け付けない人向けです。
英語になじめる人にはお勧めしません。)

まず問題を日本語に訳して、問題の近くに書いておきます。
例えば、「本文の内容と一致するものを次の5つから1つ選べ」といった感じで。
そして、5つの選択肢を丁寧に読みます。
まず1つ目の選択肢において、重要なキーワードを選び出します。
1つ目の選択肢の横に、3~5つ程度のキーワードを日本語にして書いておきます。
これを5つの選択肢すべてで行います。
ポイントは、5つの選択肢の違いがよくわかるようにすることです。
5つの選択肢にすべてあるような言葉は、キーワードにする必要はありません。
多少、時間はかかりますが、適切なキーワードを選びだすことができれば、後が楽です。
選択肢の横に書かれた3~5つ程度のキーワードを1つの円で囲みながら、頭のなかに入れます。
これを5つの選択肢すべてで行います。
このキーワードを覚えるのではなく、頭のなかに入れこむというイメージを持ってください。
(このやりかたがメッセージノート作成法の原点になっています)

選択肢で選ぶ他の設問でも同様のことをします。
問題のタイプによってやり方は多少変わりますが、
要は、短い日本語を書いて、選択肢の違いをはっきりさせます。

その後、本文を読みます。そのときは、その文章をゆっくり声に出して読む速度で読みます。
テスト中なので声を出してはいけませんが、頭のなかで声を出しながら読みます。
できるだけ二度、三度読みをしないほうがいいですが、これは時間と相談です。
わからないところを気にしすぎないようにしなければなりません。
完璧を目指すと、最後の問題まで到達しないという結果に終わります。
本文を読んだ後、自分の書いた日本語を読みながら、設問に答えます。

概略はこのような感じですが、このやり方でテストに挑む場合には、
日常の勉強もちょっと特殊なやり方をしたほうがいいでしょう・・・




2013_07_19


前記事で言いましたように英語では長文読解が重要です。
英語は慣れるということがどうしても必要ですので、勉強しないわけにはいきません。
個人的には、理系の場合、英語以外には数学をたまに勉強すればよいと思います。
あとの科目は・・・、文系の場合は・・・どうなのでしょうかねぇ。
さて、英語の勉強において一番重要なのは、勉強の途中でくじけないことです。
いくら長文読解が重要だといっても、日常の勉強で、
長文読解の問題など解いていたら、すぐに嫌気がさして長続きしません。
そこで、わたしは以下のように勉強していました。
(前記事同様、この方法は英語が生理的に受け付けない人向けです。
英語になじめる人にはお勧めしません。)

長文読解の本を買ってきて、まず設問のほうを読みます。
3~5つ程度のキーワードを日本語にして書いておきます。
(前記事で書いたテストでのやり方と同じです。)
その後、本文のほうを1回ゆっくり声をだして読みます。
読みながら、できるだけ書いている内容を理解しようとはしますが、
理解できなくても、途中で二度読みすることなく最後まで読み続けます。

ここからが普通と違います。
ここで、回答に書いてある本文の和訳を読みます。
そしてまた、本文のほうを1回ゆっくり声をだして、読解しながら読みます。
そして、さらにもう一度、ゆっくり声をだして読みはじめます。
今度は、英文の意味がわかないところで、読むの一時中断します。
なぜ、読解できないのか?
一番多いのは、知らない単語があるからです。
そのときは、辞書で知らない単語を引きます。
(わたしの学生時代とは違い、今は、電子辞書なのでしょうか?
個人的には、自宅で勉強するときは、大きな液晶の画面をつけたパソコンで、
英和辞典のソフトを入れて、web上で辞典を見るのがベストだと思いますが)
次に多いのは、文型が理解できないときです。(次の記事にて)
そして、意外と盲点なのが、知っている単語に別の意味合い
がある場合です。(次の次の記事にて)
2013_07_21


わたしの言いたい文型とは、S+V+O+OかS+V+O+Cとかいうことではありません。
日本語と英語の大きな考えかたの違いについてです。
He is old enough to understand such matters.
これほど短ければわたしでも理解できますが、これが長文になると難しくなります。
辞書を引きながら訳すと、こうならないでしょうか?
彼は年をとっている、十分に、そのような物事を理解できる程度に。
でも実際の意味は、彼はまだまだ若いねぇ。そんなこともわかっていないなんて。
なんと、彼はoldでもないし、物事をunderstandしてもいないのです。
このような日本人が誤解しそうな表現はやめてほしいです。そう思うとき・・・
そこがテストに出題されやすいのはいうまでもありません。
このような勘違いは、長文読解では致命的になることがあります。
一般にいう文型はS+V+Cです。でも、ネイティブはそんなこと気にしないでしょう。
わたしにはネイティブの思考回路が理解できません。
だから、このような英文はノートに書いて何度も読み直す必要があります。
何度も読んで、慣れておくしかありません!
何度もというのは、毎日毎日読むという意味ではなく、
忘れたころ(1ヶ月後くらい)にノートを読み直してみることが大切だという意味です。
もし、あなたが高校3年生でこれを理解していないなら、こう言われることになるかもしれません。
You are old enough understand such matters!
2013_07_27


英語の長文には関係代名詞や接続詞が必ずでてきます。
関係代名詞の後に接続詞が登場すると、絶望的になってきます。
しかも、すらっと読み流していかないといけません。
Some of us pick a partner who is very different from our
parents or someone our parents would stongly disapprove of.
disapprove of~は、~に異を唱えるという意味です。
何度も読み返せばだんだんわかってきますが、それでは時間がなくなってしまいます。
orがでてきたとき、日本人的感覚でいうと、our parents or someone となります。
この感覚を直していかないといけません。読むときの感覚でいいますと、
Some of us pick a partner who is very different from our
parents or someone our parents would stongly disapprove of.
このsomeoneを「だれか」と訳したくなりますが、
このsomeoneはa partnerを言い換えているに過ぎません。
これもまた、日本人には理解しにくい感覚で、可能な限り、
英語では、同じ言葉を繰り返しません。
Some of us pick a partner who is very different from our parents or a partner our parents would stongly disapprove of.
と言わないところがいやらしいのです。(さすがに、our parentsは繰り返していますが)
だから、someoneやsomethingには辞書にはない意味合いがあるということです。
骨になっているところだけを訳しますと、
わたしたちのなかの幾人かは、パートナーとして、○○○な人や×××な人を選ぶ、となります。
ノートには全文を書いて、a partnerとsomeoneを円で囲っておきましょう。
正直言って頭が痛くなってきました。やはり、わたしは英語になじめそうにはありません。
2013_07_28


ちなみにこの長文では、この少し後に、
Others choose as their first love a person who comes from
a similar background― と続きます。
このothersは他人ではありません。someothersの関連に気づかないと。
ノートには、some-othersと書いていてはいけません。以下のように書くべきです。
some・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・others
こう書くことによって、someと(the) othersが離れていても気づける可能性が高まります。
oneとthe otherについても同様です。人でも物でも使えます。

しかし、pickをchooseに、partnerをpersonにすることにはびっくりします。このような場合、
日本語では同じ言葉を繰り返さないと読者に変な誤解を与えるので、以下のような感じになります。
我々のなかのある者は、パートナーとして・・・を選ぶ。
また、我々のなかのある者は、パートナーとして・・・を選ぶ。

まだまだ、日本人には理解しがたいものはたくさんあります。そのひとつが否定。
不思議の国のアリスに出てくる Nobody さんが日本の物語に登場することはありません。
notは何がnotなのかを間違えると、わけがわからなくなります。
She didn't marry him because she loved him.
日本人的には、「彼女は彼を愛するがゆえ、彼と結婚しなかった」となります。
でも、英語としては、notがbecauseを否定しているともとれます。そうなると・・・
「彼女は、愛するがゆえ彼と結婚したというわけではなかった」となります。
前者では、結婚しなかった。後者では、結婚したということになります。
実際、どちらの解釈も可能だというから、困ります。
長文のなかの前後関係をよく理解して、判断しないといけません。ちなみに・・・
She didn't marry him,because she loved him.なら前者の意味になります。
2013_07_28


知らない単語を辞書でひく。それが一般的な辞書の使いかたでしょう。
しかし、辞書には別の使いかたもあります。それは、知っている単語をひくことです。
例えば、わたしの英和辞典では、onに17個の意味があります。
(わたしの英和辞典ではonと同じページある)omnipotentは受験のとき、多分必要ないでしょう。
しかし、onは試験に絶対でてきます。
とはいうものの、onの17個の意味を暗記しても意味はありません。
前置詞がどの意味なのかを考えているようでは、文章を読むのに時間がかかりすぎます。
She died on me.変な意味に考えてはいけません!彼女に先立たれたという意味です。
Don't tell on me.似ていますが、Don't tell me!とは全然意味が違います。
withは日本人にはなじみにくい前置詞です。十分に慣れておく必要があります。
一方、ofは日本人になじにやすい前置詞です。ただし、ofは意味が「の」のときのみです。
日本人は、She died of cancer.とか、She made a fool of me.なんて使いかたはしません。
日本人の英語には「の」のofがよくでてきます。ひどいのになると、~of~of~となっています。
a portrait of my mother 母の肖像画・・・実に紛らわしい言い方です。
そんなに下手なら、英語で書かなければいいのにと思いますが、
日本人の下手な英語は、日本人にとってはとても読みやすいです。
それはさておき、前置詞を知るためには動詞とセットで慣れておく必要があります。
よくでてくる動詞を何度も辞書でひきましょう。
I believe him,but I don't believe in him.この場合、inが入ると意味が違います。
I know him.とI know about him. など、ニュアンスを理解しておきましょう。
2013_08_03


英語はとにかく慣れておくことが必要です。英語に慣れるには、
新しいものに次々と手をだすのではなく、同じものを何度も勉強したほうがいいのです。
少なくともセンター試験は学校の教科書に書いてあることを
ちゃんと理解していれば回答できるはずです。

極端に言えば、学校の教科書をよく読むこととと辞書をよくひくことでOKです。
難しいことをせず、易しいことが確実にできるようにならないといけません。
英語については、自分のメッセージノートを作ってみましょう。
学習内容を短いメッセージに落としこむのはなかなか難しいことです。
この手法は他にも使えます。仕事にも利用できます。
勉強した内容、そしてそのエッセンスをよく理解していないとできません。
応用がきくようなメッセージにしておくことが重要です。
too~to(意味はメッセージノートには書かない)と書くより、
too・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・to・・・・・と書いておくほうが効果的です。
tooとtoがすぐ近くにあれば誰でも気づきます。それだと問題になりません。
tooとtoの間が離れていくと、気づく人と気づかない人がでてくるわけです。
ついでに、tooについてまとめて書いておくのもいい方法です。例えば、
"I think you don't like me." "I do too."

約1ヶ月後にそのメッセージを見てください。
それを見て、あなたはどう感じるでしょう。
見た瞬間、「そうだ、そうだ」という納得感を持てたなら・・・
それは、潜在意識にメッセージが定着したということです。
書いたときのイメージが思い出せないのでしたら、もう一度勉強する必要があります。

英語の話しかしませんでしたが、英語は大学受験には必ず必要ですし、重要です。
わたしのように英語が嫌いな人こそ、慣れておく必要があります。
高校一年、二年で英語だけはできるようにしておけば、三年のとき楽です。
2013_08_04


今からでもできる!センター試験本番直前 まだ1科目20点伸びる!
Toshin Times on WEB 東進タイムズ2015年01月01日号 1面)
センター試験までついに2週間あまり。今号の東進タイムズでは、入試本番までにやるべきこと、そしてセンター
試験本番で実力を最大限に発揮するために最後にやっておきたいことを独自の調査で明らかにしたので紹介しよう。
直前でも、まだまだ伸びる!
現役合格者の最後の1カ月の伸びを前号で見たところ、全体の33.8%が、50点以上伸ばしていた。さらに、
本番直前「最終12月センター試験本番レベル模試」の得点が低かった科目ほどよく伸びていることが判明した。
「苦手科目」は直前でもまだまだ伸びるのだ。 本紙発行日の1月1日からセンター試験本番まであと2週間あまり。
時間は限られているが、取り組み方次第で、特に苦手科目はあと20点や30点は伸びる可能性が残されている。
直前期の集中力を持って本気で取り組めば、1時間1点アップもけっして夢ではない。
今から学力をさらに伸ばし、本番で最大限に力を発揮するには、いったい何をすべきなのか検証していこう。
センター試験 最大の壁は「時間」だ!
資料1は、本紙編集部実施のアンケートで、今年難関大を現役合格した高校生に「センター試験で得点する
ために改善すべきことは何か」を調査した結果である。 (資料は省略)
最も多かった回答は「解くスピードを上げる」が48.3%、続いて「ケアレスミスをなくす」が35.1%、
「時間配分を工夫する」で29.4%、「問題演習量を増やす」が27.9%であった。
直前に知識量を大幅に増やすことは難しいとしても、解くスピードを上げたり、ケアレスミスをなくしたりするため
の工夫は可能だ。また、時間配分を工夫して見直しの時間を設ければ、ケアレスミスを減らすこともできる。
センター試験の「時間の壁」は、学力を高めるとともに時間配分の工夫で克服しよう。
成功のカギを握るのは時間配分と優先順位づけ
では、難関大現役合格者は具体的にどの科目で「時間が足りない」と感じていたのだろうか? 
資料2は、「もっと時間がほしかったのはどの科目か」を質問した結果である。(資料は省略)
これによると、現代文が24.6%と最も多く、次に数学II・Bが19.9%、古文が19.5%、英語が11.1%と続き、
圧倒的に主要3科目に時間の足りなさを感じていたことがわかる。
試験本番で持てる力を十分に発揮するには、解ける問題を時間内に確実に解答することだ。
今からの学習は、時間配分と優先順位づけを意識して取り組もう。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
今週末はセンター試験ということなので、大学受験の英語について考えみたいと思います。
共通一次試験(昔はそう呼ばれていた)を受けてから25年あまり、英語の勉強をしたことはありませんが・・・
(第二章でも英語について書いていますのでご覧ください)
突然ですが、下の文章を訳してみてください。(センター試験に筆記はありませんが・・・)
問題①
If you can get a child learning to walk to fix his eyes on any object, he will generally walk to that point without failing.
問題②
Nobody will willingly let one of these pretty homes, built by our forefathers some centuries ago, fall into decay.
問題③
When a man is acquainted only with the habits of his own country, they seem so much a matter of course
that he ascribes them to nature, but when he travels abroad and finds totally different habits and standards
of conduct prevailing, he begins to understand the power of custom.

これが時間をかけずに解けるようでしたら、英語は問題ありません。以下の文章は不要です。

キットサクラサクよ
<出典>ネスレ キットカット ブレイクタウン

問題①は、こうすれば訳せるようになるでしょうか?
If you can get a child learning to walk to fix his eyes on any object,
he will generally walk to that point without failing.
さらに言うならば・・・・
get・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・to~で、「・・・に~させる(してもらう)」です。
・・・のなかにもtoがあることで、「get ・・・ to~」を気づきにくくさせています。
I got him to wash my car. (彼に車を洗ってもらった)とか、
I got my car out of the garage. (車をガレージから出した)のように、「SVO+?」において「O」が
短いと誰でも理解することができます。ところが、「O」が長くなるにつれて難しくなるのです。(差がつく!)
訳「歩けるようになりかかっている子供に、何か目標となる物に視線を固定させることができれば、
たいていその子供はその地点まで転ばずに歩いていけるだろう」

問題②は、こうすれば訳せるようになるでしょうか?
Nobody will willingly let one of these pretty homes, built by our forefathers some centuries ago, fall into decay.
「forefathers」は先祖、「decay」は朽ちるという意味です。
さらに言うならば・・・・
let・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・~(原形の動詞)で、「・・・に~させておく(~するの許す)」です。
Let it go! Let it go! です。(ということで、上の写真があります)
・・・のなかにカンマで閉じられた挿入句を入れて、その後に、名詞のように思える原形の動詞があるのです。
訳「わたしたちの先祖の手で数百年前に建てられたこれらの美しい家のひとつが荒れはてるのを、
喜んで放置しておく人は誰もいないだろう」

問題③は、こうすれば訳せるようになるでしょうか?
When a man is acquainted only with the habits of his own country, they seem so much a matter of course
that he ascribes them to nature, but when he travels abroad and finds totally different habits and standards
of conduct
prevailing, he begins to understand the power of custom.
単語も難しいです。「be acquainted with ~」は、~を知っている、「ascribe・・・ to ~」は、・・・を~のせいにする、
「prevail」 (動詞)は広くゆきわたるという意味です。
so・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・that が見えてないと、何度も読み直さなければならなくなるでしょう。
さらに、このように考えれば、全体の構造が理解できるかもしれません。
When a man is acquainted only with the habits of his own country, they seem so much a matter of course
that he ascribes them to nature, but when he travels abroad and finds totally different habits and standards
of conduct prevailing, he begins to understand the power of custom.
when節のなかにonlyがあって、but whenとくるわけですから、「~だけのときには・・・であるが、~のときには・・・」
という形が見えてきます。
訳「人が自分の国の習慣だけしか知らない場合には、それらの習慣はきわめて当然に思われるので、それらを
自然のせいにしてしまう。しかし、海外旅行をしてみて、全く異なった習慣や行動の基準が広くゆきわたっているの
が分かると、慣習の持つ力を理解しはじめる」
これは、難しいです!いずれも、「SVO+?」の「O」がとても長いのです。ちなみに、以下のようなものもあります
ので、分からないものは調べてみてください(イメージしやすいよう、意図的に・・・を長くしています)。
ask・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・to~
cause・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・to~
force・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・to~
expect・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・to~
wish・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・to~
help・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(to)~
like・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・to~
tell・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・to~
encourage・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・to~
persuade・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・to~


2015_01_13


設問別分析 (河合塾ケイネット > 学習対策 > センター試験対策 > センター試験 英語(筆記) )
第1問 AとBの2部構成で、Aは発音問題3問、Bはアクセント問題4問。AとBの合計の問題数は昨年と同じく7問で、
難易度も昨年並み。Aではonion、oven、label、loose、Bではparade、categoryなどのカタカナ語が多く出題されている。
第2問 Aの文法・語法問題は、問題数は10問で変化がないが、問8~問10の3問は文中の2つの空所に入れるのに適切な語の
組合せを選ばせる問題になった。Bの対話文完成問題は、発話数が昨年の4から今年は5と6に増えたが、選択肢が昨年より短くなった。
Cの語句整序問題は、空所の数が昨年度の5つから6つに増えて、2011年度と同じ形式に戻った。難易度はA、B、Cとも昨年並み。
第3問 Aは会話文中の「exuberant(喜びと元気にあふれた)」と「got cold feet(おじけづいた)」の意味を類推する問題。
いずれも会話の流れから正解を絞りやすい問題だった。Bは「幼児の質問に対する親の対応」「都会と田舎
のどちらに住みたいか」「金魚の飼い方」に関する3つのパラグラフから取り除いた方がよい文を選ぶ新傾向の問題。
Cは、昨年までBで出題されていたのと同形式の発言の主旨を選ぶ問題。第3問の難易度は昨年並み。
第4問 Aは「合衆国の州における移住・定住の傾向と分析」についての図表問題。設問は昨年の3問から1問増え、4問になった。
問4は段落の続きの内容を問う問題で新傾向。4Bは「ウェブサイトでのマラソン大会の申込み」について、
昨年までと同様、情報を読み取る問題。問2は計算の条件を見落とさないように注意する必要がある。難易度は昨年並み。
第5問 「スペイン人画家の日記と孫の手紙」を読んで、内容に関する問いに答える問題。問題数は昨年と同じく
内容把握問題が4問、イラスト問題が1問の計5問であった。イラスト問題は、昨年の「場面の順序を答える」形式から、
一昨年の「説明内容に合っているイラストを選ぶ」形式に戻った。難易度は昨年並み。
第6問 「オーディオ機器の利便性と音質の向上」に関する論説文の長文読解問題。段落の主旨を選択する
B問題の空所が5から4に減ったが、総語数は昨年とほぼ同じで本文も読みやすく、全体的な難易度は昨年並み。

センター試験英語の傾向

前記事の続きで、大学受験の英語について考えみたいと思います。センター試験では、速読ができる人は問題ないのですが、
いつも時間が足りなくなる人にとって時間配分はとても大切です。何点を目指しているのかによって作戦は変わってきますが、
最大のポイントは、最後にある「長文読解」をどうするかです。
配点が高いだけに、8割以上の正解を目指そうとすれば、「長文読解」を軽視することはできません。
しかし、問4や問5は、時間をかけてゆっくり読めば解けそうな問題であるだけに、ここであわてることは禁物です。

「長文読解では時間が足りなくなる」とはじめから思っていれば、気が動転して頭が回転しなくなる危険を
避けることができます。「長文読解で時間が足りなくなった」ときの作戦ですが、まず問題を先に読みます。
それぞれの設問のポイントを日本語で書いて、何を理解しなければ解けないのかを考えてみます
(本文の内容がこうだろうとあまり決めつけ過ぎてはいけません)。そして、
可能な限り早く、一度だけ本文を読んでみます。分からないところがあっても、とにかく読み進めるのです。
論説文だと信じて話をしますが、最初の数文と最後の数文だけゆっくり読んで、できるだけ内容を理解します。
その後、文章を読まずに、筆者の一番言いたいことはどこにあるかを探します。
こうすれば見つかるというベストな方法はないのですが、後半以降に、「but、though、however、nevertheless」
など、これまでの主張を覆すような箇所が見つかれば、その前後の文章をゆっくり読んで訳してみます。
ここで時間がなくなれば、問題を解くしかありません。時間があれば、この後で本文を通して読んでみます。
「時間が余ったときだけ、本文を全部読めばいいや」と思っていると気が楽になります。
とにかく冷静に問題を解いていくことが大切です。さて、下の文章を訳してみてください。
問題①
Cultural or man-made environment is continually changing, dumb but definite evidence of human activity for good or ill.
問題②
Perhaps the most striking fact about modern science is that, like poetry, it reveals depths and mysteries beyond,
and, this is important, quite different from the ordinary matter-of-fact world we are used to.
問題③
To “read” a face is to guess at what might have been and what may still be.
The noblest face reveals potential evil overcome, the vilest potential good suppressed.

ウカール
<出典>(株)明治 カールおらが村 

この問題は、「何々は・・・だ」という簡単な構造になっています。しかし余計なものがあって分かりにくくなって
いるのです。書いている内容自体も結構難しいです。すらっと読んで理解できれば、大したものです。
問題①は、こうすれば訳せるようになるでしょうか?
Cultural or man-made environment is
continually changing, dumb but definite evidence of human activity for good or ill.
これでも分かりにくいようでしたら、これはどうでしょう。
Cultural or man-made environment is
continually changing, dumb but definite evidence of human activity for good or ill.
名詞の前に複数の形容詞があると、単純な構造でも読みにくくなるものです。
訳「文化的な環境、ないしは人間が作り出した環境は、善に向かうにせよ悪に向かうにせよ、
人間活動の、絶えず変化してゆく無言ではあるが明確な証拠である。」

問題②は、こうすれば訳せるようになるでしょうか?
Perhaps the most striking fact about modern science is that, like poetry, it reveals depths and mysteries beyond,
and, this is important, quite different from the ordinary matter-of-fact world we are used to.
これでも分かりにくいようでしたら、これはどうでしょう。
Perhaps the most striking fact about modern science is that, like poetry, it reveals depths and mysteries beyond,
and, this is important, quite different from the ordinary matter-of-fact world we are used to.
これでも難しいかもしれません。Itは科学を指しています。そして、
depths and mysteries beyond the ordinary matter-of-fact world でもあるし、
depths and mysteries quite different from the ordinary matter-of-fact world でもあるのです。
quite different from the ordinary matter-of-fact world はthis is important だと言っていますので、
「筆者が現代科学に関して重要であると考える主張は何ですか」という質問があったなら、解答としては、
「科学は、わたしたちの慣れている現実世界を越えた深奥なるもの、神秘的なものを明らかにしてくれること」ではなく、
「科学は、わたしたちの慣れている現実世界とは全く異なる深奥なるもの、神秘的なものを明らかにしてくれること」
と答えなければなりません。
訳「おそらく現代科学について最も顕著な事実は、科学が、詩と同じように、わたしたちの慣れている普通の現実的な世界のかなたの、
そしてこれは重要なことだが、それとは全く異なった深奥なるもの、神秘的なものを明らかにしてくれることであろう。」

問題③は、こうすれば訳せるようになるでしょうか?
To “read” a face is to guess at what might have been and what may still be.
The noblest face reveals potential evil overcome, the vilest potential good suppressed.
これでも分かりにくいようでしたら、これはどうでしょう。
To “read” a face is to guess at what might have been and what may still be. The noblest face reveals
potential evil overcome, the vilest (face reveals) potential good suppressed.
対応関係に気づけば何かが省略されていることに気づき、何かが省略されていることに気づけば
何が省略されているかも分かるのですが、一度読んでこの対応関係に気づくのは容易ではありません。
overcomeとsuppressedが対応関係にあることに気づけば、overcomeが過去分詞であることも気づくでしょう。
つまり、evilとgoodは、(不可算)名詞たっだのです!
訳「顔を『読む』というのは、過去にあったかもしれないことと、まだそうあり続けるかもしれないことを推量するということである。
最も気品のある顔は潜在する悪が克服されたことを表し、最も下劣な顔は潜在する善が抑圧されたことを示している。」
Wish you good luck!



2015_01_15


史上初の冥王星観測開始へ 無人探査機、9年かけ近づく(1月16日 朝日新聞デジタル)
探査機ニューホライズンズと冥王星の想像図
=NASA提供
冥王星想像図米航空宇宙局(NASA)は15日、2006年に打ち上げた
無人探査機「ニューホライズンズ」が冥王星に近づき、
史上初の探査機による観測を始めると発表した。
今年7月中旬には約9600キロまで接近し、なぞが多い大気
の組成や地形などを詳しく調べる。探査機の管制を担当する
ジョンズ・ホプキンス大応用物理研究所によると、
探査機は15日現在、地球から約48億キロ離れ、
冥王星まで約2億キロの位置を秒速15キロで移動中。
25日から冥王星の撮影などを始めるが、本格的な観測は
距離が近づく今春以降になる。探査機は省エネのため
休眠状態を繰り返し、9年がかりで到達した。
冥王星は過去に探査機で調べられたことがなく、
実態がよくわかっていない。太陽系の9番目の惑星とされてきたが、06年に国際天文学連合による
定義の見直しで準惑星に区分された。今回は冥王星の衛星カロンも調べるほか、多数の小天体が集まる
「エッジワース・カイパーベルト」の探査も行う予定。望遠鏡による観測では得られない、
太陽系の形成過程の解明などに役立つデータ収集も期待される。
探査機には、1930年に冥王星を発見した米国の天文学者トンボーの遺灰が積まれているという。

数学問題
<出典> 大学入試数学の問題 (解答もついています。本記事と解き方が違います。)

占星術ではネガティブにとらえられることの多い冥王星ですが、破壊的パワーで敵を粉砕する力を持っている
とも考えられています。しかし、占星術の解釈はそれほど確定的なものではなく、現実と同様、謎に満ちています。
冥王星は硬い地面を持っているといわれていますが、表面は氷で覆われているのでしょうか?
冥王星は非常に遠いうえ、月より小さく、地球から冥王星の表面を観察することはできないので、
今春からの「ニューホライズンズ」の撮影結果が楽しみです。今春を明るく迎えていただくため?、
数学できっとよく出題されるであろうベクトルについて考えてみました。

ロッテとロッテリア
ロッテリア ニュースリリース

ベクトルにおいては、「内分点・外分点の座標 」 「3点が一直線上にある条件」 「重心・内心の位置ベクトル」
「内積」の4つを理解していれば多くの問題が解けるのではないでしょうか?
ベクトルの問題を解く場合には、これらの公式を思い出しておく必要があります。線分ABを1:2に内分する点Cの場合、
c(太文字にしたものはベクトルです。以下同様)は、(2/3)a+(1/3)bです。これを逆にすると答えを間違えます。
公式をしっかり理解していれば、ベクトルの場合、図形の問題を解くときのようにひらめく必要はありません。
そもそも、複雑な図形を考えなくてもよい手段としてベクトルがあるのです。
この問題も、図形として解くことも可能ですが、ベクトルとして解いたほうが確実だと思われます。
一言でいえば、素直に解いていくことが肝要です。PQとは、qpです。Qは辺BCの内分点なので、qbc
表記できます。Pは原点とAの内分点なので、paで表記できます。これではじめの問題は解けます。
次に、Rは線分PQの中点なので、(1/2)p+(1/2)qです。はじめの問題でpqa,b,cで表記しましたので、
ra,b,cで示すことができます。直線AR上の点Sは、m+n=1としたとき、ma+nrと表すことができますから、
これをa,b,cで示します。これが△OBCを含む平面上にあるということはaの係数が0ということですから、
mとnの関係式ができます。これとm+n=1の連立方程式を解けばいいのです。
この問題の場合、mは負になりますので、Sは線分AR上にはなく、R側に外挿した直線上にあることになります。
位置関係がつかめれば簡単に解くことができます。
最後の問題をベクトルで考えようとする場合は、別の知識が必要です。ここで重要になるのは、
OABCが正四面体であることです。正四面体は、a=(1,1,0)、b=(1,0,1)、c=(0,1,1)と置くことができます
abcの座標は入れ替えてもいい)。特に1にこだわる必要もなく、この問題では分数がでてこないように、
a=(8,8,0)、b=(8,0,8)、c=(0,8,8)としておけばいいのです。
qb,cで表記されていますから、qの座標は定まります。あとは内積の公式を思い出すだけです。

ちなみに、最初の問題でも座標を定めて解くことは可能ですが、座標を定めると計算が複雑になる
(3つの連立方程式になります)ことが多いので、注意が必要です。
とにかく時間との勝負ですから、最も簡単な方法を採用しなければなりません。
ベクトルの場合、分数を含む面倒な計算になり、計算間違いによる不正解が多いものと思われます。
計算間違いをしない自信のある人は標準的な解き方でもいいのかもしれませんが、計算が得意でない人は、
できるだけ問題を簡単にして解く工夫も求められます。また、計算の過程をきれいに書くことも大切です。
あとから見直して、計算間違いに気づくことができるかもしれないからです(計算の過程を書くのに、
余計な時間がかかってはいけませんが)。図をきれいに書いておくことも有効です。図を適切に書くことが
できれば、計算を間違えたときに、「この結果はおかしいぞ」と気づくことができるからです。
単純なことでいうと、はじめのPをOA上に描くときPを少しAに近く描いておけば、pが(1/2) aより大きい
ことは明白です。ここで仮にp=(3/7) aとしたとすれば、すぐに間違っていることが分かります。
第二問目においても、きれいに図を描いていれば、下の図においてS位置はRより手前にあることが分かります。
つまり、下の図のようにm、nを置いたとき、mが負でnが1より大きくなることは予想できます。
そうならなかったら、計算が間違っているのです。計算を間違わないことも
大切ですが、計算間違いに早く気づくことも大切です。

以上、とてもつたない数学講座でした(ミスっていたらごめんさい)。

数学解答


2015_01_17


xyz座標空間に5点A(1,1,0)、B(-1,1,0)、C(-1,-1,0)、D(1,-1,0)、P(0,0,3)
をとる。四角錐PABCDのx+y≧1をみたす部分の面積を求めよ。

(出典:1998年度、前期、東京大学、理系)

「あかつき」、金星の周回軌道投入に再挑戦 JAXA (2月6日 朝日新聞デジタル)
2010年に金星の周回軌道投入に失敗した探査機「あかつき」について、宇宙航空研究開発機構
(JAXA)は6日、今年12月7日に再び金星の周回軌道に投入すると発表した。現在は金星の内側で
太陽の周りを回っている。故障した主エンジンの代わりに姿勢制御用のエンジンを噴射。
当初計画より大回りする軌道への投入を試みる。
あかつきは金星の大気を観測し、地球との気候の違いがなぜ生じるのかなどを調べるため、
10年5月に打ち上げられた。だが、主エンジンのトラブルで周回軌道投入に失敗。
次に金星に近づく機会を待っていた。残りの燃料との関係から、今回が最後の機会という。
今回は姿勢制御用のエンジン4基でブレーキをかけ、周回軌道に入れる。主エンジンに比べて力が
2割程度にとどまるため、大回りの軌道になるという。軌道の設定や観測計画ができたため発表した。

NASA探査機、冥王星を撮影 衛星カロンも (2月6日 朝日新聞デジタル)
米航空宇宙局(NASA)は4日、無人探査機「ニューホライズンズ」が1月下旬に撮影した冥王星の写真を
公開した。冥王星から約2億キロ離れた地点からの撮影で、冥王星の衛星カロンの姿も写っている。
ニューホライズンズは、2006年1月に冥王星などを目指して打ち上げられ、これまでに約48億キロ以上
の距離を航行してきた。今後近づくにつれ、より精細な画像を撮影できるようになる。本格的な観測は今春
以降になる見通しで、今年7月14日に冥王星に最接近する。探査機による調査は初めてとなる。
冥王星は1930年に発見。太陽系9番目の惑星とされてきたが、06年に国際天文学連合の定義の
見直しで「準惑星」になった。

あかつきと冥王星
<左> 金星探査機「あかつき」のイメージ図(池下章裕提供)
<右> 無人探査機ニューホライズンズが撮影した冥王星(下)と衛星カロン(左上)=NASAなど提供

宇宙に挑むJAXAの仕事術宇宙に挑むJAXAの仕事術
(2014/03/15)
宇宙航空研究開発機構

商品詳細を見る


記事19-5や19-7にも書いていますが、自転速度が非常に遅い(しかも逆行)金星は
自分から動くという意思はなく、環境を受動的に受け入れるという意味合いを持っています。
そして、その受け入れる環境とは恩恵といえる喜びに満ちたものであり、恋愛の象徴です。
一般的に占星術のなかでもっとも注目されるのは「恋占い」ですから、その意味でも金星は重要です。
金星は厚い雲に覆われていて地上に日光がほとんど届きません。これは自我、理性の中心である太陽
の影響を受けることなく、柔軟性や協調性はあるものの、あいまいで優柔不断であることを暗示しています。
現代では、「努力して自分で何かをなし遂げる」ことばかりに着目する傾向にありますが、
「愛される力」も「自分の努力」と同じくらい大切であるといえるでしょう。そこで重要なのが「気づき」です。
「気づき」は、努力ではありません。
もし気づきのために努力するなら、金星の恩恵を受けることはできません。
気づきのために努力をしているのならば、日常生活や仕事で努力しているのと同じことで
火星の影響下にあることになります。もし気づきのために努力するなら、気づきではありません。
何もせずにただただリラックス、すると、自然に気づきが起こりはじめる・・・
思考からではなく、自分自身の内側から湧きあがる。自分では何もしていないのに・・・「見える」
しかし現実には、受動的に気づくことは困難です。
努力する、つまり「何かをすること」が効果的でないだけでなく、「考えること」も役に立ちません。
「どうやったら気づけるのか?」と質問したくなりますが、それは既に考えているということです。
考えていることは、何か努力していることになります。思考は、行為よりもさらにコントロール不能です。
「考えてはいけない」と思うこと自体も思考であり、わたしたちは意識的に無思考にはなれません。
かくして、現代人にとって、金星の恩恵に浴することは容易ではなくなっているのです。

冬の寒さのなか、サクラのつぼみを見てみましょう。何も考えずに・・・
時がくれば、咲くのです。
サクラは努力して咲くのではありません。

「気づき」を目的にしてはいけません。目的にしてしまうと努力したくなるし、感情が動いてしまうからです。
「気づき」を目的にしてしまえば、目的が達成されていないことで焦りはじめるようになります。
では、無視すればよいのか?それはそれでダメなのです。無意識だと「気づき」は失われてしまいます。
「意識はしているが、あせらない」
知恵や恩恵がやってくると信じて、ココロを開放しておくといった感じでしょうか?
そしてそのココロの隙間から、喜びに満ちた金星の恩恵が突然やってくるのです。
知恵者と言われている人は、金星の恩恵を受けている人であるといえるでしょう。
知的には推し量れないものごとを見ることができる明晰さや明白さが知恵なのです。
いくら知識を得ても、知恵を得られるものではありません。知識は逆に、先入観を生んでしまいます。
「先入観を捨てて注意深くあれ」といったところでしょうか?

さて、受験についていうならば「覚えるより、慣れろ」です。いくら勉強しても知恵者にはなれませんが・・・
冒頭の問題で重要なのは「視覚で捉えてピンとくる」です。問題の解説は次回にて・・・

東大数学1



2015_02_08


ピケティ理論、日本は例外? 所得格差が縮小傾向 (2月9日 ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)
パリ経済学校教授のトマ・ピケティ氏は先月下旬に来日し、持てるものと持たざるものの格差が無慈悲
にも拡大しているというメッセージを、講演会場に詰めかけた聴衆やテレビの視聴者へ発信した。
だが、最近の調査は、日本が同氏の著名な主張を証明するどころか、例外となる可能性を示唆している。
日本では1990年代初頭から、所得不平等度(上位1%層の所得が全所得に占める割合で測る)が着実に
上昇しているが、ピケティ氏ら研究者が30カ国を対象にまとめた「世界最高所得データベース」によると、
近年は頭打ち、さらには低下しているもようだ。(中略)
前述の世界最高所得データベースは賃金の格差を測定するもので、富の格差は対象外だ。
富(株式や不動産などの保有資産)の格差を計測することは、所得よりも難しい。ピケティ氏は先日都内で
行った講演で、日本の全ての富、つまり資本の価値は国民所得のおよそ6倍で、米国の4倍を上回り、
富裕国有数の高倍率だと指摘した。同氏はこれが日本の経済的不平等を拡大させる可能性があると示唆した。
その理由として、資本収益率は経済成長率を上回る傾向があること、日本のように人口が減少すると
(富を相続する人の数が減り)相続人1人の引き継ぐ財産が従来より大きくなる確率が高いことを挙げた。
もっとも、日本の富が他国よりも均等に分配されている兆しもある。都内に拠点を置くアーカス・リサーチの
アナリスト、ピーター・タスカ氏は日本経済新聞への寄稿で、国際基準で見れば(日本の)富の不平等度は低い
と指摘。日本の上位10%が保有する富は、調査対象の48カ国の中で2番目に低かったとする研究もあると述べた。
さらに、10億ドル以上の資産を持つ人の数は、日本全体よりもトルコの首都アンカラの方が多いと結論付けた
研究もあるとした。
現在の日本が抱える大きな問題は、安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」の下で経済的不平等が
広がっていることだ。入手可能なデータは安倍政権がスタートした12年末までの分しかない。
安倍政権下で株価が倍増する一方、物価上昇や消費増税の影響を除いた実質賃金が減少したことからみると、
格差は再び拡大しているのかもしれない。


経済格差データ
<右図>ピケティ氏の定理で読み解く日本の格差の“元凶”と安倍政権が進むべき道(1月16日 ZAKZAK)

トマ・ピケティの新・資本論トマ・ピケティの新・資本論
(2015/01/23)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る


『問題を見つけることはそれを解くよりもっと本質である』
とはアインシュタインの言葉ですが、経済の場合、何が問題かを知ることはとても難しいのです。
受験の場合は問題を解くことが難しいのであって、問題には必ず正解があります。
受験勉強に限らず実社会でも、追いつくことや真似ることが重視されていた時代には、問題を早く正確に
解くことがとても重要だったのです。しかし、今は「何を解けばよいのか」がよく分かりません。
「何を解けばよいのか」を考える場合、こうすればよいという確立された方法は存在しないので、
試行錯誤を繰り返すことになるのです。問題を解く場合、努力すればそれなりの結果を得ることができる
のですが、「何を解けばよいのか」では「あ、これではなかった」となり、スタートに戻ってしまいます。
勿論、そのような経験が蓄積されて「何を解けばよいのか」を知ることができるようになるのでしょうが、
短期間の結果だけを見ると、何も成果のない状態が長く続くことになります。
問題探索で「そこそこの結果」を得ることは難しいのです。
一般に優秀と言われている人は与えられた問題を解くことはうまいのですが、「解くべき問題が何か」
を知ることについて優秀であるとは限りません。そのような課題は、テストにはでてきませんから・・・

さて、はじめのピケティ氏の話に戻りますと、現在の日本で問題なのは、賃金の格差ではなく、
世代間の格差なのではないでしょうか?いやそうではなく、同世代間における、
親の恩恵を受けることのできる人と親の恩恵を受けることのできない人の差なのかもしれません。
親の恩恵を受けることのできる人と親の恩恵を受けることのできない人の差を埋めるには、
親の恩恵を受けることのできない人が、親の恩恵を受けることのできる人より多くの賃金を
手に入れることが必要ですが、今の日本では容易なことではありません。
日本の場合は、低い賃金に甘んじる可能性はありますが、逆に、高い賃金をとる人は多くありません。
勉強して医学部に入り、さらに勉強して医者になり、30歳近くで、人の倍働いて人の倍の給料を得る。
税金は人の3倍くらいは払うことになるでしょう。お医者様、ご苦労様です。
そのように考えると、賃金格差がないことのほうが問題であるようにも思えてきます。
いやそうではなく、経済成長率の低さこそが問題の根源なのかもしれません。
富を持っている人がそこそこの資本利益率によりそこそこ富むのに対し、給与所得を増やすことはできないので、
富を持っていない人が追いつくチャンスは少ないといえるかもしれません。ぱっと思いつくことを言ってしまい
ましたが、日本国内で庶民の暮らしを良くしていくのに、「何が問題なのか」「何を解決すればよいのか」
「何を課題として設定すればよいのか」「何に向かって進めばよいのか」、よく分からないのです。
ただ、わたしの直観で言わせてもらうならば、個人の防衛手段はただひとつ、
マイナスの富(借金)を持たないことです。

さてさて、前記事の問題の続きです。積分の問題ではじめに考えるべきことは、どこで切って
その切り口の面積を求めるかですが、丸太のような形でしたら輪切りにするのが普通です。
この問題の場合、z軸と垂直な平面で切るのが最もオーソドックスな方法ではないでしょうか?
z軸と垂直な平面で切ったときの断面を示したものが下の図です。問題の条件を満たす部分の断面は
下の図で示すSの8倍ありますので、ΔV=8S×Δz (Vが求めたい体積)となります。通常は、
ここでSをzの関数で表記することで体積が求められるのですが、この問題ではそうはいきません。
面積Sを求めるには、四角錐表面と円x+y=1の交点のうちの一点(前記事で示した点Q)
の座標を定める必要があります。この点Qをzの関数で表記すればいいのですが、実際にやってみると
非常に複雑になってしまいます。ここでピンとくることが肝要です。
点Qは円の上を移動しますので、x軸となす角θを導入することで簡単な座標設定が可能になります。
下の図で示す(S+So)は三角形、Soは扇形の面積ですから、Sをθ(ラジアン)で表記することができます。
これで準備完了で、定積分を求める式にすれば、・・・8Sdzになります。ここで、前記事に書いたzとθの
関係式より、dzをdθに変換します。すると、・・・24S・sinθdθになります。
このとき、積分する範囲をθの範囲に変えることを忘れないようにしなければなりません。
さあ、後は積分を計算するだけ・・・いやいや、これがやっかい。これは・・・さらに次回です。


東大数学2


2015_02_10


STAP問題、小保方氏が懲戒解雇相当のワケ
理化学研究所・懲戒委員会が判断 (2月10日 東洋経済ONLINE)
細胞のすり替えという大胆で単純な不正
STAPはなかった。昨年1月の論文発表から1年あまり、科学界を揺るがした不正論文事件は、
細胞のすり替えという、あまりにも大胆で単純、だからこそ科学者の世界ではあり得ないと
考えられていた不正によるものだった。それを行ったとみられるのは「未熟な科学者」などではない。
「科学者とはいえない人」だったのである。
それを見抜けずに後押しまでした有能な科学者たちを責める声もある。しかし、相互の信用をベース
に成り立っている科学の世界で、共同研究者をどこまで疑うのか、あるいは信じるのか。とくに
さまざまな分野のエキスパートが共同で実験し1本の論文を書き上げる生命科学の分野では、疑い
始めればきりがなくなってしまう。相互信頼のベースとなる博士号の存在意義すら揺るがしかねない。
度重なる見逃しと信用の連鎖、異例の事件
もしほんとうに責任を追及するのであれば、不正な研究を見逃した理研や博士号を授与してしまった
早稲田大学(現在は1年内に再提出という猶予付きの取り消し)ばかりでなく、国費の浪費という観点
からは、博士課程1年目の時点で3年間の学術振興費を与えた日本学術振興会の選定担当者にまで
遡って責任追及すべきだろう。今回の信用の連鎖はその時点から始まったと見ることもできるからだ。
博士号取得後定職に就けない人が多い、いわゆるポスドク問題という背景もあり、科学研究の不正は
少なくないという。しかし、今回のように不正見逃しの連鎖が続いた事例はある意味で特殊であり、
今後も同じようなケースが続出するとは考えにくい。CDBで小保方氏と同時期に研究室主宰者に
取り立てられた優秀な若手もいる。システムが間違っていたという論も単純に過ぎるだろう。
CDBが、センター長が、理研トップが、と誰かに責任を被せてしまうのはたやすいが、
それでは真の解決は難しい。国費である研究費の出資者である国民に対する義務として、
科学者ひとりひとりが襟を正し、自覚を持つことしか、解決の道はない。

捏造の科学者 STAP細胞事件捏造の科学者 STAP細胞事件
(2015/01/07)
須田 桃子

商品詳細を見る


一連のSTAP問題では様々な人が様々な意見を主張されていますが、わたしが感じることは、
国民が科学者を信頼しすぎているということです。
福島の原発事故でも同じような意見を持っていたのですが、STAP問題ではさらにそのように感じます。
小保方さんが何を考えていたのかは知りませんが、これまでもずっと「嘘」をつき続けて
問題なくやってこれたので、その延長線上でSTAP細胞ができたと発表したのではないでしょうか?
虚偽の論文を書いても、多くの場合、問題は発覚しません。
STAP論文とは違って多くの論文は注目されることなく終わりますから、「嘘」はバレません。
再現ができない論文などそれこそ山のようにありますが、執筆者が「コツ」のようなものを
隠していることもある程度は認められているわけですから、どれが虚偽なのかは分かりません。
スポーツ選手が尊敬できるのは、「実力」であることが疑いようのない事実であるからであり、
科学者の場合、中村教授や山中教授のように、その技術が他の人に利用できるものであることが
確認されないと、「実績」は海のものとも山のものともさっぱり分かりません。
論文は基本的に査読者次第ですから、それだけで信用できるようなものではないのです。
査読者はボランティアみたいなものですし、人間誰だって「仲間うち」には甘くなるものです。
逆に言えば、後から間違っていることが分かっても、それが虚偽だともいえないのです。

科学者が正直者であろうと嘘つきであろうと、それ自体はどうでもいいことなのですが、
科学の研究には多くの国費(=国民の税金)が投じられていることから、国民の目が必要になるのです。
総じていえば、多くの研究が税金の無駄遣いになっています。
ここで誤解してもらいたくないのですが、すべての研究が実用的な成果を目的としているわけではない
ので、実用的な成果が得られない研究はすべて無駄であると言っているのではありません。
しかし、巨額の予算がつくものは、国による投資であると考えるべきです。
公共事業が無駄だという批判があります。確かに無駄なものもありますしチェックは必要なのですが、
一応、モノはできています。また、無駄な公共事業に対する国民の目も厳しくなっています。
例えば、日本共産党は大型公共事業に反対していますが、大型科学振興費に反対という主張は
聞いたことがありません。科学振興費に対する国民の目は甘いのです。
日本の財政に余裕のあるときでしたら、悠長なこともいっておれるかもしれませんが、
多くの国民が「生活が苦しくなっている」と感じている時代に、一部の科学者が主張する
「幅広い基礎研究が日本の科学技術を支えている」などというお題目に騙されてはいけません。
なぜ、このお題目がダメかといいますと、このような言いかたをしている限り、
いくらでも無駄遣いが生まれ、いくらでも無駄遣いが許容されるからです。

科学者に対して厳しいことを言い過ぎだという意見もあるでしょうが、実は、科学者よりも、
政治家や行政の責任のほうが大きいのです。最大の問題は、成果をあげるのは科学者で、
行政は「金配り」をすればよいという姿勢に終始していることです。
はじめになすべきことは、国がビジョンを持ち、日本として取組むドメインを明確にし、
そのうえで戦略上必要となる科学技術についての予算を定め、国が科学者に要請すべきです。
ミッションは科学者が決めることではなく、予算を出すほうが決めなければなりません。
科学者は研究しているだけです。科学技術戦略のマネジメントをしているわけではありません。
日本には優秀な専門家は数多くいるのですが、全体を統括できる人があまりいません。実は、一人一人の
研究成果がないのではなく、「研究と研究のつながり」が悪いのです。
一般に研究者は人づき合いが得意ではありません(人づき合いの得意でない人が研究者になって
いるというほうが正確でしょうか?)ので、他人目線で物事を考えることができるような幅広い視点など
持っていません。逆に、自分の専門分野に集中できる人が優秀な研究者であるともいえるでしょう。
また、多くの学問領域では、仮説を立ててそれを固有の手法で検証して結論を導くというディシプリンを
持っており、そのディシプリンを超えることは科学者の仕事ではないのです
(勿論、小保方さんは科学の原則を踏みはずしています)。
さらにいうなら、自然科学におけるディシプリンには規範性(こうあるべきだという価値)は含まれません。
極端な例でいえば、「人殺しにしか使えない技術」でも、科学的進歩のひとつになるということです。
単なる予算申請や管理ではなく、科学者をマネジメントする人材やシステムを構築していかなければ、
これからも科学者の能力、自覚と良心に頼るしかないということになります。

さて、前記事の問題の続きですが、この計算だけでも独立した問題になるように思います。
受験勉強から離れて25年たった人間が、θ・sinθの積分のしかたなど覚えているはずもありませんが、
理系の受験生のかたは解きかたを知っておく必要があります。水色の枠に囲まれた法則などを使えと
いわれても積分できないようでしたら、積分の意味をもう一度再確認してみてください。
これで、最終的な解答まで計算できるでしょう。

東大数学3

東大数学4

問題と答え合わせは以下のサイトを参考にしております。
難関大学への数学 > 微分積分(図形) > 2007-12-14 四角錐と円柱、求積の基本




2015_02_12


次の英文を和訳せよ。(解説は後半)
This disbelief is quite understandable and results from a very common
but mistaken conception of what mathematics really is.

これを、グーグルの翻訳にかけるとこうなります。
「この不信感は非常に理解しやすいとの非常に共通だが誤解概念から
生じます 何数学は本当にあります。」
今、何かとディープラーニングが話題になっていますが、
本当にコンピューターは学習できるようになるのでしょうか?
ぜひ、実用的な英語翻訳の実現を!できるだけ早く!


機械翻訳の難しさ ~人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの 松尾 豊~
機械翻訳は、人工知能が始まって以来、数十年にわたって研究されているが、困難な課題のひとつである。
1990年代からの「統計的自然言語処理」によって、性能は大きく向上した。グーグル翻訳などは
すばらしい技術ではあるが、それでも、翻訳の精度はまだ実用に耐えるものではない。
コンピューターが勝手に翻訳してくれるようになれば、日本人も英語の勉強にこんなに苦労しなくても
すむのだが、機械翻訳というのは、非常に難易度が高い技術である。
何がそれほど難しいのだろうか。たとえば、こんな例文を考えてみよう。
「He saw a woman in the garden with a telescope.」
(逐語訳をすると「彼 見た 女性 庭の中で 望遠鏡で」となる)
たいていの人は、これを「彼は望遠鏡で、庭にいる女性を見た」と訳す。
 読者の方もおそらくはそう読んだのではないかと思う。
 ところが、実は、この解釈は文法的には一意に定まらないのである。
 庭にいるのは彼なのか、それとも女性なのか。
 望遠鏡を持っているのは彼なのか、女性なのか。
 実際、グーグル翻訳では、「彼は望遠鏡で庭で女性を見た」と訳される。(中略)
 単純な1つの文を訳すだけでも、一般常識がなければうまく訳せない。
 ここに機械翻訳の難しさがある。一般常識をコンピューターが扱うためには、
 人間が持っている書ききれないくらい膨大な知識を扱う必要があり、
 きわめて困難である。コンピューターが知識を獲得することの難しさを、
 人工知能の分野では「知識獲得のボトルネック」という。


恐るべし「and」「but」。何と何を結ぶかは文法的には確定できない。
下の図のように描かれていれば、理解できるのですが・・・
英文構造1
英語 構文の見破り術 その1」を元にして図を作成

(直訳)この不信は全く理解できるものであり、数学が実際のところ
何であるかという、とても一般的であるが誤った概念に起因する。



2015_05_03


ジョブズ名言2人間もコンピューターも学習が大切。
本当の学習は覚えることではありません。
自分が何をすべきかを決定することです。
決定したものについては、
ちょっとやそっとのことでは揺るがない
強さを持っていなければなりません。
過酷な環境においても絶対に崩れない
頑健性が必要なのです。
そのためには膨大なパワーを要します。
人にとってもコンピューターにとっても。
天才とは・・・
次の英文を和訳せよ。(解説は後半)
Genius is one who can take pains and keep at one thing and not,
as is generally thought, one who dashes off work.

これを、グーグルの翻訳にかけるとこうなります。
「天才は、痛みを取ると、一般的に考えられているように、一つのこと
ではなく、維持することができます1、仕事を離れてダッシュです。」
申し訳ありませんが、全くもって意味が分かりません。


なぜいままで人工知能が実現しなかったのか
~人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの 松尾 豊~
(前略)機械学習では、何を特徴量とするかは人間が決めないといけなかったということである。
人間がうまく特徴量を設計すれば機械学習はうまく働き、そうでなければうまく動かない。これらの
問題は、結局、同じひとつのことを指している。いままで人工知能が実現しなかったのは、「世界から
どの特徴に注目して情報を取り出すべきか」に関して、人間の手を借りなければならなかったからだ。
つまり、コンピューターが与えられたデータから注目すべき特徴を見つけ、その特徴の程度を表す
「特徴量」を得ることができれば、機械学習における「特徴量設計」の問題はクリアできる。
  ディープラーニングが新時代を切り開く
(前略)ディープラーニングは、データをともに、コンピューターが自ら特徴量を
 つくり出す。人間が特徴量を設計するのではなく、コンピューターが自ら
 高次の特徴量を獲得し、それをもとに画像を分類できるようになる。
 ディープラーニングによって、これまで人間が介在しなければならなかった
 領域に、ついに人工知能が一歩踏み込んだのだ。(中略)
 ディープラーニングに代表される「特徴表現学習」は、黎明期の革新的な
 発見・発明に匹敵するような大発明だ。特徴表現をコンピューターが
 自らつくり出すことは、それくらい大きな飛躍なのである。(中略)
 とはいえ、ディープラーニングによって人工知能が実現するというのは
 短絡的すぎるし、いまのディープラーニングは足りないところだらけだ。

今回も、恐るべし「and」。特に2つ目の「and」は、挿入句付きの難所に
なっています。下の図のように描かれていれば、理解できるのですが・・・

英文構造2
英語 構文の見破り術 その1」を元にして図を作成

(直訳)天才は、苦労して一つの事を続けていける人であり、一般的に
考えられているような、一気に仕事を仕上げる人ではありません。




2015_05_05


読書の4つの大事さについて語ってみる (2014年10月8日 もりべや
1.違う考えに触れる大切さ
本は著者の考えが詰まっており、読者にわかりやすいように書かれている。
それを読むだけで、「ああ、こういう考えや見方があるのか」と新しい世界、新しい考えが生まれる。
それが解決策にならなくても、知ることで今の問題や悩み、葛藤を違った角度や離れた場所から
見ることができる。これが大切な読書の意義だと思う。
2.道が切り開ける
他人の考えを知ることで、新しいものが見つかる可能性がある。
知らない世界を知ることだったり、仕事について新しいアイディアをもらったり。
多くの成功者が読書のおかげで、成功している事実も見逃せない。成功するには勤勉さが大事。
その一歩が読書だと思う。ちなみに、成功は金銭的な成功に限定したものじゃない。
家庭生活、人間関係、健康などたくさんある。
3.生産的なことに没頭する大切さ
仕事以外に没頭できるものがあれば、仕事もほどほどにして、そちらもしたいとなる。
それがゲームだと、悪いとはいえないけど、生産的でないので周りの目は冷ややかになる。
これが読書であれば、割に歓迎される。
そうして、読書をしていくと不思議なほどに頭が澄んできて、洗練される気がする。
4.情熱がよみがえる
世の中にブームがあるように、個人内にも波があります。あれだけ熱心にのめり込んでいた
ものが、色褪せる。そういう時は無理せずに続けずに距離を置くことも大事。
同じように気持ちが前向かなくなることもある。読書をすると、不思議に気持ちが蘇る。

読書猫
はてなフォトライフ > ティアの落書き > イラスト >f:id:tia_xx:20091114141357p:image

By focusing on accountability, people take a bigger view of themselves.
That’s not vanity, not pride, but it is self-respect and self-confidence.
It’s something that, once gained, can’t be taken away from a person.
It’s outside of me but also inside of me.
(訳は記事の最後)

 本には色々なタイプのものがあるでしょうが、買って読むのなら、難しいことは書かれて
 いないけれど奥が深い内容の書かれた本がいいでしょう。一度読んだだけで理解できる内容
 というのは、既に自分がある程度分かっていることなのです。自分の思ってもみないことを
 知るためには、二度、三度と読んでみて、新たな「気づき」や「発見」をすることが大切です。
 著者が日本人でない場合、英語と日本語の両方を読むことは、著者の言葉をかみしめる
 という観点から、意味があります(日本語がないと、自分の解釈が正しいかが分からない)。
 奥の深い内容は、翻訳者もどう訳せばよいか悩むのではないでしょうか?
 読書をしながら、人生論、マネジメント、英語を同時に学ぶのは効率的だと思いませんか?
 この点からすると、ドラッカーの文章はとても役に立ちます。
 ドラッカーの文章はなんとなくなら分かるのですが、真意をつかむのはとても難しいです。

責任といえば、accountabilityとresponsibilityの2つがあります。日本語で「アカウンタビリティ」は説明責任
という意味で使われていますが、accountabilityは、外部に対して負っている責任というニュアンスがあるように
思います。ドラッカーの意図を汲んで考えると、果たすべき貢献に関する結果責任という感じでしょうか?
ドラッカーは「肩書や地位がいかに高くとも、権限に焦点をあわせる者は、自らが単に誰かの部下であること
を告白しているに過ぎない。これに対し、いかに若い新入りであろうと、貢献に焦点をあわせ成果に責任を
もつ者は、もっとも厳格な意味においてトップマネジメントの一員である」と言っています。
日本の大企業の(生え抜き)社長は自分の権限には焦点を合わせているくせに、accountabilityを軽視する
傾向がないでしょうか?例えば、原発事故が起きたときの東京電力の社長・・・
自分にaccountabilityがあるという自覚が完全に欠如しています。会社を変えなくていいのならよいのですが、
痛みを伴う改革を断行しなければならない状況におかれたとき、会社がそこそこ利益を出している状況で、
生え抜き社長に改革ができるでしょうか?きっと、前任の社長を否定するような経営判断はできないでしょう。
一般的にいえば、創業者や跡取り社長のほうが、accountabilityを自覚しているような感じがします。
bigも意外に難しいように思います。ここでは、自分自身を以前よりbigな視点で見るようになるということです。
日本語で「ビッグになる」というと「大物になる」という意味ですが、bigにもそういう意味があります。
ですので、その次の文章で前文を受けて(that is)、bigに関する説明をしています。
しかし、その次の文章は、it isになっています。さらにその次の文章も、it isになっています。これは、
「前文を受けてthat、それは・・・となる。そして、その次の文章では、thatではなくitを用いる。
つまり、第1文→ 第2文では前文をthatで受ける→ 第3文以降は it で受ける」ということです。
このような形をした文章を直訳することは可能ですが、読みやすい日本語には訳しにくいと思います。

外なる成長、内なる成長 ~ドラッカー名言集 P.F.ドラッカー~
責任に焦点を合わせるとき、人は自らについてより大きな見方をするようになる。
うぬぼれやプライドではない。誇りと自信である。一度身につけてしまえば失うことのない何かである。
目指すべきは、外なる成長であり、内なる成長である。


2015_05_11


<慶応大学理工学部入試問題>
初恋の物語とは我々が両親と離れようとすること、独立してほかと異なる人になることに関するものである。
通例我々はこの分離への第一歩において初恋を選択する。我々の一部は、両親と非常にタイプの異なる相手
あるいは両親が強く不同意を訴えるであろう相手を選択する。両親から離れることについて罪悪感がなければ、
我々はタイプの異なる相手を選択して我々自身にその関係における( 1 )を与えることもあろう。
両親から離れることについて罪悪感のある人々は同じことをすることもあろうが、彼らは最終的に同じほど
幸せになる可能性が高くはない。
 また我々の一部は、同様の生い立ちである人、あるいは少なくとも両親が理想的と考える人を初恋対象
に選択する。これにより我々はふたつのいい所取りが可能であり、独立しているが独立していないという状況
になることが可能である。それゆえ、結婚生活は我々が育った環境とほとんど区別できなくなる。
 我々の両親から離れていることに関する罪悪感は、意識していようといまいと非常に一般的に存するものである。
それは、我々に離れる許しを与えず、もし我々が我々自身の幸福を追求する目的で両親の元を離れるのならば
彼らが(両親)が酷く傷つくであろうと我々に知らしめる両親によって引き起こされる。この( 2 )と共に育った
子どもはしばしば、まったく異なる世界の出自である相手を選択することにより反抗する。この人が、子どもの
困難な断絶を行う手助けをするのだ。しかし罪悪感が時に子どもに自らを粗雑に扱う相手を選択させることもあり、
あたかもこれは両親に反抗したことに対しての( 3 )であるかのようである。
 後年、「初恋」の物語はしばしば再度重要になる。中高年になって、我々が若さや青春の喪失を惜しむとき、
我々がかつて知っていた、あるいは愛していた人との再会に空想を馳せるのはありがちなことである。
その人も歳を取っているわけだが、恐らく彼あるいは彼女は若いころの我々を覚えているし、ある程度若い時期を
共有していたのである。我々はその人の瞳に映された若い我々自身を見たいと望み、それによって我々がかつて、
何でもすべてが( 4 )と思っていたころの自分とつながることができるのである。
 ほかのすべてのロマンティックなシナリオと同様に、初恋の人との再会についての晩年の空想は、時計の針を
巻き戻し、我々自身の若さを取り戻し、物事を異なる方向に転換させたい、という願望を象徴している。
我々は、愛が純粋に感じられ、計算と皮肉によって損なわれていないころと再びつながりを持ちたいのである。
あるいは、当時彼あるいは彼女が非常に近寄りがたく思えたか自分が弱すぎて試せなかったかしたので、
遠くからしか愛せなかった人の心を勝ち得るために過去に戻りたくなるのである。

 [A] 空所( 1 )~( 4 )に入る最も適切な話を選べ。
 (1)1.重荷 2.喜び 3.反逆 4.抵抗
 (2)1.コミュニケーション 2.言い訳 3.メッセージ 4.人格
 (3)1.自己防衛 2.自己同一性 3.自己正当化 4.自己罰
 (4)1.決意した 2.重要である 3.可能である 4.予言できる

 [B] 英文全体の内容を最も簡潔に表すものを選べ。
 1.理想の相手を探すこと 2.初恋に打ち勝つこと 3.親の分離とアイデンティティ 
 4.純粋な愛の幻想 5.初恋を理解すること

 [C] 本文の内容に一致するものを4つ選べ。
1.罪の意識に駆られて、一部には意図的に自らを傷つける人もいる
2.初恋は我々の両親の価値を問うことに由来する
3.人々は青年期に自分たちに背を向ける人々を誘惑したいと願う
4.人々は愛の多様な状況を承知するべきである
5.一部の人は両親の代替物を両親に賞賛される人物を選択することによって見つける。
6.初恋の人の目に映る自己像を通じて、我々は青春時代を取り戻したいと願う。
7.我々は空想の対象物を取り戻せば無邪気だった時代に戻れると信じている
8.我々は一般に、昔に失った初恋の人と再婚することを空想する
9.昔の自らの様を思い出すとき、我々は過去の過ちを抹消したいと願う (和田式受験英語攻略法より)

はじめにお断りしておきますが、この勉強法は「英語が嫌いな人」
のためのものです。英語の勉強が苦にならない人にはおすすめしません。


英語も日本語で勉強する
アルク: 英語学習・TOEIC対策・英辞郎 on the WEB > TOEICテスト対策
> 1日10分 日本語からはじめるTOEIC(R)テスト Light

やり方は簡単。英語を読まずに、日本語で問題を解いてみるのです。
まずは直訳調の"変な"日本語に慣れる必要があります。
後は、問題の"クセ"を把握して、解く"コツ"をつかむことです。

具体的に言いますと・・・
A(1):問題の次の文章と対比すれば分かります。「幸せ」に近い言葉が答えです。正解は2。
A(2):直前の文章に書かれている「・・・」ですから、正解は3。
A(3):自分が両親にした過ちを、自分で引き受けようとしているわけですから、正解は4。
A(4):これは前後関係がなくても分かります。若いころは「なんでも・・・」と思うものです。正解は3。
B:ポイントは文章全体で何を言っているかです。前半部分は、両親との関係と初恋の関連について
書いていますが、後半は、中高年になったときの初恋の意味について書いています。つまり、
文章全体ということならば、"初恋について"書かれているのです。ですから、最も近いのは5。
C:この手の問題は、一致しそうにないものを探します。2,4,8,9については、そのような内容は
書かれていません。残りは、1,3,5,6,7ですので、このなかから1つ除外しなければいけません。
これはちょっと難しいですが、本文の主張は、「人々は青年期に自分たちに背を向ける人々を、
現実に誘惑したいと願う」のではなく、「自分たちに背を向けた人々の心を自分に向けるために
過去に戻ることを、空想として願う」ということなので、3を除外して、正解は1,5,6,7。
この方法は、英語の勉強にはなっていませんが、
英語の問題を解く技術としては役に立ちます。




2015_06_20


女子教育「コサイン教えて何になる」 鹿児島知事、撤回 (8月28日 朝日新聞デジタル)
鹿児島県の伊藤祐一郎知事が、27日に開かれた県の総合教育会議で、女性の高校教育のあり方について、
「高校でサイン、コサイン、タンジェントを教えて何になるのか」「それよりもう少し社会の事象とか植物の
花や草の名前を教えた方がいいのかなあ」と述べていたことが分かった。知事は28日の定例記者会見で
花の名前を答えよ 「口が滑った。女性を蔑視しようと
 いうことではない」と発言を撤回する
 考えを示した。総合教育会議での
 発言は、25日に公表された全国
 学力・学習状況調査の結果について、
 知事の目標設定を問われた場面
 だったという。知事は28日の記者
 会見で「サイン、コサイン、
 タンジェントの公式をみなさん
 覚えていますか。私もサイン、
 コサインを人生で1回
 使いました」と釈明した。

<写真> お花 大好き/ウェブリブログ 2010年4月27日 <写真中の写真> 朝日新聞デジタル

鹿児島県知事は、本音では、女子教育に数学は必要ではないと思って
いるのでしょうが、大学受験では、男女を問わず、三角関数は必要です。
三角関数の特徴は、暗記しておかなければならない公式が多いことです。
受験から20年以上たった人間は、勿論、覚えているはずがありません。
つまり、三角関数なんぞ、社会では使わないということでしょうか?
知事の言いたいことは分かりますが、女子教育に関する場でこれを言えば、
「男子にはいるが、女子にはいらない」と言っていることになります。
覚えてはいないけど、時間があれば公式は導出できるはずだと思い、
加法定理を導出する問題をつくってみました。

(探せば、似たような問題があるかもしれませんが・・・)
                           <問1>点A、Bは、原点を中心とする半径1
加法定理の問題の円周上にある。点Xを(1,0)とする。
ベクトルOXとベクトルOAのなす角をα、
ベクトルOAとベクトルOBのなす角をβ
としたとき、点Bの座標(x、y)を、
αとβを用いて示せ。図に示すように、
点Aは第一象限にあることとする。
また、点Bがとり得る点は2つあるので、
この2点を示さなければならない。
<問2>ベクトルの内積の概念などを
用いて、問1の答えを導出せよ。
ただし、0<α< Π/4のときを証明
すればよいものとする。 (Π:パイ)
花の名前を含めて、次の記事で・・・
三角関数の加法定理を覚えていれば、問1は簡単ですね w(゚o゚)w
(1)sin(α+β)=sinα・cosβ+cosα・sinβ
(2)sin(α-β)=sinα・cosβ-cosα・sinβ
(3)cos(α+β)=cosα・cosβ-sinα・sinβ
(4)cos(α-β)=cosα・cosβ+sinα・sinβ



2015_08_29


鎌倉市図書館のツイート「学校がつらい子は図書館へ」 一時は削除も検討 (8月27日 ハフィントンポスト)
神奈川県鎌倉市の鎌倉市中央図書館が8月26日、Twitterの公式アカウントから「学校が始まるのが死ぬほど
つらい子は、図書館へいらっしゃい」と呼びかけた投稿に対し、反響が広まっている。投稿から1日が経過し、
Twitterでは6万RTを超えているほか、新聞社やネットメディアが報道、多くの人たちの共感を呼んで鎌倉市
図書館に対する賞賛の声が上がっているが、市教育委員会内部で同日、ツイートの削除を検討していたこと
が明らかになった。学校教育に対し、不適切ともとられる表現を使っていたためだ。しかし、図書館側がその
意図を説明、好意的な反響も多かったことから、削除はしない判断を下したという。
鎌倉市図書館
鎌倉市中央図書館によると、話題になっているツイートは、同図書館の司書、河合真帆さんが投稿したもの。
2学期が始まる9月1日、子どもの自殺が多いことを知り、その防止のために投稿した。ところが、
「学校を休んで」や「学校へ行くくらいなら」など、学校へ行かなくてもいいとも受け止められる部分が、
学校教育と図書館を管轄する鎌倉市教育委員会内部で「不適切な表現では」と議論になったという。教育長や
教育委員会教育部長、中央図書館長らが話し合ったところ、「投稿を削除するべき」という意見も出たが、
図書館側が「子どもたちに自殺しないでほしいという思いで書いたもの」と説明、ツイートはこのまま残すこと
に決定した。中央図書館の菊池隆館長は、「皆さんが共感を持ってくださった。今後も図書館のTwitterは
継続していきます」と話している。

日本の社会には逃げ場がありません。
学校はその典型的な場所で、「苦しめられている」子にとっては、
軍隊に強制入隊させられているようなものです。
日本は平和国家で、戦後、戦死者を出していません。
しかし、「戦死者を出さない」≠「命を大切にしている」です。
今の日本人にとって、「戦争の悲惨さ」は過去のものですが、
「自殺に追い込まれる悲惨さ」は、まさに現在形です。
「二度と自殺者を出さない」という誓いは、
「二度と戦死者を出さない」という誓い以上に、心に響きます。
日本が、生きづらい社会になっていることは間違いありません。

自殺者数長期的推移
内閣府 自殺対策
共生社会政策トップ > 自殺対策 > 自殺対策白書 > 平成27年版自殺対策白書 自殺者数の推移

本当のところ、生きる意味など誰にも分からないのです。
ただ生きる・・・忘れな草のように・・・それだけです。


なんで、忘れな草なのかというと・・・前記事の答えが・・・
ワスレナグサ(ミオソティス) ミオマルク
忘れな草の花色は淡い水色でなんともいえないかわいさがありますが、ミオマルクは花が大きく、その色の
かわいさが一層引き立ちます。コンパクトな性質でブッシーに生育し、春先には株一面に花を咲かせます。

円の象限とベクトル

受験勉強なんぞどうでもいいような話をしていながら、矛盾しているのですが・・・
<前記事の問1の答え>
点Bは(cosα・cosβ-sinα・sinβ, sinα・cosβ+cosα・sinβ)と
(cosα・cosβ+sinα・sinβ, sinα・cosβ-cosα・sinβ)の2点です。
※問題に問題がありました。
<問1>点A、Bは、原点を中心とする半径1の円周上にある。点Xを(1,0)とする。
ベクトルOXとベクトルOAのなす角をα、ベクトルOAとベクトルOBのなす角をβ
としたとき、点Bの座標(x,y)を、sinα,sinβ,cosα,cosβを用いて示せ。図に示すように、
点Aは第一象限にあることとする。また、点Bがとり得る点は2つあるので、
この2点を示さなければならない。・・・とすべきでした。

一般に、X軸となす角がθのとき、原点を中心とする半径1の円周上にある点は、(cosθ,sinθ)で
示されます。このとき、第四象限にある点は、θが負の値になるようにしておけばいいのです。
上記の点Bについて、α=0,β=Π/6を代入してみますと、
点Bは、(cos(Π/6),sin(Π/6))と(cos(Π/6),-sin(Π/6))となります。
θが-Π/6のときの点は、(cos(-Π/6),sin(-Π/6))ですが、
cosθ=cos(-θ)、-sinθ=sin(-θ)なので、θ=(α―β)である点Bと一致します。
三角関数って本当にうまくできている!
では、実社会で役立ったことがあるのかって?・・・ないな。(続く)


問2には以下の知識が必要です。
ベクトルの内積
<出典> 高校数学の基本問題 > 数B [ 平面上のベクトル ] > ベクトル内積の定義



2015_08_31


「国民の理解得られない」…新エンブレム公募へ (9月1日 読売新聞 YOMIURI ONLINE)
2020年東京五輪の大会エンブレムがベルギーの劇場のロゴマークに似ていると指摘された問題で、
大会組織委員会は1日、五輪、パラリンピック両方のエンブレムの使用を取りやめることを発表した。
同日夕の記者会見で、組織委の武藤敏郎事務総長は「エンブレムはベルギーのマークとは異なるものだが、
使い続けることに国民の理解が得られない」と理由を説明した。組織委は今後、新たなエンブレムを再公募する。
武藤事務総長は取りやめを検討するきっかけとして、アートディレクター・佐野研二郎氏(43)の応募段階の
原案を公表した8月28日の記者会見後、その原案が13年に都内で開かれた展覧会「ヤン・チヒョルト展」
のポスターに類似しているとの指摘があったことを挙げた。佐野氏が組織委に提出したエンブレムの
活用イメージ2点が、インターネットの個人サイトにあった羽田空港や渋谷駅前の画像を無断で流用したと
の指摘もあったため、組織委は1日午前、佐野氏と面談し、説明を求めた。佐野氏はポスターとの類似
について、展覧会に行ったことは認めたが、「どういうものだったか記憶になく、模倣していない」と説明。
個人サイトからの流用は認め、「公開前に権利者の了解を得るのを怠った」と釈明したという。

梅野デザイン

日本には優秀なデザイナーが大勢おられると思うのですが、
どうして佐野氏だったのでしょう。コンペにおける選出の経緯は、
一体、どういったものだったのでしょうか?
大学生なら、レポートを書くときは必ず思うでしょう。
コピペするのと自分で書くのと、労力と結果の大きな違いに!
コピペすれば、誤字・脱字はないし、内容も自分が書くのよりも優れている!
ただし、良い(もしくは正しい)ものをコピペした場合に限ります
(同じ箇所が間違っているものを皆がコピペすると確実にバレます)。

エンブレム復刻版  新国立競技場の問題でもそうですが、
 選びかたが疑問です。
 「実は、佐野さんのデザインはコンペで
 優秀だとされたのではなく、コピペで優秀だ
 ということで選ばれたのです」(冗談です!)
 いっそのこと、前回の東京オリンピックの
 エンブレムをコピペしたらどうでしょう。
 コピペのほうがいいことも多々あります。


三角関数問題解答<前記事の続き:問2>
利用する条件は2つです。
ひとつは、内積の定理
(前記事の一番下の図の
(1)と(2)を使います)。
もうひとつは、点Bが
半径1の円周上にあること
(つまり、x2+y2=1)です。
つまり、xかyのどちらかを消して、
xかyの2次方程式を解けばいい。








sin2α・cos2β+cos2α-cos2β の計算
sin2α・cos2β+cos2α-cos2β=cos2β(sin2α-1) +cos2α
=-cos2β・cos2α+cos2α=cos2α(-cos2β+1)=cos2α・sin2β
1-(sinα・cosβ+cosα・sinβ)2 の計算
1-(sinα・cosβ+cosα・sinβ)2=1-(sin2α・cos2β+2sinα・sinβ・cosα・cosβ+cos2α・sin2β)
=(sin2α+cos2α)-(sin2α・cos2β+2sinα・sinβ・cosα・cosβ+cos2α・sin2β)
=sin2α(1-cos2β)-2sinα・sinβ・cosα・cosβ+cos2α(1-sin2β)
=sin2α・sin2β-2sinα・sinβ・cosα・cosβ+cos2α・cos2β=(sinα・sinβ-cosα・cosβ)2
1-(sinα・cosβ-cosα・sinβ)2 の計算
1-(sinα・cosβ-cosα・sinβ)2=1-(sin2α・cos2β-2sinα・sinβ・cosα・cosβ+cos2α・sin2β)
=(sin2α+cos2α)-(sin2α・cos2β-2sinα・sinβ・cosα・cosβ+cos2α・sin2β)
=sin2α(1-cos2β)+2sinα・sinβ・cosα・cosβ+cos2α(1-sin2β)
=sin2α・sin2β+2sinα・sinβ・cosα・cosβ+cos2α・cos2β=(sinα・sinβ+cosα・cosβ)2

うーん。答えが4つになってしまいましたが、実際は2つです。どうやって証明すればよいのだろう?
どこかの問題をコピペすればよかった。自分で発案すれば、まず失敗します(言い訳)。続く・・・多分



2015_09_02


韓国大統領が習国家主席と会談、北朝鮮問題で中国の役割に謝意 (9月2日 ロイター)
中国軍事パレード 韓国の朴槿恵大統領は2日、中国を訪問し、北京で習近平国家主席
 と会談した。会談で朴大統領は、朝鮮半島の緊張を緩和するため
 「中国が建設的な役割を果たした」と述べ、感謝の意を伝えた。
 また、韓国大統領府によると、朴大統領は習国家主席に対し
 「朝鮮半島の政治情勢について、率直な意見交換をしたい」
 と話したという。韓国と北朝鮮は先週、非武装地帯(DMZ)
 で起きた地雷爆発事件に端を発して高まった緊張の緩和に向けた
 措置に合意していた。 3日間の日程で訪中している朴大統領は、
 3日に抗日戦勝70周年の軍事パレードに出席する予定。

韓国、「事大主義」と指摘の産経コラム削除要請 (9月2日 読売新聞 YOMIURI ONLINE)
韓国政府は1日、産経新聞が8月31日に電子版で掲載した韓国外交批判のコラムについて、同新聞に記事の削除と再発防止を求めた。
産経新聞広報部によると、駐日韓国大使館の職員が1日、同新聞東京本社を訪れ、「韓国外交、政策全般に理解の不足、認識の違い
がある」と発言。「日韓関係に否定的な影響がある」とも述べた。コラムは「米中二股 韓国が断ち切れぬ『民族の悪い遺産』」
と題し、同紙の政治部専門委員が執筆。朴槿恵パククネ大統領が3日に北京で行われる中国の「抗日戦争勝利70年」記念式の
軍事パレードに出席することなどを挙げ、韓国外交は「事大主義」で、「強国に弱国が付き従う外交形態」と指摘した。また、
「李氏朝鮮には、朴大統領のような女性の権力者がいた」とし、朝鮮王朝の王妃・閔妃ミンビ(明成皇后)(1851~95年)
の生涯を紹介した。閔妃は朝鮮王朝の末期、排日政策を取ろうとしたが、日本人軍人らに殺害された。

 半島国家の悲しき世界観 ( iRONNA 『Voice』 2014年11月号)
 事大主義とは何か(半島国家の悲しき世界観 宮家邦彦)
 日本の嫌韓派の人々が韓国を批判する際によく使う言葉が、「事大主義」の弊害なるものだ。事大主義と
 いっても若い読者はあまりピンと来ないだろうが、北東ユーラシアの地政学を理解するうえで、
 「事大主義」は「華夷思想」「冊封体制」「朝貢関係」などとともに、必須の概念だといえよう。
 事大主義とは、「小」が「大」に事える、つまり、強い勢力には付き従うという行動様式であり、
 語源は『孟子』の「以小事大」である。国語辞典によれば、「はっきりした自分の主義、定見がなく、
 ただ勢力の強いものにつき従っていく」という意味で、たとえば次のように使われる。事大主義とは
 朝鮮の伝統的外交政策だ。大に事えるから事大。この大というのはむろん中国のことなのだが。
 つまり中国は韓国の上位にある国だったから、そこから侵略されても、ある程度仕方がないとあきらめる。
 しかし、日本は韓国より下位の国だ、だから侵略されると腹が立つ。上司になぐられても我慢できるが、
家来になぐられると腹が立つ、という心理だ。(2013年12月16日付『NEWSポストセブン』)
朝鮮は、中国に貢ぎ物をささげる朝貢国として存続してきた。大国に事える事大主義の伝統が抜きがたくある。日本が近代化に
懸命に汗を流しているころも、官僚らは惰眠をむさぼり、経済も軍事力も衰亡していた。その朝鮮を国家として独立させ、
西洋の進出に備えようというのが日本の姿勢だった。(2014年7月19日付『産経新聞』WEB版)
以上の例では、いずれも「小国である自国はその分を弁え、自国よりも大国の利益のために尽くすべきである」といった
「支配的勢力や風潮に迎合し自己保身を図る卑屈な考え」を意味している。いずれにせよ、決して良い意味では
使われていないようだ。コリア半島の歴代王朝は、漢族中華王朝だけでなく周辺の非漢民族王朝に対しても
「事大外交」を続けてきた。今風の言葉で言い換えれば、新羅・高麗・李朝などコリア半島に生まれた王朝の多くは、
漢族系、非漢族系を問わず、周辺の強大国家に対し「事大」して、自国の安全保障を確保してきたということだろう。
他方、新羅や高麗などは中華王朝と冊封関係に入りつつも、同時にこれら中華王朝と対決したり、自ら独自の年号を
使用したりするなど、きわめて柔軟で強かな外交を繰り広げたケースもある。
事大主義がすべて卑屈な追随外交というわけでもなかったのだ。

はっきり言って、韓国も現在の中国(共産党)も抗日勝利には関係ありません!
抗日勝利を祝うのなら、北朝鮮と現在の台湾(国民党)のほうが正統です!
誰でも、自分の欠点について、本当のことをズバリと言われると気分が悪いものです。
「強い者に媚びていい目をしよう」というのもひとつの価値観として尊重してあげる
べきです。どこの組織でもそのような人はいます。ただ、わたしたちは、中国が
「強い者」で、日本は「弱い者」と思われていることを認識しておかなくてはなりません。
事大主義エンブレム しかし、中国に媚びて「おこぼれ」にあずかれるかどうか?
 会社の派閥でもそうだと思いますが、
 媚びる相手を間違えると大変なことになります。
 アメリカに媚びるか?中国に媚びるか?
 韓国は悩んでいるのでしょう。
 記念に?事大主義エンブレムを作成してみました。

      <前記事の続き> α=Π/6, β=Π/2 のとき、
加法定理の証明例cosα・cosβ+sinα・sinβ=1/2,cosα・cosβ-sinα・sinβ=-1/2,
sinα・cosβ-cosα・sinβ=-√3/2, sinα・cosβ+cosα・sinβ=√3/2
図に示すように、α=Π/6, β=Π/2 のとき、点Bは、
(-1/2, √3/2),(1/2,-√3/2)の2点なので、
点Bは(cosα・cosβ-sinα・sinβ, sinα・cosβ+cosα・sinβ)と
(cosα・cosβ+sinα・sinβ, sinα・cosβ-cosα・sinβ)の2点。
これでは、満点にはならないでしょう。
α=Π/6, β=Π/2 以外のときはどうなるか分かりませんので。
満点をとりたいかたは自分で考えてください。
試験では、完璧を目指す必要はありません(居直り)。



2015_09_04


ねとらぼ

左利きの人は敬礼もつい、左手でしてしまうと思いますが、
左手での敬礼は、亡くなったかたへの畏敬の念を伝える意味があります。
「ねとらぼ」にそのようなことが書かれては・・・いませんが・・・


愛知県警が「星座から見た交通死亡事故の特徴」を公開 「気をつけよう」「星座占いなの?」と賛否両論
(9月4日 ねとらぼ)                    愛知県警察がWeb上に公開した資料
愛知県警星座「星座から見た交通死亡事故の特徴」が、
「イラストがかわいい!」「なにこれ星座
占い?」と話題になっています。
平成17年(2005年)~26年(2014年)までの
10年間に、同県内で発生した交通死亡
事故を分析し、星座別にまとめたもの。
おうし座は「速度の出し過ぎによる
事故が最多」、うお座は「高速道路で
の事故が最多」など特徴を紹介して
おり、星座によって注意が必要な
地域・月・曜日を記載しています。
資料には、「歩行時」「自転車利用時」
「高齢者別の交通事故による死亡者数」
「交通事故を起こすドライバー」「飲酒
運転」の5項目に関する星座ランキングも。
それによると、みずがめ座はすべての項目
で1~2位にランクインし、いて座は逆に
ほとんどの項目で低順位になっていました。
Twitter上では「当たってる」「今月は注意し
ないと」と参考にする人が現れている一方で、
星座と交通事故の間に因果関係があるとは
思えないなどの理由から、「非科学的」
「次は血液型別が来るかも」などの反応も。

確かに、この絵だけみると、占いにしか見えません。
科学では、統計的に有意であることを示さないと偶然の結果でないとはいえません。
データがないので断言はできませんが、この結果が有意であるとは思えません。
しかし、非科学的で何が悪い!みんなに関心をもってもらうことのほうが大切です!
それよりも、「有意だから科学的だ」というほうが疑わしいです。
一般的には、有意水準を5%にとる場合が多いのですが、
有意であるからといって、「偶然ではない」と決めつけるのは危険です!
逆に、有意でないからといって、「偶然だ」と断言できるわけでもありせん。
わたしには、有意水準を・・・%だと決める根拠が理解できません。

突然ですが・・・問題をつくってみました(今書いた内容と関連しています)。・・・続く

Editors of scientific journals, along with the referees they rely on, are really the arbiters of scientific practice.
They need to understand how statistical methods can be used to reach sound conclusions from data that
have been gathered. It is not sufficient to  insist  that authors use statistical methods―the methods
must be appropriate to the application. The most common and flagrant misuse of statistics, in my view,
is the testing of hypotheses, especially the vast majority of them known beforehand to be false.
With the hundreds of articles already published that decry the use of statistical hypothesis testing,
I was somewhat hesitant about writing another.  It  contains nothing new.
But still, reading The Journal of Wildlife Management makes me realize that the message
has not really reached the audience of wildlife biologists. Our work is important, so we should use
the best tools we have available.  Rarely, however, is that tool statistical hypothesis testing. _
<出典>”The Insignificance of Statistical Significance Testing” Douglas H. Johnson
    The Journal of Wildlife Management, Vol. 63, No. 3. (Jul., 1999), pp. 763-772.

arbiter:決定者,flagrant:はなはだしい,misuse:誤用,statistics:統計学,hypotheses:仮説
decry:~を非難する,wildlife management:野生生物管理,significance:有意(性)
問題:以下の問いに日本語で答えよ
(1) insist は力説するという意味ですが、誰が誰に力説するのですか?
(2) It は、具体的に何のことですか?
(3) Rarely, however, is that tool statistical hypothesis testing. をわかりやすく訳せ。



2015_09_06


※他の記事より移転
ヒント・・・答えは下のほうにあります
(1)前文のtheyは科学誌のeditors(編集者)なので、編集者が「統計的手法を使うように」と言う相手は・・・
(2)前文は、「わたしは、同じような(主張の)論文を書くことに幾分ためらった」という意味なので・・・
(3)通常、否定語句(neverやnot、onlyなど)が文頭にくる場合、以降の文章は倒置が起こります。

「英語公用化」ってアホちゃいますか!? (9月30日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
幼稚園や小学校から英語を学ばせる。高校の英語の授業では英語しか使わない。大学の授業の半分を英語でやる。
企業の公用語を英語にする。こういった極端な英語化の動きに、かねて深い違和感を持ってきた。品のない言い方を
すると、アホちゃうか、という感じだ。私たちは日本語で思考している。日本語が発生してからだと数千年以上、
古事記からだと1300年、明治から数えても150年。えんえんと蓄積されてきた言葉によって生活している。
心と頭と体の間を行ったり来たりする「言葉」
大阪人の私は日本語の中でも大阪弁で物事を考える。本を読んだり、人と語り合ったり、深夜にぼんやりしたり。
頭の中では、「こいつエエこと言いよる」「これはアカンわ」「ちゃうちゃう、そうとちゃう」
「これはこない考えるんやろ」などと、私の言葉たちは絶えず、心と頭と体の間を行ったり来たりしながら、
混沌(こんとん)として渦巻いている。そんなこと、母語以外でできるわけがない。英語では絶対にできない。
正直にいうと日本語の標準語でもできないかもしれない。
ところが、この感覚をうまく言葉で表現できないでいた。新聞社にいる時に同僚と議論していて、
「今どき、幼児から英語を勉強するのに反対する人はいないでしょう」と言われても、絶対に間違っていると
確信しているのにもかかわらず、うまく反論できずにいた。
世はグローバル化時代だ。英語化は大きな流れになっている。母語で考えることを徹底的に教えるべきだと
いう私の心の底からの思いを訴えても、語学の苦手な者の遠ぼえのように聞こえる気がしたのだ。(中略)
「英語化は社会を分断し、格差を固定化する」
著者は英語化がなぜ、日本人を不幸にするのか、多角的に懐深く説明していく。いくつか紹介しよう。
まず、英語学習に多大な時間がかかり、若者が時間を浪費することにつながりかねないことだ。
さらに英語が公用語化されれば、国の重要問題を論じられるのが、一部の特権階級に限られてしまうのも怖い。
つまり、英語化は社会を分断し、格差を固定化してしまう。国民の一体感も失われる。
創造性を発揮できるのは母語で思考する時だというのも、忘れてはならない視点だ。かつてに比べて中途半端な
日本語と、ネーティブに比較して中途半端な英語しか使えない若者を量産すれば、日本人の知的生産力は確実に
落ちるだろう。明治期の知識人たちは、哲学や宗教から社会科学や科学技術に至るまで、欧米の言葉の翻訳語を
いくつも生み出した。その成果で、西洋文明全体を私たちの母語である日本語に土着化させることができた。
このことによって、多くの人々の社会参加が可能になった。それが日本が急速な近代化を成し遂げる活力になった。
現代も日本語は、欧米圏以外で世界の最先端の高度な知にアクセスできる数少ない言語のひとつだ。(後略)

 【おもな内容】グローバル資本を利する搾取のための言語=英語。
 気鋭の政治学者が「英語化」政策の虚妄を撃つ!
 英語化を進めた大学に巨額の補助金を与えるスーパーグローバル大学創成支援から、
 果ては英語公用語特区の提案まで。日本社会を英語化する政策の暴走が始まった。
 英語化推進派のお題目は国際競争力の向上。しかし、英語化を推進すれば、
 日本経済は急速に力をなくすだろう。多数の国民が母国語で活躍してこそ国家と経済が
 発展していくという現代政治学最前線の分析から逆行することになるからだ。
 国際政治の力学から見ても、英語による文化支配のさらなる強化は、世界の不平等を
 拡大するだけだ。グローバル・エリートと国民一般との分断。「愚民化」を強いられた
 日本国民は、グローバル資本に仕える奴隷となるのか。
 英語化の罠を暴き、公正な世界秩序づくりへの処方箋を描く、衝撃作!

勿論、海外で活躍したい人や外資に就職したい人にとって英語は必要です。
そして、英語を勉強したい人が学べる環境は提供してあげるべきです。
しかし、英語が嫌いな人間にどうして英語を学ばせようとするのか?
多くの日本人にとって、「英語を読む必要性は全くない」とは言いませんが、
「英語を聞くことなし・話すことなし」なので、覚えられるはずがありません。
外国語が必須というなら、中国語を覚えたほうが少しは役に立ちそうな感じ。
英語を一生懸命勉強しても、英語が話せるようになるだけです。
英語をしゃべれる人が知的だというのならば、ほとんどのアメリカ人が知的だ
ということになります!アメリカ人の平均的な知的レベルって・・・
日本人が目指すべきは、英語で何かを表現することではなく、
アメリカ人が英語に翻訳したくなるような日本独自のものを生み出すことです!
とにもかくにも、日本人全員に英語は必要ありません!!
英語をいくら勉強しても知的にはなりません!!!
どうしても勉強しろというのなら、英語「で」何かを勉強すべきです。
英語の教科書は、書かれている内容そのものが勉強にはなりません。
英語で書かれている「内容」のほうを中心に勉強すべきです。
例えば・・・これを訳せますか?(つづく)

【WSJで学ぶ経済英語】第198回 モノのインターネット(IoT) 
(9月28日 ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)
The Internet of Things, where all things around you, on you and, soon, in you, begin to talk, offers
great potential to improve how well we will live in retirement and older age. These tech-enabled
services will support many people who live alone in retirement, often at a distance from family.
Just consider that more than 40% of women 65-years-old and older live alone.
For those providing care to an older loved one, the services enabled by the Internet of Things will
provide additional eyes, ears, and even a helping hand to stressed family caregivers.

※他の記事より移転
<前記事にある英語の問題の答え>
(1) 科学誌の編集者がその著者に・・・力説する
(2) 本論文
(3) しかしながら、統計的仮説検定が最も良い手段であることはめったにない。

※他の記事より移転
It that , It for to 構文で結論を先に言うクセをつけよう! (2013年11月16日 英語マスター街道)
英語を話したり書いたりする際に、「この日本語、どう英語に直せばいいのかな?」と迷うことはありませんか?
そして迷っている間に、話したり書いたりするタイミングを逸してしまい、結局発言できなかった...
などという経験をお持ちの方も多いはず。
こういう場合の処方箋として万能薬があります。それは中学で習う It that , It for to 構文です。
英語では、結論を先に言います。例えば
I am glad to know that you are fine. (あなたがお元気だと知ってうれしいです) などですね。
とにかく、結論(私は嬉しい)を言ってしまい、後からその理由を述べるわけです。日本語はこの逆ですよね。
理由(あなたがお元気だと知って)を述べてから、結論(私は嬉しい)を言うわけです。ですから英語を話したり
書いたりする場合には、「まず結論を言う」クセを身につけると、英語のスキルがぐっとアップします。
そして、「結論を先に言う」クセをつけるのに最適なのが It that , It for to 構文を使うことなのです。
It is の後に、まずは結論(それは〜だ!)と言い切ってしまいましょう。で、言い切っている間に、理由を何と
言うか考えるわけです。例えば、「君が試験に合格したなんて、本当にすごいね!」と言いたいときは、まず
最初に「すごいね」と結論を言います。It is great と言ってから、that と続けて以下、理由の部分を続けます。
It is great that you passed the examinaition. というわけです。
個人的には、It that 構文だけで、言いたいことの5割くらいは伝えられると感じています。もう一つ同様の構文、
It for to 構文を合わせれば、言いたいことの8割は言えるようになりますよ!





2015_10_04


【WSJで学ぶ経済英語】第198回 モノのインターネット(IoT) 
(9月28日 ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)
IoTニュース英文
身の回りのモノ、身体に装着したモノ、近いうちには体内にあるモノが喋りだす「モノのインターネット(IoT)」
は、われわれが退職して年金生活に入り、さらに老いていく中で、生活の質を大幅に改善する大きな潜在性を
秘めている。こうした先端技術によって可能になるサービスは、退職し、家族とも疎遠になった独居老人の
生活を支えてくれるだろう。65歳以上の女性の40%強が1人で生活しているのだ。IoTは、介護でストレスの
溜まった家族の目になり、耳になるだけでなく、援助の手さえ差し伸べるだろう。
【キーワード解説】
2014年末には世界の利用者が30億人を超えて普及率が42%にまで達しとたされるインターネット。
使い勝手の向上とともに今後ますます普及していくことが予想されるが、ネットの使い方として今後ますます
注目されそうなのが、「Internet of Things=モノのインターネット(IoT)」だ。
これはコンピューターなどの情報通信機器だけではなく、世の中に存在する商品にせよ、生き物にせよ、
物体や設備にせよありとあらゆる「モノ」に通信センサーを装着した上でインターネットと接続し、
その「モノ」の個別情報を収集したり、それの変化状況を把握したりして、遠隔地からその「モノ」を制御する
ことができる仕組みを意味する。このため「モノのインターネット」化がさらに進めば人々の暮らしや、
ビジネスのやり方を大きく変えると予想されている。「モノのインターネット」の分かりやすい実例を挙げれば、
道路の街灯などにセンサーを付けてそこを通過する車の台数から道路の混雑状況を把握して交通渋滞の緩和に
役立てる交通システムの最適化や、ウェアラブルなセンサーを生体に取り付けてその健康状態の管理などがある。
「モノのインターネット」という言葉を最初に使ったのは商品の無線タグの標準化団体の創設者である
ケビン・アシュトン氏。無線タグを装着したモノがコンピューターを通じてインターネットにつながるとの
意味だった。また、関連した概念でよく出てくるものに「Machine to Machine=マシーン・ツー・マシーン、
M2M」がある。これはやはり通信センサーを装着した機械同士が人間を介さずにデータを交換し合い、
そのデータによってそれらの機械がある動作プロセスを実行することを指す。
つまり機械だけで自律的に状況の最適化が図られる技術だ。

for thoseというイディオムがあるわけではありませんが、英辞郎
アルク: 英語学習・TOEIC対策・英辞郎 on the WEB
で例文を見てみると、上に示した文と同じような使い方のあることが分かります。
単語の意味を暗記することも重要ですが、連語の例文を読むことも勉強になります。
最初の文にあるwhereについても、単語の意味を覚えるより、
同じような使い方をしている例文を読むことで、単語のニュアンスが理解できます。

さて・・・、IoTというとネットワーク家電を思い浮かべる人もいるとは思いますが、
わたしたちの身の回りのIoT化は、それほど見込めないのではないでしょうか。
上の文章で示したような介護に役立つIoTも、今すぐ普及するようには思えません。
それよりも、IoTはものづくりを一変させるものであると考えるべきです。
製造業においては、工場内での生産効率だけにこだわっていてはいけません。
人と人との「すり合わせ」がIoTに置き換われば、生産効率は飛躍的に高まります。
今までのやりかたに固執していると、日本は大負けする可能性もあります。
日本のメーカーに求められるのは、「高機能化」より「全体のコスト意識」です。
IoTは、BtoBにおけるMachine to Machine技術として位置づけるべきでしょう。


インダストリー4.0という巨大なエンジンが回り始めた (4月17日 BLOGOS ブロゴス)
ネットワーク家電
IoTが頻繁に口の端に上り始めたのは2013年頃からだが、実は『イギリスの無線IDタグの専門家/プロダクター
であるケビン・アシュトン氏が1999年に初めて使った造語』というから、来歴はかなり古い。『ネットワーク家電』
というようなネーミングで、日本の電気メーカーが取組み始めたのも2000年代の半ば頃にさかのぼる。
だが、残念ながら成功とはいい難く、ユーザーの失笑を買ってしまったものも少なくない。
幻滅期入り?
米国の調査会社ガートナーが考案して毎年発表している技術のハイプサイクル(IT関連で話題となる新技術
の認知度や期待度が、時間経過と共にどのように変化していくかを表した図)の2014年版を見ると、
IoTは、流行期の天辺、すなわち『過度な期待のピーク』にいて、今まさに『反動期(幻滅期)』に落ちて坂を
転がって行こうとしているように見える。ついでに、今『反動期(幻滅期)』にある技術を見ると、ついこの間
まで熱い期待を背負って輝いていたのに、思ったほど日の目を見ずにいる技術が目白押しだ。
IoTのブームが去るのも遠くないと予想している人が案外多いのも無理はない。
インダストリー4.0で再定義されるIoT
だが、それでもIoTはこのまま波間に消えてしまうようなことはなく、時代をリードするキーワードであり続ける
可能性が高い。今、製造業の生産・流通工程の改革の主役としてIoTが再定義されつつあるからだ。
その改革の一つが、ドイツが自国の製造業の競争力を将来に渡って維持・強化するために掲げた政策、
『インダストリー4.0 (=第4次産業革命)』だ。
                         工場を中心とするIoT
つながる工場 このコンセプトは、工場内、工場が受け入れる部品、
 工場から出荷する製品、物流工程、販売ネットワーク、
 さらには顧客、すべてをインターネット等の通信ネット
 ワークで結び、その間に人間が関与することなく、
 機械(ロボット/人工知能)が全体(生産、物流、顧客
 対応/サービス)を最適化する、
 いわば、『工場を中心とするIoT』と言える。

『新産業革命「インダストリー4.0」-日本のFA、
存亡をかけた期待と危機感』(4月8日)



2015_10_06


次の英文を訳せ (訳は一番最後)

To read what one liked because one liked it, never to pretend to admire what one did not ―that was
his only lesson in the art of reading.                        

The very bigness of America creates the belief that America is different, is somehow exceptional, that
there is reserved for its citizens another destiny from that which is to befall the Old World.

「試験直前! 先輩はこんなことをしていたスペシャル」 (2012年1月9日放送 NHK Eテレ テストの花道)
テストの花道では今年も受験生を応援するため、花道の先輩に加え現役大学生100名にもアンケートを行った。受験
数日前から当日までの様子を詳しく教えてもらった結果、やってよかったという成功エピソードや、よかれと思って
受験の用意 裏目に出てしまった失敗エピソードが集まったぞ。
<受験直前 先輩たちの勉強法>
キミならどっち?
まずはみんなに問題「受験直前、キミならどっちをやる?」
A:とにかく過去問を解く
B:苦手教科を徹底的にやる

アンケートで多かったのはAの「とにかく過去問を解く」。Bを選んだから失敗したというわけではないが
「直前に苦手教科をやると、不安が増し精神的によくない(大学2年女子)」などの意見が寄せられた。
では、過去問をどんなプランで解いていけばよいだろうか?
試験本番と同じスケジュールで解く
出題の傾向を知る、問題に慣れるため誰もが解く過去問。今回のアンケートで多くの先輩たちが「ただ解くだけ
ではないある方法」をとっていたぞ。それは本番と同じスケジュールで過去問を解くということだ。
※あらかじめ試験の時間(スケジュール)をチェックしておこう。
試験のスケジュールに慣れておくと自信につながる
スケジュールに慣れることと違った視点で過去問を解く方法もあるぞ。
試験の過去問はただ解くのではなく、本番前のシミュレーションとして取り組むべし
試験のスケジュール通り過去問を解いても、まだ夕方。先輩たちはそれ以降の時間、何をしていたのか?
過去問を解いたあとの勉強法に成功の鍵があったぞ。
<間違えノート>
間違えノートとは、今までの模試で間違えたところや分からなかった問題を自分流にまとめておいたもの。
夜は、そのノートを中心に見直しをしていたんだ。花道の先輩は、直前にやった過去問でも同じような
間違えノートを作っていたぞ。新たなことを詰め込もうと焦るのではなく間違えたところを見直すことで、
先輩たちは効率よく最後の実力アップができたという。(後略)

冒頭の英文①は、このように説明できます。
英文訳_読書術

難しい単語はないのですが、意外に分かりにくい。
”one”なんて簡単だと思われるかもしれませんが、日本語にない感覚です。
ここでは、one:(一般的に)人。カンマの使い方も侮れません。
カンマと日本の「、」は同じ感覚で使われることも多いもですが、例外もあり。

I could clearly hear, despite of the roaring thunder, someone screaming for help.
この場合は「挿入」です。冒頭の英文は「同格」と呼ばれます。
そのなかでも「A,not B」 となっている場合、「BではなくてAだ」という感じ。
さらに「that」は「あれ」ではありません。「that」は特に要注意の単語です。
「that」には、前に言及しているか、場面上了解されている物事を指して、
「そのこと」という意味があって、冒頭の英文では前の句を受けています。
代名詞の「that」だけでなく、形容詞にも類似の意味があります。

We have learned that the past will be a poor guide to the future and that we shall forever be dealing with
unanticipated events. Given that scenario, organizations will need individuals who delight in the unknown.
(前文を受けて)こうしたシナリオが考慮されるならば、組織は未知であるものを
喜ぶ個人を必要とするだろう、となります。その前にある2つの「that」は、
「S + V + that ~ and that ~」という形になっています。
「同格のthat」はさらに要注意です。複雑になると、とても気づきにくい。


英文訳_アメリカ

問題を出しておいて言うのも変ですが、これは複雑過ぎではないでしょうか?
「that」のように、ありふれているけれど意味がたくさんあって、
どの意味なのかが分かりにくいこともある単語は、長文読解でも要注意です。
テストの前に、ちょっと復習しておくといいかもしれません。
このブログ内の第2章や、記事38-4、5なども参考にしてください。


<冒頭の英文の訳>
①自分が好きでないものを賞賛するふりをするのではなくて、自分が好きなものを好きだから読むことが、
  読書の技に関する、彼の唯一の教えであった。
②アメリカのとてつもない大きさが、アメリカは別なのだ、とにもかくにも例外的なのだという信念を生み出す。
 つまり、ヨーロッパに降りかかる運命とは別の運命がアメリカ市民には用意されているという信念を生み出すのだ。




2016_01_12


学術論文 「再現性」の記述「ほぼすべてに欠陥」
米スタンフォード大などの研究チーム発表 (1月12日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
世界で発表された過去15年間の生物医学系の学術論文を抽出して調べたところ、同じ方法で実験すれば
同じ結果が得られる「再現性」を確認するための手法が十分に書かれていないなど、ほぼすべてに欠陥が
あったとする分析結果を、米スタンフォード大などの研究チームがオンライン科学誌プロス・バイオロジーに
発表した。資金の提供元などに関する情報がない論文も多く、論文のデータ改ざんや捏造(ねつぞう)の
背景になっているとの指摘もある。
研究チームは、2000〜14年に発表された生物医学系論文から441本を無作為に抽出。そのうち実験データ
を伴う268本を精査したところ、再現実験に必要な全ての手順や条件を公表している論文は1本だけだった。
論文の図表類の基になる実験の生データを紹介している論文もゼロで、生データの取り寄せ方法を示した
論文も1本しかなかった。また、論文441本のうち51.7%で研究資金の出所の記載がなく、69.2%は
企業などとの利害関係を示す「利益相反」の有無を明示していなかった。研究チームは、各論文の研究結果の
真偽については検証していない。
論文の再現性をめぐっては、研究不正が発覚したSTAP問題などをきっかけに、透明性や説明責任が強く
求められているが、詳細な実験情報を公開すれば後追いする研究が増えるため、研究者は公開に積極的
ではない背景がある。研究チームは「論文の透明性や再現性に対する科学界の関心は増しており、それら
の欠如は研究の価値を下げる」と指摘する。(後略)

精度と正確度

はじめに・・・上の図にありますように、精度(再現性)が高いからといって、
結果が正しいとは限りません。精度と正確度はよく混同されています。
生命科学の論文に「再現性」のないものが多いことは、繰り返し確かめられて
いますし、そもそも正しく再現できるほどの内容が記載されていないことも
多いのではないでしょうか。「再現性のない実験」は「ねつ造」では
ありませんが、「ねつ造」と区別することが容易ではありませんし、研究者の
「ねつ造」を誘発する効果を持っているので、好ましいことではないでしょう。
科学では、「理論」と「実験」は車の両輪のようなもので、理論的な結果と
実験結果が一致すると、「これは間違いない」ということになります。「理論」が
先行して「実験」でそれを確認することもありますし、「実験」でこれまでの理論
に合わない結果が出たことで、新しい理論が生み出されることもあります。
ただ、理論に合わない実験結果が出た場合は、実験結果が間違っていることも
多いので、再現実験をして、その実験結果が本当に正しいことを改めて検証する
ことが求められます。欧州合同原子核研究機関実験で「光より速いニュートリノ」
が計測されたという発表がされたときにも、それは理論的におかしいということ
で、実験精度を高めて再実験を行った結果、発表内容は撤回されました。 
物理に限らず科学では、そのようにして事実が確認されていくものですが、
生命科学には信頼できる「理論」がありません。ミクロレベルの生物現象を
適切に説明する数式で示される理論が出てこないと、いつまでたっても
「行き当たりばったり」です。何か、「原理」はあるはずなのですが・・・
話は突然変わりますが、数学(Ⅱ)も少しやってみました・・・


大学入試センターの実際の問題を見てください
↓  http://www.dnc.ac.jp/albums/abm.php?f=abm00004812.pdf&n=2701-0501+suugaku2.pdf
共通テスト数2センター試験の数学のポイントは、理論的に
考えることよりイメージを捉えることです。
この問題の場合、点Oが太陽で、
点Pが地球で、点Qが月と考えてください。
はじめにするべきことは図を書くこと。
三角関数の加法定理は暗記しておかない
といけません。
三角関数の加法定理を書きだして、
それから当てはめたほうがいいでしょう。
この場合、cos(α-β)=cos(-6θ)ですが、
cosα=cos(-α)もお忘れなく。そして、月の動く範囲を検討してみると、
θがΠ/8→Π/4のとき、6θは3Π/4→3Π/2ですから、
cos6θは、-(√2 )/2→-1→0と動きます。
つまり、cos6θの最大値は0。そのとき、6θ=3Π/2です。
このθの範囲では、新月になっても満月にはならないことが分かります。
OPQが直線のときは、Pの座標をx,yに入れてみれば分かります。そして
そのx,yに、Qの座標を入れてみればいいのです。加法定理を再び思い出せば、
sin6θ=0となります。数字を考えないで、6θが3Π/4→3Π/2と動くとき、
円を辿ってy=sin6θ=0となる点を探してください。
sin6θ=0になるのは、6θ=Πのときです。
最後、角OQPが直角になるときは、cos6θ=-1/2のときです。
6θが3Π/4→3Π/2と動くとき、円を辿ってx=cos6θ=-1/2になるのは、
6θ=4/3Πのときしかありません。
数2問題の解説実際のテストでは、早く答えを
出さなければなりませんので、
ベクトルで解くべきでは
ありませんが、ベクトルでも
解くことができます。
図の①と②、もしくは①と③から
答えを出すことができます。






物理・化学では、単位に注意しましょう。これ以外に、化学ではl(リットル、
Lと表記されることも多い)などがよく用いられます。
1000L=1m3、1ml=1cm3です。無次元量(ラジアン、サイクルなど)の場合、
何を何で割っている(同じ単位のもの)のかに注意。
SI単位SI組立単位
                 計量標準総合センター




2016_01_14


反知性主義1

反知性主義2
東京大学 2016年前期日程 国語 第一問(文科・理科共通)  「読売新聞 YOMIURI ONLINE 大学入試」より

(今回は引用文がないので、本文を普通の大きさの文字で表記しています。一応、問題の解答もしていますが、
あくまでも個人的な解答です。正解は、「読売新聞 YOMIURI ONLINE 大学入試」を参考にしてください。)
アのような人、『他人の主張をまずはよく聞き、その後、自分のからだの内に持つ納得感でもって、その主張が道理に
かなっているかどうか判断する人』を知性的な人だと筆者はみなすそうだが、この考えかたは知的な謙虚さを欠いて
いるとしかいいようがありません。人は、自分より知的レベルの高い主張を間違った意見であるように感じるものです。
自分の納得感だけで判断すれば、自分の気に入らない意見は聞き入れなくなりますから、このような態度では、人間的
成長のチャンスを自らつんでいるようなものです。特に、若い人が筆者の意見をそのまま受け入れてしまうと、
「自分は悪くない。悪いのは、日本の社会や周囲の人間だ」といったドグマに陥ってしまうでしょう。これは不幸です。
イのようなこと、つまり『自説が間違っているとは全く考えず、他人の意見も採り入れて自分の意見を修正していこうと
する意思を全く持っていないこと』、そういったタイプの人のなかには、人間的ベレルの低い人がいることも確かです。
しかし、後から思い出すと、「あの人の主張は独善的ではなく、正しかったな」と思うこともあります。人物を拙速に
判断することは危険です。世界には、イスラム原理主義だけでなく、キリスト教原理主義でもそうですが、ウのような、
『自分でものの道理を判断するという、本来人間が持っている存在意義を完全に否定されているのと同じだということ』
を感じさせる勢力が一定の力を持っています。日本にだっていますよ、
「国破れても憲法あり」の立憲原理主義とか・・・
「外国軍は絶対に攻めてこない」反戦原理主義とか。

原理主義者は絶対に自説を曲げませんから、説得は不可能です。
筆者は、エのような、『人間が集団として情報を収集し、その重要性に応じて仮説を立て、対処法について合意形成を
行うという一連のプロセス全体を推進させる力』を知性と呼んでいます。知性にそのような側面があることも確か
でしょう。集団知を高めることは、日本の得意技であるといえるかもしれません。しかし、現在のようなグローバル時代
では、集団知だけで経営を行うと、会社をつぶしてしまうこともあります。迅速な意思決定が求められる状況下では、
トップ一人の判断で会社を動かしたほうがいいケースもあります。カリスマ的指導力も知性の一面です。何でも話し
合えばいい結論が出せるというものでもありません。知性は多面的であり、学者にありがちな、自分に都合のよい一面
からみた結果だけで判断することは避けなければなりません。
最終的な結論としてこの文章をまとめると、オのように、『知性は知識量や知能指数で判断できない。「反知性
的」な人とは、他人が物事を判断する機会を与えず自分だけが正しいと主張し、自らの知の自己刷新能力を失って
いて、発言や行動によって自身の属する集団の叡智をおとしめる人間であるといえるということ。』
(120文字)ということでしょう。しかし、そもそも論に戻りますが、
人間は知性的であればあるほどいいのでしょうか?それは自明ではありませんよ。
イスラム教巡礼知性主義者にお尋ねしたいのですが、「個人は、
そして社会・国家は知性的であればあるほどいい」
ということが論証できますか?反知性主義に強硬に
反対するのはあなたが知性主義者だからです。
知性が高ければ高いほうがいいと思っているのは、
知性主義者だからです。これこそ原理主義です。
個人的には、知性主義を否定するつもりは全く
ありません。ただ、敬虔なイスラム教徒のほうが、
屁理屈ばかり言う口うるさい知性主義者より、
心美しい人に見えてしまうのは、
わたしだけなのでしょうか?

<出典> Wikitravel ファイル:Supplicating Pilgrim at Masjid Al Haram Mecca Saudi Arabia.jpg



2016_02_29


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

神津島の天上山は、
神が集う島のなかでも、
特に神の集まるところ。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top