安藤忠雄氏5つの臓器を全摘した安藤忠雄が問う「あなたは何かに挑んでいるか」
歩みを緩めず、「挑戦」という名の個展ができるまで (11月19日 文春オンライン)
夢、希望、挑戦が生きていくうえで不可欠
(後略)与えられた状況に安穏とせず、みずからハードルを高く上げて挑戦する。そんな
心意気は、テラスに設置した「光の教会」からも読み取れる。1分の1スケールモデルを
建ててしまう行為だけでも驚異だが、じつはこのモデル、1カ所だけ本物と異なる部分が
ある。光が差し込む十字架状のスリットに、ガラスが嵌めてあるかどうか。大阪の本物に
はガラスがあり、六本木にはない。「施主側の要望で、本物にはガラスを入れています。
教会として使ううえで、吹きさらしでは寒いし雨が降り込んでも困るというのです。でも、
私は当初からガラスはいらないと思い、そう主張してきました。寒い? 雨が冷たい? 
だからこそ、互いに心を合わせて生きていかねばという気持ちも生じるんじゃないで
しょうか。風、雨、日差し、自然とともに暮らすのが日本人の生き方であって、それを
遮断してはいけないのではないか。機会があればガラスを外したいとずっと考えていた
のですが、ようやく願いが叶いました。あきらめさえしなければ、人生なんとかなるものですね」
建築をテーマにした展覧会はとかく模型や詳細な設計図がずらりと並び、無機的でマニアックなものになりがち。けれど今展には、
そうした気配がまるでない。ものすごく生々しく、動きのある感覚がつきまとう。おそらくは展示の一つひとつから安藤忠雄という
ひとりの表現者の飽くなき挑戦が読み取れて、観る側に「あなたはどうか。何かに挑んでいるか」との問いが突きつけられるからだ。
「夢や希望を持ち、あきらめずに挑戦し続けるのが、生きていくうえで大切なこと。それをぜひ建築を通して体感してほしい。
私はそれを建築によって示すしかできませんからね」
夢。希望。挑戦。ふだんは照れ臭くて敬遠しがちな言葉だが、安藤忠雄さんの口からそれらが発せられると、なんとも説得力に満ち
て響く。現在も連日大入りの会場を見渡すと、こうした直球の感情こそいま、多くの人に求められているものだと知れるのだった。

なぜヤル気のある若者ほどアッサリ仕事を辞めるのか〜ゆとり世代の謎 「夢を持て」という教育の果て 
「夢を持て」と若者に言いたがる大人                       (4月24日 isMedia イズメディア)
(前略)大人の社会では「夢」を相手にしない。持っていてもいいが、べつだん持っていなくても困らない。無線の免許のような
ものだ。社会で求められているのは、まず、そこにある仕事を処理することである。そのうえで、長いスパンで未来を見るのが
得意なのか不得意なのか、という問題が別にある。夢を持つ、というのは、現在と直接つながっていない未来の風景を、自分の
ものとして感じられる、という能力である。得意な子もいれば、まったく不得意な子もいるだろう。得意な子は持てばいい。足の
速い子はもっと速く走れる練習をすればいいし、無線が好きな子はどんどん大きな電波を扱えるように勉強すればいい。興味ない
子はやらなくていい。いまの自分と関係ない未来を想像するのが不得意な子に、だめだ、きちんと想像しろ(夢を持て)と強制する
必要はないのである。走るのが速くないと人間として許さないと言われても困るし、無線に興味が持てないでどうするんだと怒られ
ても迷惑なだけである。夢を持てる子と、夢を持てない子が現実にはいる。それぞれに対応するのが、本来の個性教育である。
そこをきちんと説明したうえで、それで、きみたちに夢はあるのか、夢を持ったほうがいいぞ、と教えるのが、正しい教育である。
でも、おそらく、あまりそういう展開はなされていない。そんなことを丁寧に展開していたら、大変だからだ。大人のなかにも、
なぜかぼんやりと「若者は夢を持っているほうがいい」と考える傾向がある。すべての大人がそうではないとおもうが(そんな
社会はあまりに不安定すぎる)、ただ一定数の大人は「夢を持て」と若者に言う。おそらく、自分の中にある何かの反映でしか
ないのだが、忠告だとおもって言っているのだろう。無線好きな大人が、若者に「無線はいいよ、きみもやったらどうだ」という
のはかまわない。ほぼ全員にスルーされるのが目に見えているからだ。夢も、同じレベルで奨めるのならいい。でも何故か、
夢にかぎっては、持っているほうが優秀で、持ってないほうは劣っていると、(少なくとも奨めている大人は)考えているように
見える。あきらかに強い偏向である。「夢を持った若者が好き」というのは、強い偏向だと自覚したほうがいい。(後略)

中高生の将来の夢

夢には「大きさ」があります。大きい夢というのは、「大リーグで活躍する」とか、
「ノーベル賞をとる」とか。小さい夢というのは、「安定した毎日をおくる」とか、
「趣味を充実させて生きたい」とか。小さい夢でも達成するのは簡単なことではないの
ですが、夢が大きくなればなるほど、達成できる可能性はさらに低くなります。
安藤忠雄のような建築家になりたい!建築に興味のある人なら、一度はそう思ったこと
があるかもしれません。もし「憧れの職業」を目指すとすれば、とんでもない努力を重ね
なければいけません。しかし、ほとんどの「憧れの職業」はカネになりません。努力した
ことは全く評価されず、結果を出せなければ、何も努力していないのと同じです。いや、
経営者なら、何もしないよりも悪い結果になる(=赤字経営)ことも少なくありません。
いくらでも努力するつもりがあるのなら、挑戦すればいいのでしょうが、普通の人には
無理です。「努力は報われる」という言葉には要注意。実際、報われないことも多いから
です。そもそも、「こんなに努力をしているのに、どうして・・・」という思いが頭に
浮かんでくるようなら、あきらめたほうがいいでしょう。「自分は努力している」と
思っていること自体が、既に「負け戦」なのです。しかし、冷静に自分のしていること
を考えてみてください。主観的に考えると「努力してる」ことでも、客観的に考えると
「人並み」でしょう。まあ、しかたありません。よのなか、そんなもんです。
とはいえ、自分は頑張っているとは思っていないのに、他人からは「頑張ってるね」と
言われるようなことを探す努力は必要でしょう。そのようなことを職業にできれば、最高
でしょうね。しかも、成功する確率も高くなります。
ですから、「自分の夢を何か」と考えるのではなく、「自分にとって、努力を努力と思わ
ないほど好きなことって何なんだろう」と考えるほうがいいように思います。そうなれば、
「努力が報われない」としても、自分を悲劇のヒーロー(ヒロイン)にすることはない
でしょう。「いつか努力は報われる」ということではなくて、本人は努力を努力だとは
思っていないからという意味で・・・





スポンサーサイト
2017_11_23


国内企業の売上高と経常利益株高・景気回復でも賃金が上がらない理由
売上の伸びは4年間で平均1.5% 
(11月19日 PRESIDENT Online プレジデントオンライン)
景気の回復ぶりを伝えるニュースばかりが並ぶ。10月に日銀が発表した
9月の短観でも企業の景況感は10年ぶりの高水準だという。それなのに
なぜ実感に乏しいのだろう。第一生命経済研究所の熊野英生首席エコノ
ミストは、企業の売り上げが伸びていないことが問題だと指摘する。
「伸びているのは、企業の収益性です。それは設備投資や人件費の抑制、
原油価格の低位安定などによって実現したもので、肝心の売り上げの
伸びは昨年までの4年間で平均1.5%にとどまり低迷したままです」
収益重視では賃上げに進まない。
「ITバブル崩壊以降、多くの企業が雇用の確保か賃金の上昇かという選択を迫られるなかで労働者側も『雇用が確保される
なら賃上げされずとも仕方ない』と容認に傾き、その流れが依然として続いています。近年は人手不足により完全雇用に
近い状態と言われますが、これは偽りで、実態は職探しは容易にできてもいい仕事には就けない。労働の単純化や
マニュアル化によってワークシェアリングが進んだ結果、賃金は上がらず、購買力も高まらないままです」
好景気を実感するには賃金上昇が一番だが、そのために雇用確保を犠牲にできるか。容易な選択ではない。

日本から学ぶべき教訓、完全雇用は賃金上昇を意味しない (11月1日 Bloomberg ブルームバーグ)
金融政策の実験場と化している日本では、雇用が数十年ぶりの売り手市場となっても急速な賃金上昇にはつながらないことが
明らかになりつつある。世界の約75%で景気改善が進行している。企業は利益を膨らませているものの、賃金上昇は見られ
ないままだ。この両者を結びつけようと奮闘する各国・地域の中央銀行や政府にとって、日本の実験成果は不吉な前触れと
言える。日銀は31日、大規模な金融緩和策の据え置きを決定。同時に発表した展望リポートでインフレ予想を引き下げた。
企業と家計の間に物価は上がらないという姿勢が深く根付いていることなどを理由に挙げた。失業率が3%を下回っていても、
状況に変化はない。日本海に面する福井県は、日本と世界の賃金の謎を示す縮図だ。厚生労働省が発表した9月の有効求人
倍率で福井県は1.98倍と東京都に次いで都道府県で2番目に高かったが、賃金は今年に入り下落が続いている。
東海東京調査センターの武藤弘明チーフエコノミストは、「労働市場は非常にタイトな状況だが、賃金は上がらない」と述べ、
「女性や高齢者など、いま労働人口に入っていない人々がまだ多数控えており、そうした人々が労働市場に入ってくると安い
賃金での雇用が増える。賃金の押し下げ圧力になる」と説明した。失業率と物価上昇率との間には関係があるとされ、この
相関関係を示す指標にフィリップス曲線がある。だが、かつてほどフィリップス曲線は参考にならないとの議論が強まって
いる。日銀の黒田東彦総裁は31日、金融政策決定会合後の記者会見で、このテーマは日本だけでなく他国でも活発に議論
されていると指摘。企業が支出を増やし始めるには企業景況感のいっそうの改善が必要だと主張した。

AIが果たす役割についての調査結果

賃金も物価も同じようなものなので、企業の労働需要は、賃金が高くなれば減りますし、
賃金が低くなればその分、増えることになります。したがって、景気が悪いときに、
企業が低賃金労働者を雇用しにくい政策をとると、失業率が上がってしまいます。
特に若年層の人生に与える影響を考慮すれば、労働者全体の賃金を抑えても、企業業績
を回復させて、雇用環境を改善させることは重要なことなのです。アベノミクスはこの
点では成功したといえ、現在は人手不足になっています。そうなれば、自然と賃金上昇
局面に転じるはずです。確かに、非正規雇用では賃金が上昇しはじめていますが、一般
労働者(いわゆる中間層)ではその気配さえ感じられません。
なぜか。ひとつには、将来の需要減を見込んで、企業が拡大再生産を目指していないことが
あるでしょう。つまり、現在の景気回復は、企業が不採算部門をリストラしている効果だと
も言えます。そして、このようなリストラでは、賃金の高い人が追い出されやすいのです。
企業は売上を増やさず、コスト削減をして収益性を高めています。ITなどを駆使して業務
の見直しを進め、賃金が比較的高い労働者に任せていた仕事を、低賃金で働いてくれる
高齢者や女性にさせているのです。このような傾向は今後も続くと予想されるため、
賃金の上昇は見込めないように思います。これからは、AIが急速に普及し、人間の勘に
頼っていた作業を無人化することができるでしょう。AIは、雇用全体を減らすものでは
ありませんが、事務職を中心とした中間所得層の仕事は奪われそうです。逆に、単純作業
や肉体労働はAIに完全には代替されません。なぜから、人を雇ったほうが、安上がり
であるケースも多いからです。結局のところ、AIを導入する価値があるのは、比較的、
賃金の高い人が行っている業務と労働力不足で新規の雇用が難しい業務です。企業は、
積極的に、高度な専門知識が必要とされる業務を誰にでもできる業務に置き換えます。
そして、安価な労働力を求め、それができなければ、労働力不足を補うためにロボットや
AIを導入します。AIの導入が困難で、収益性の向上が見込めない分野からは撤退します。
したがって、雇用環境が改善され、労働者が不足しても賃金は上がらないのです。





2017_11_21


老後の貯蓄がない人の生活はどうなる?  (11月14日 All About オールアバウト マネー)
貯蓄のない老後生活を想像してみて!
老後の貯蓄がない人、していない人は、「そんなに長生きしない」、「何とかなる」、「考えても仕方ないので考えないこと
にしている」など、現実逃避としか思えないことを言います。今は、90歳超は普通で100歳超もあり得る長寿時代です。
「そんなに長生きしない」より、長生きした場合のことを考えるべきですし、「何とかなる」で何とかなるほど老後資金準備
は甘くありません。「考えないようにしている」は、自分の未来から目を背けることです。貯蓄がないまま老後に突入したら
どうなるかを直視して想像してみてください。貯蓄がないと、老後は公的年金だけで暮らすことになります。現状でも、公的
年金だけで生活費を賄えている人は、現役時代に高収入で年金額が多い人か、夫婦ともに長く会社員を続けていて2人分の年金
をもらっているなど少数派です。多くの人は年金だけでは足りていません。仮に、年金で最低限の生活費は賄えたとしても、
レジャーや趣味、ちょっとした贅沢を楽しむ余裕はないでしょうから、ただ生存しているだけの老後になりそうです。それに、
持ち家の人は家のメンテナンスにお金をかけられない、入院したら医療費の自己負担分が払えない(保険の給付金が賄えれば
その限りではない)、要介護になったら生活費がさらに足りなくなるなど、深刻なことが起きそうです。これら、足りない分や
突発的な支出に対応できる貯蓄がないと、どこかから捻出しなければなりません。子どもが補填してくれればいいですが、
それが期待できなければ大変なことになりそうです。(後略)

世帯の貯蓄額はいくらですか貯蓄額の二極化 「1000万円以上」「100万円以下」同数 
(ITmedia ビジネスオンライン)
楽天が6月28日に発表した家計についての調査によると、30~40代既婚
男女の世帯貯蓄額の平均は848.79万円だった。しかし実態は「1000万円
以上」が25%、「100万円以下」が25%と、各世帯の貯蓄額に大きな開き
があり、二極化しているという。「50万円以下」の世帯も11.5%を占めた。 
貯蓄を除く1カ月の平均生活費の平均は25.15万円。毎月の家計の収支状況は、
最多の回答は「収支はほぼ同じ」(42.5%)で、「やや黒字」(31.0%)が
次いだ。一方、「やや赤字」(13.3%)「大幅に赤字」(5.8%)といった
回答もあり、約2割の家計の収支状況が悪いことが分かった。(後略)

「住宅ローン返済遅延→家族崩壊」回避のために、知っておきたい秘策 (10月31日 isMedia イズメディア)
(前略)この調査のなかでも注目していただきたいのが、「優遇金利の適用ルール」への理解。住宅ローンの契約書には、
「一度でも延滞したら優遇金利の適用を受けられなくなる」と書かれている。その点についてもやはり5割近い人が十分には
理解できていないのだが、優遇金利が適用されなくなるとどういうことになるのか――。
現在、メガバンクを初めとする銀行の変動金利型の最優遇金利は0.625%とすることが多い。これは、店頭表示金利の2.475%
から1.85%引き下げた優遇金利なのである。しかし、一度でも延滞が発生すると、金利の優遇がなくなり、本来の金利である
2.475%に戻ることになる。これがどれだけ深刻な問題なるのかを試算してみよう。借入額3000万円、金利0.625%、35年元利
均等・ボーナス返済なしの当初の返済額は7万9544円。しかし、3年後に延滞が発生して適用金利が2.475%に上がってしまうと、
毎月の返済額は一気に10万4419円へ跳ね上がってしまう。もともと、返済が難しくなっているから延滞が発生したわけで、そこに
加えて2万5000円近い増額は、死者に鞭を打つような仕打ちといわざるを得ない。だが、それが、あらかじめ決められたルールで
あり、契約書にそう記載されている以上は、その返済を続けなければならない。たちどころに行き詰まるのは火を見るより明らかだ。
                                                       (後略)
過去10年間の長期金利推移グラフ他人がどのくらい貯金しているか?
気になるところではありますが、借金を
どの程度しているかも重要なポイント。
多くの人がする大きな借金は住宅ローン
でしょうが、その場合、その住宅の資産
価値がどの程度なのかも重要な点です。
田舎に建てた4000万円の立派な家を、
4000万円で買ってくれる人はいません。地方では、中古住宅は余りまくっていますから、
高価な家は売ることさえ難しいでしょう。一方、立地条件のよい都心のマンションならば、
それなりの資産価値があります。資産価値がほぼゼロになる家に住んでいる場合、資産と
呼べるのは金融資産だけです。自分が住んでいる住宅は、何の収益も生み出しませんから。
多くの場合、住宅ローンは変動型(元利均等返済)だと思いますが、日本の国債が暴落した
ときには何が起きるのでしょうか?確実に起きるといえるのは、金利が上がるということ
(当たり前)。国債が暴落すると必ず、超円安、ハイパーインフレになるとは限りません。
国はプライマリーバランスを黒字化しなければなりません。つまり、年金が減り、増税に
なるということです。住宅ローンの返済額は5年ごとに見直されますが、どんなに金利が
上昇しても、従来の返済額の125%を超えないという上限が設けられています。これは
返済額をおまけしてもらえるという意味ではなく、返済が先送りされるだけなのです。
そうなると、老後にも住宅ローンが残ってしまう人が続出するでしょう。少くなった年金
では、住宅ローンを返済しきれないでしょうから、死ぬまで働き続けるしかありません。
国債の暴落は、いつ起きるか分かりません。そのような言いかたをすると、恐ろしいこと
が起きるような印象を持ちますが、実際には、多くの人は困らないのです。
ただし、借金をしていないこと、金融資産を持っていること、収入を国に依存していない
ことという条件がつきますけど・・・
ただし、ひとつの銀行に1000万円以上預けていてはいけません。特に地方銀行は危ない!






2017_11_19


テレビ視聴率と新聞発行部数新聞論調 保守かリベラルでなく親安倍か反安倍に二極化
(11月15日 NEWS ポストセブン)
日本新聞協会のデータによると、全国紙と地方紙を合わせた
一般紙の総発行部数は2007年の4696万部から2016年は
3982万部へとこの10年間で714万部もの急落。第2次安倍
政権発足後の2013年からは毎年100万部前後のペースで
部数が落ちている。読者の新聞離れに拍車がかかると、
対応は2つに割れた。かつて朝日新聞は「リベラル紙」と
呼ばれ、読売新聞や産経新聞は「保守系メディア」と位置
づけられていた。しかし、その紙面は保守かリベラルかではなく、安倍首相が「好き」か「嫌い」かに極端に2極化した。
それを端的に表わしたのが、10月22日に投開票があった総選挙翌日の社説だ。
〈首相の呼びかけに、国民は強い支持を与えた〉 産経が鬼の首を取ったかのように与党勝利を讃えると、朝日は
〈今回の選挙は、むしろ野党が『負けた』のが実態だろう〉と書き、“安倍が勝ったわけではない”という負け惜しみの論陣
を張った。いずれも有権者の投票行動の冷静な分析はない。元朝日新聞論説委員で山形大学教授を務めた長岡昇氏はブログ
でこう書いている。〈総選挙での自民党の圧勝をどう受けとめればいいのか。新聞を読みながら、つらつら考えました。
古巣の朝日新聞には「なるほど」とうなずく解説も、「そういう見方もあるのか」と目を見開く記事も見当たりませんでした。
(中略)安倍首相が大嫌いであることだけはよく分かりました〉 長岡氏は産経の報道については何も言及していない。
だが、“大好きな安倍首相”が敵視する朝日への批判を産経は見逃さなかった。安倍側近記者を自他共に認める阿比留瑠比・
編集委員がこのブログを取り上げ、『「安倍大嫌い」と延々と書く朝日新聞』というコラムをものした。目下、その朝日と
産経は、ニュースの伝え手ではなく、当事者となって「親アベvs反アベ」の代理戦争を紙面で展開している。発端は総選挙
公示前の10月8日に日本記者クラブで開かれた党首討論にさかのぼる。朝日の論説委員から加計学園問題を質問された
安倍晋三・首相は不満を隠そうともせず、逆に朝日批判を展開。国会の閉会中審査(7月)で加戸守行・前愛媛県知事が
加計学園への獣医学部新設認可方針を「ゆがめられた行政が正された」と評価したことを引き合いに「加戸氏の証言を朝日
は全く報じていない」「国民はよくファクト・チェックをしてほしい」と逆襲に出た。
◆燃える紙面バトル
もっとも、これは首相の事実誤認で、朝日は加戸証言を「紙面に10回以上掲載した」と検証記事を出し、本来なら一件落着
のはずだった。ところが、両紙のバトルはここからあらぬ方向に燃え上がっていく。首相の援軍に乗り出した産経は翌日に
阿比留編集委員が〈驕れるメディアは久しからず 朝日・毎日のベテラン記者の噴飯質問に思わず赤面してしまった…〉と
書き、選挙戦さなかの10月16日付紙面でも〈読者の安倍への不信感が募るようにレッテル貼りを繰り返す。こんなものは
権力の監視でも何でもない〉と朝日の報道姿勢を徹底的に叩いた。すると朝日も批判の矛先を転換する。11月3日付の朝日
記事は、産経が看板コラム・産経抄に「日本を貶める日本人をあぶりだせ」という見出しをつけてウェブ版で配信したこと
をとりあげ、〈あぶり出した後でどうしようというのか。こうした言葉が、排他的な言説を拡散し、増幅させることになら
ないか〉と噛みついた。両紙はもはや安倍首相も加計問題もそっちのけで互いの報道姿勢を誹謗中傷しあう泥仕合に突入した。
メディア法が専門の服部孝章・立教大学名誉教授が語る。「朝日が産経をいくら攻撃しても、親アベの産経読者に朝日批判
のきっかけを与えるだけで、記事の信用アップにはつながっていない。むしろ、権力監視を忘れた低次元の罵り合いが、
新聞ジャーナリズムの信頼度を低下させて読者を失っている」
“共倒れ”の道だ。

【産経抄】日本を貶める日本人をあぶりだせ (10月19日 産経ニュース)
日本の新聞記者でよかった、と思わずにはいられない。地中海の島国マルタで、地元の女性記者が殺害された。車に
爆弾を仕掛けるという残虐な犯行である。彼女は「タックスヘイブン」(租税回避地)をめぐる「パナマ文書」の
報道に携わり、政治家の不正資金疑惑を追及していた。マルタとはどれほど恐ろしい国か。
▼今年4月に発表された「報道の自由度ランキング」では47位、なんと72位の日本よりはるかに上位だった。
ランキングを作ったのは、パリに本部を置く国際ジャーナリスト組織である。日本に対する強い偏見がうかがえる。
一部の日本人による日本の評判を落とすための活動が、さらにそれを助長する。
▼米紙ニューヨーク・タイムズに先日、「日本でリベラリズムは死んだ」と題する記事が載っていた。日本の大学教授の
寄稿である。安倍晋三首相の衆院解散から現在の選挙状況までを解説していた。といっても、随所に左派文化人らしい
偏った主張がみられる。
▼憲法をないがしろにして軍事力の強化を図る首相の姿勢は、有権者の支持を得ていない。最大野党の分裂のおかげで
自民党が勝利するものの、政治はますます民意から離れていく、というのだ。米国人の読者が抱く日本のイメージは、
民主主義が後退する国であろう。
▼特定の政治的主張だけを取り上げる、国連教育科学文化機関(ユネスコ)には、困ったものだ。いよいよ問題だらけ
の慰安婦関連資料の登録の可能性が強まっている。田北真樹子記者は昨日、登録されたら脱退して組織の抜本改革を
突きつけろ、と書いていた。
▼そもそも国連を舞台に、実態からかけ離れた慰安婦像を世界にばらまいたのは、日本人活動家だった。何ということを
してくれたのか。

産経新聞コラムのウェブ版、「排他的」見出しに批判次々 (11月3日 朝日新聞デジタル)
産経新聞のウェブ版「産経ニュース」で、「日本を貶(おとし)める日本人をあぶりだせ」という見出しがついたコラム
が配信され、ネット上で批判が集まっている。あぶり出した後でどうしようというのか。こうした言葉が、排他的な言説
を拡散し、増幅させることにならないか――。
「あぶりだせ」の見出しは、10月19日付産経新聞1面コラム「産経抄」を産経ニュースが配信した際につけられた。
コラムは、「報道の自由度ランキング」で日本の順位が低いのは、「日本に対する強い偏見」に加え、「一部の日本人
による日本の評判を落とすための活動」が助長しているためだ、などと批判する内容だ。紙面に見出しはついておらず、
本文中にも「あぶりだせ」という表現はない。朝日新聞の調べでは、産経抄に言及したツイートの数は、配信された
19日から2日間で約2万件あった。大半はウェブ版の見出しや、内容に批判的なものだった。一方で、「全くその通り。
反日日本人を徹底的にあぶりだすべきだ」など賛同する投稿もあった。見出しについて、約1万2600人のフォロワー
がいる編集者の早川タダノリさんは「『非国民狩り』を提起していて、もはや報道ではなく憎悪扇動ビラ」と厳しく批判
するツイートを投稿した。「異なる者に対して攻撃をそそのかす言説をまき散らす団体に、ジャーナリズムを名乗る
資格はない」とツイートした文化人類学者の亀井伸孝・愛知県立大教授は、取材に対して「本文に書かれていないこと
を見出しにとり、SNSで拡散されて話題になることが目的化されているのでは。大手メディアは自らの言説が何万、
何十万という単位で増幅される立場なのだから、その弊害に自覚的であるべきだ」と話す。(後略)

主要各紙の損益朝日と産経のバトルはさておき、新聞
業界そのものがネットとの競争に負け
つつあります。若年層の多くは新聞を
購読していませんし、将来、新聞を
とるようになるとも思えませんから、
ジリ貧がこのまま続くのでしょう。
新聞社の収益構造は、新聞販売収入が6~7割、広告収入が3~4割とのことですが、
問題はコストのほうで、印刷費と新聞配達員の人件費が利益を圧迫します。考えて
みれば、その日読んだら要らなくなるものに印刷費をかけるって、とても無駄です。
しかも、毎日、早朝に配達しなければならないのです。ネットならどちらも必要あり
ません。しかしながら、ネットにおける新聞の有料購読は、なかなか売れません。
なぜなら、印刷費と新聞配達員の人件費が不要なネット配信なら、同じ分量の記事を
格安で提供できるはずですが、それをしてしまうと、新聞が売れなくなってしまう
からです。自社商品が自社の他の商品を侵食してしまう現象を、カニバリゼーション
と言いますが、新聞業界は、紙媒体とネットの間でジレンマに陥っています。
新聞に限らず、日本の多くの企業は、ネットという大きな変化から富を生み出すこと
ができない状況なのです。これこそが「失われた20年」の本質なのかもしれません。
バブルまでのビジネスモデルがうまくいき過ぎていたために、それに固執してしまい、
ネットというイノベーションから新たな価値を生み出せず、従来型のビジネスモデル
はネットに駆逐されようとしています。しかも、今後、「失われた20年」が30年、
40年・・・になる兆候が出ています。それはAIとIoTの流れに日本が乗り遅れそうに
なっていることに現れています。これは技術面の問題ではなく、カニバリゼーション
を起こして、思い切ったことができないことに原因があります。ベンチャー企業に
とっては、世のなかを席巻し、一気にトップを狙うチャンスであるはずなのですが、
グーグルやフェイスブックのような企業が日本では登場しません。
その理由のひとつは、規制にあります。政権が大胆な規制緩和を進めようとすると、
必ずと言っていいほど、野党、マスコミ、官僚などの強い抵抗に遭います。政権批判
を繰り返し、頭でっかちの知識人が規制緩和の有害性ばかりを強調します。
産経のような露骨な政権礼賛もどうかと思いますが、リベラルの名を借りた抵抗勢力
が蔓延る限り、日本は沈み続けるでしょう。





2017_11_17


認知症患者の割合、先進国で日本1位…2位に伊 (11月10日 YOMIURI ONLINE 読売新聞)
日本の認知症患者の割合(有病率)は、経済協力開発機構(OECD)加盟35か国の中で最も高いことが10日、OECD
が公表した2017年版の医療に関する報告書でわかった。年齢が上がるほど認知症有病率は高まる傾向にあり、日本は世界
で最も高齢化が進んでいるためとみられる。報告書によると、日本の人口に対する認知症有病率は2・33%で、OECD
平均(1・48%)を大きく上回り、最も高かった。2位はイタリアの2・25%、3位はドイツの2・02%だった。日本
の有病率は20年後の37年にはさらに上昇し、3・8%に達すると推定されている。OECDの担当者は「日本は高齢化が
ほかの国より早く進んでいる。認知症を含め、加齢に関連した病気への対策が喫緊の課題だ」と指摘している。

孤独感とはjpg孤独感の持ち主は認知症になる確率が1.64倍 
(10月25日 ニューズウィーク日本版)
同居者や配偶者の有無よりも、孤独を感じているかどうかが大きなカギに
孤独は人の心をむしばむだけでなく、ひょっとすると脳にもダメージを
及ぼすのかもしれない。12年、オランダのグループがある研究結果を
発表した。この研究では、2000人余りの高齢の男女を3年間にわたり
追跡調査し、社会的孤立と孤独感が認知症の発症にどのような影響を
及ぼすかを調べた。調査開始時点で、2000人余りの対象者(その時点
で認知症患者はいなかった)のうち、1人暮らしをしていた人は46%。
未婚もしくは配偶者に先立たれて独身の人は51%。家族や隣人などの
支援を受けていない人は73%。そして、孤独を感じていると答えた人は約20%だった。3年後、孤独を感じていた人は、
そうでない人に比べて認知症の発症確率が約2.5倍に達した。孤独感を訴えていなかった人は5.7%しか発症しなかった
のに対し、孤独を感じていた人の13.4%が認知症になったのだ。
社会的孤立と認知症は無関係
一方、社会的孤立に関しては、同居者がいる人が認知症を発症した割合は5.6%だったのに対し、1人暮らしの人はその
割合が9.3%だった。独身の人は、配偶者がいる人に比べ、認知症になる確率が約1.7倍も高かった。ただし、家族や隣人
などの支援を受けている人が認知症になる確率は、そうでない人の約2倍に上るという意外な結果も出た。ほかのリスク
要因の影響を取り除いて計算すると、孤独感を味わっている人が認知症になる確率は、そうでない人の1.64倍に達した。
一方で、社会的孤立と認知症の間には特に関連が見いだせなかった。つまり、最も重要なのは社会的に孤立しているか
よりも、本人が孤独を感じているかどうかなのかもしれない。もっとも、孤独感と認知症の間に因果関係があると断定
できたわけではない。孤独を感じるのは、認知症の原因ではなく、早期の認知症の結果という可能性もある。それでも、
孤独感に警戒すべしとは言えそうだ。

隼風Tシャツ社説 高止まりする若者の自殺 
座間事件は私たちの問題
 ( 11月11日
毎日新聞のニュース・情報サイト)
神奈川県座間市で9人の遺体が見つかった事件は、
今の社会に深く根差したところに原因の一端がある。
猟奇性ばかりに注目せず、私たち自身の問題として
受け止める必要があるだろう。(中略) 
会員制交流サイト(SNS)には未成年による自殺
願望の書き込みがあふれている。座間事件の容疑者
は若者たちの孤独や自殺願望につけ込んで犯行を
繰り返していた。
家庭や学校での人間関係が希薄になり、子どもや若者の家族・学校に対する帰属意識が揺らいでいることが指摘される。
心のよりどころがない若者にとっては、匿名性が高いSNSが「居場所」になっている実態がある。本音を吐き出すこと
ができて、不特定多数の人たちからたくさん返事が来るのがSNSだ。
「学校で見る子どもたちは10年前も20年前も今も変わらない。だが、大人が知らないところに子どもたちはもう一つ
の世界を持つようになった」とある小学校教師は言う。 特に、10代後半は学校教育の対象から外れ、児童福祉にも
つながらない空白期でもある。信頼できる人や仕事のない人を吸い寄せているのが、SNSや風俗だ。親身に相談に
乗ってくれる。肯定感を与えてくれる。そんなところにひかれる少女は多い。座間事件の容疑者は違法風俗に女性を
紹介して5月に有罪判決を受けたばかりだった。 若者向けのパンフレットを作り、保健所に相談窓口を設置するだけ
では、自殺願望のある若者にはなかなかつながらないだろう。SNS時代に合った対策が必要だ。 若者たちが孤独や
疎外感に侵されず、信頼と安心を感じられる社会をどう作るかについて長い目で取り組まないといけない。

孤独は人によって捉えかたが様々であり、感じかたも十人十色です。
孤独感を解消する方法を、これまで多くの人が考えてきましたが、根本的に解決
する方法は見つかっていません。一時しのぎのやり方なら、あるでしょうけど。
きっと、これからも孤独感を根絶するための試みは成功しないでしょう。
なぜなら、孤独感は主観的なもので、客観的な実体が見えないからです。
社会的孤立は定義できるでしょうが、孤独感とは何かが説明できません。
社会的に孤立している人が孤独感を感じるかといえば、そうとは言えません。
「孤独はつらいもの」という社会通念にとらわれてはいけないのです。孤独を
体験し、孤独感とは何かを知ることは、実は素晴らしいことなのかもしれません。
孤独から解放されなくても、孤独感から解放される。これは、偉大な体験です。
寂しさの恐れから解放されれば、孤独は、悪いものではないようにも思えます。
孤独には良い面もあるのです。他人に束縛されておらず、自由だからです。
どっぷりと孤独に浸る。寂しさを紛らわすことはあきらめて、孤独を楽しむしか
できることはないように思います。孤独という言葉がよくないだけ。「孤独」
には寂しさが含まれています。孤独なんかじゃない。ただ、群れていないだけ。
"Not Loneliness, But Solitude "
 
solitude (英辞郎 on the web)【名】孤独、独りぼっち◆他の人がいないことによる寂しさだけでなく
                  その自由さを歓迎する意味も表すことができる。

独りがつらくて仕方がないとき、してはいけないことがひとつだけあります。
それは自殺。なぜなら、死は最も孤独で寂しい体験だからです。
地上にいるときの寂しさとは比較にならない寂しさに襲われるでしょう。
とにかく、生きて、孤独を乗り越えなければならない!お迎えが来るまでは。
そうしないと、終わることのない孤独感に苦しめられることになるでしょう。





2017_11_15


加計獣医学部の設置認可を答申 文科省審議会 (11月10日 日経電子版)
学校法人「加計学園」(岡山市)の愛媛県今治市への獣医学部新設計画を巡り、文部科学省の大学設置・学校法人審議会
(設置審)は開設を認める答申を林芳正文部科学相に提出した。林文科相が10日の閣議後記者会見で発表した。近く正式
に認可する。開学は来年4月の予定で、獣医学部の新設は国内では52年ぶりとなる。会見で林文科相は「(設置審で)
慎重かつ公平公正に行っていただいた。答申を尊重し速やかに判断したい」と述べた。答申は9日付。同学園が運営する
岡山理科大の獣医学部を含む8大学の学部新設などを認めた。同大の獣医学部獣医学科の定員は1学年140人で国内最多。
設置審は留意事項として、厳格な定員管理や人数を分散して実習を行うといった教育の工夫を求めた。高齢の教員の割合
が比較的高いことや同学園傘下の他大学の定員割れなども指摘し、適切な対応や改善を促した。答申を受け、自民と立憲
民主両党は14日をめどに衆院文部科学委員会を開くことで合意した。獣医師の増えすぎを防ぐため、文科省は告示で
獣医学部の新設を規制。加計学園は2017年1月、地域限定で規制を緩和する政府の国家戦略特区の事業者に選定され、
建設中の岡山理科大学獣医学部設置審に開設を申請した。しかし安倍晋三首相の知人が
学園の理事長を務めていることから、何らかの便宜が図られた
のではないかとの疑惑が浮上。国会で野党側が追及し、安倍首相
や政府は一貫して否定した。同省によると、審査の過程では
「定員が多く教員が不足している」「卒業後の人材需要の動向が
不明瞭」など改善を求める意見が多く出された。8月の答申では
実習期間などの見直しが必要として判断を保留。学園側は
当初計画から入学定員を20人減らし、教員数を70人から75人に
増やした。教育内容も見直した結果、設置が認められた。

野党5党など 「加計学園」で国会審議要求へ (11月8日 NHK NEWS WEB)
立憲民主党や希望の党など野党5党と衆議院の会派「無所属の会」の国会対策委員長らが会談し、学校法人「加計学園」
の獣医学部の来年4月の開学が認可される見通しとなったことを受けて、衆議院の文部科学委員会などで審議を行うよう
求めていくことで一致しました。立憲民主党や希望の党など野党5党と衆議院の会派「無所属の会」の国会対策委員長ら
は、8日午前国会内で会談しました。この中では、先の日米首脳会談で、北朝鮮に対して最大限の圧力をかけるため、
中国やロシアなど関係国に働きかけを強めていくことなどで一致したことを受けて、安倍総理大臣から国会で詳しい説明
を求めていくことを確認しました。そして、学校法人「加計学園」の獣医学部の来年4月の開学が認可される見通しと
なったことを受けて、安倍総理大臣の所信表明演説が行われる今月17日までに、衆議院の文部科学委員会や内閣委員会
などで審議を行うよう求めていくことで一致しました。さらに衆議院の委員会での質問時間が野党側に多く配分されて
いることをめぐり、自民党が見直しを求めていることに対し、一致して反対していく方針を改めて確認しました。

加計問題 「消せない傷を負った」文科省職員 (11月11日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
加計学園の獣医学部新設計画を巡り、内閣府から「総理のご意向」と早期開学を迫られたとされる文書が見つかった文部
科学省。幹部の一人は、当初10月末の予定だった設置審の答申が延期された理由について「衆院選直後に認可の答申を
して『首相から選挙後にしろと指示された』と思われたらまずいからだ」と明かす。「首相らが野党から追及されない
ようにと、11月上旬までで終わるとみられた国会の閉会後に発表しようとしたら、自民党国対幹部に『国会できちんと
議論する。官邸への配慮は要らないから早く答申を出せ』と言われた」と解説する。 中堅職員は「総理のご意向」文書
の発覚以降、文科省が厳しい立場に置かれたことに触れ「結局、首相官邸や内閣府が描いたシナリオ通りに進んだ。
道理の通らないものを押しつけられ、文科省は消せない傷を負った」と憤る。別の幹部は「不透明な部分はまだ残って
いるが、国会で野党が追及し切れなかったのも事実。これ以上この問題を引きずっても、誰の得にもならない。反省
すべきは反省して前を向くべきだ」と総括した。

総合科学技術イノベーション会議国民から見て、加計問題の疑惑が払拭されたかと
いえば、そうは思えません。ここで、野党が追及
をやめてしまえば、「なんで追及をやめたの」と
思われるでしょうから、今後も野党は国会で質問
を続けていくことになりそうです。野党が目指し
ているのは、加計学園の獣医学部新設をめぐり、
「総理の意向」があったことを立証して、安倍内閣を退陣させることでしょう。
しかし、いつになっても、「総理の意向」を受けて何かをした人が全く登場して
きません。「加計ありき」と「総理の意向」を結びつける客観的事実がどこにも
ないのです。「総理の意向」だと認識して、忖度した人は大勢いるようですが、
「これは総理の意向だ」と誰かが言ったとか言わないとかでは証拠になりません。
なぜなら、総理の意向を聞いていなくても、これは「総理の意向だ」と言っている
かもしれないからです。内閣府の人間は審議を早く進めようとして、「総理肝いり
の案件なので」なんて言うことは十分にあり得ることです。問題があるとすれば、
それを受ける文科省のほうではないでしょうか?「たとえ総理の意向でも、いや、
総理の意向だからこそ、審議は公正に行います」と言わなければならないでしょう。
どちらかといえば、「総理の意向」問題というより、文科省の姿勢が問われている
のではないでしょうか?
たとえば、現在、内閣府に置かれている「総合科学技術・イノベーション会議」は、
内閣総理大臣を議長として、各省より一段高い立場から、総合的・基本的な科学
技術・イノベーション政策の企画立案及び総合調整を行うことを目的にしています。
科学技術政策を文科省だけに任せていると、文科省の天下りを受け入れることで、
科学技術振興を名目に、国からお金が降ってくるのを待つ大学ばかりになって
しまいます。現在行われている大学改革も、文科省からすれば、「行政がゆがめら
れている」のかもしれませんが、国民からみれば、縦割りを排すために努力して
いる政治家を追い落とそうとする動きこそ、官僚の陰謀であるように思えてきます。
国民は官僚を選べません。可能な限り官僚主導を排し、政治主導でものごとを進め
なければなりません。安倍さんがダメなら違う人を国民が選挙で選べばよいのです。
野党の仕事は、与党が進める政治主導の足を引っ張ることではなく、自らの政治
主導のほうが、安倍政権よりも国民を幸福にできることを訴えることです!





2017_11_13


トランプ米大統領夫妻に供された韓国料理トランプ氏の夕食会に供された竹島沖のエビ、韓国の漁師に注文殺到 
(11月10日 AFPBB News AFP通信)
韓国を訪問したドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領が出席
した夕食会で、日韓両国が領有権を主張する竹島(Takeshima、韓国名
・独島、Dokdo)沖で捕れたエビが供されたとの報道を受け、韓国では
同海域産のエビに対する関心が高まり、漁師たちに注文が殺到している。
地元ラジオ局の取材に応じたある漁師は10日、これまで1日10~20件
だった注文が100件近くに増えており、商品が届くまでに15日近く
かかる状況だと話している。エビ1匹の値段は、大きさ次第では10ドル
(約1100円)前後になる。この海域で15年近く漁業を営んでいると
いうこの漁師は、「独島はわれわれの領土だ」と語り、トランプ氏の夕食会のメニューに同海域のエビが使用されたことに対し、
日本政府が不快感を示した件について、「ばかげている」と一蹴した。

「独島エビ、話題になるとは全く」韓国外務次官が答弁 (11月10日 朝日新聞デジタル)
韓国政府が7日に主催したトランプ米大統領の歓迎夕食会に日韓が領有権を主張する竹島の名前を冠した「独島(トクト)エビ」
を提供し、元慰安婦の女性を招待した問題で、韓国の林聖男(イムソンナム)第1外務次官は10日、「儀典関連の部署が検討
して決める。その過程で、このようなメニューが話題になるとは全く予想できなかった」と語った。国会答弁で述べた。複数の
日米韓関係筋によれば、韓国政府は、メニューの内容や元慰安婦の招待について日米両政府と相談していなかった。韓国外交省
も事実を把握していなかったという。林氏の答弁は、一連の行事が大統領府儀典室主導で決まったことを示唆したとみられる。

新海洋戦略、韓国同意せず 中国刺激避ける狙いか (11月10日 産経ニュース)
日本政府が提唱する新たな外交方針「自由で開かれたインド太平洋戦略」について、訪韓したトランプ米大統領が文在寅大統領と
の首脳会談で米韓同盟として関与することを提案したものの、韓国側は同意しなかったことが9日、分かった。聯合ニュースが韓国
大統領府高官の話として報じた。インド太平洋戦略は中国の海洋進出を意識したものとされ、中韓関係の改善を進めている韓国と
しては、刺激を避ける狙いがあるとみられる。8日に米韓両国が発表した訪韓に関する共同発表文にも「トランプ氏は、米韓同盟
がインド太平洋地域の安全保障や安全と繁栄のための核心軸と強調した」と記載された。韓国大統領府は9日「適切な概念なのか
もう少し協議が必要と判断し、トランプ大統領の発言だけを明示した」と説明。「今後、米国と協力方法を模索したい」とした。

世界史対照年表
http://www.eonet.ne.jp/~libell/1yosikawa.html      「世界史年表・地図」(吉川弘文館)<一部抜粋>

「国際社会の場で慰安婦問題を持ち出すことを控える用意がある」と、韓国は2015年に
表明していたにもかかわらず、トランプ大統領の歓迎夕食会に元慰安婦の女性を招待した
ことを受けて、河野太郎外相は韓国政府に抗議をしたと明かしました。これに対し、韓国
政府は日本からの抗議に対して「問題提起をするのは適切ではない」と切り捨てたとか。
晩餐会を取材した他国のマスコミは特段、問題視していないということですから、日本も
無視しておけばよかったのかもしれませんが、本当にレベルの低い国ですね。
どうして韓国人は日本嫌いなのか?その理由のひとつは、優秀だと信じてやまない朝鮮
民族の尊厳が、日本という存在によって傷つけられるからではないではないでしょうか?
朝鮮半島の歴代王朝は中国大陸の歴代王朝にずっと服属してきました。文化は、中国
→朝鮮半島→日本と伝わったのだから、日本は自国より劣った国であるはずです。
ところが、歴史上、日本は外国に服従することなくずっと日本なのに対し、朝鮮半島の
歴史には、モンゴル、中国、日本が登場してきます。しかも、日本の歴史にあるような、
蒙古襲来といったレベルではなく、朝鮮半島全体が、元に占領され、事実上の中国の属国
になり、日本に領土になるわけです。その後、民族同士で殺し合いの末、現在のような
分断国家になりました。太平洋戦争で、日本の市民は約80万人犠牲になりましたが、
朝鮮戦争では、南北合わせて約300万人以上の民間人が犠牲になったのではないかと
考えられています。民族間の紛争は世界各地で今でも絶えませんが、近代になって、同じ
民族同士での大規模な殺し合いをした民族は僅かです(しかも、今でも休戦状態)。
近代における民族内での殺し合いは、野蛮な行為だと思いますけどねぇ・・・
また、明確な建国の時期が分からないほど長い歴史を持つ日本という国家に対して、
大韓民国は来年で建国70年だそうです(韓国国内では異説もある)。朝鮮民族は日本
民族と似ているようですけど、国家の歴史では比べようもないくらいの差があります。





2017_11_11


SNSの「自殺願望」投稿は“生”への余地なのか 心理学者「消極的な理由を理解する必要がある」 
(11月2日 Abema TIMES)
(前略) なぜ、自殺願望をSNSに投稿するのか。『けやきヒル’sNES』(AbemaTV)では、明星大学准教授で心理
学者の藤井靖氏に質問形式で話を聞いた。
Q.自殺願望をSNSで打ち明けたり投稿したりする人はどんな心理状態なのか?
「SNSに何らかの形で『死にたい』という気持ちを表明する場合は、SOSの気持ちの表れと捉えたほうがいいと思う。
息子や娘が死にたいと言っていてどうすればいいか、という親の相談をよく受けるが、表面的な言葉や態度の裏に
何があるかを見ていこうとアドバイスする。SNSも同じで、実際出てきている言葉の裏には助けてほしい、話を聞いて
ほしい、受け止めてほしい、わかってほしいという気持ちが隠れていることがほとんどだと思う」
Q.今回の場合、白石容疑者に被害者が実際に出向いたことについては?
「白石容疑者の場合は、ネットで書き込みをする自殺願望者を言葉巧みに誘う術を経験的に身につけているんだと思う。
単に一緒に死にましょうということだけではなくて、心を掴む術を得てきたと考えられる」
Q.周りに「自殺願望」を書き込んでいた人がいた場合、どうするべきか?
「『いのちの電話』のような公的な電話相談やカウンセリング、医療機関があるので、本人と話してまずそこに繋ぐのが
いい。ただ、それに対して拒否反応がある場合もかなりあると思うので、できるだけ時間をかけて話をしたり、見守る
体制を家族や地域や社会の中で作っていくことが先決」
Q.SNSで願望を打ち明ける、書き込むということは「生きたい」という余地があるのか?
「死にたいという感情には、『より良い自分なりの理想の生き方ができない=だから死ぬ』という選択肢を取らざるを
得ない、積極的に死ぬというよりも消極的な理由があると思う。そこを理解してあげることが必要」
Q.最後に、この事件全体をどう捉えているか。
「自殺志願という形でSNSに助けを求めて、それを悪用した容疑者がいて、被害者はやっぱりそこにしか頼れなかったと
いうことだと思う。ネット上にもゲートキーパーとして心の門番が巡回して、自殺願望などを発信している人に対して
能動的にサポートする仕組みが必要だと思う」 (AbemaTV/『けやきヒル’sNEWS』より)

自己肯定感が問題のカギ(上) (9月22日 YOMIURI ONLINE 読売新聞 ヨミドクター)
自己肯定感が問題のカギ(下) (9月29日 YOMIURI ONLINE 読売新聞 ヨミドクター)
自己肯定感1否定が自信を奪い、状況を悪化させる
引きこもりの人は、なぜ引きこもるのでしょうか。精神疾患で何かに恐怖を感じているような
場合もありますが、多くの場合、引きこもりの人は、他者からどう見られているかを、たいへん
気にしています。それが怖くて、外へ出たいのに出られないのです。「いつまでもそんなことで
どうする」「甘えるな」などと叱られたら、よけいに自分はダメだと感じます。いじめ、児童
虐待、DV(配偶者などによる暴力)などの被害者は、自分を否定される体験を重ねる中で、
自己肯定感を持てず、自分が悪いと考えてしまうことが少なくありません。加害者の力に支配
されていると、そこから逃げるという選択肢も浮かばなくなります。職場のパワハラや過労の
問題にも似た面があります。追い込まれた人が逃げ道として自死する悲劇も後を絶ちません。
                                                   (中略)
自己肯定感2自己肯定感には2種類ある
自己肯定感は2種類に分けられることに注意が必要です。他者との比較による自己肯定感と、
自分も他の人もかけがえのない存在だと思える自己肯定感。望ましいのは後者です。人間が
生きていくときの様々な困難に深く関係している自己肯定感。日常の言葉で「自信」と言い
換えてもよいのですが、その中身はけっして単純ではありません。自己肯定感には2種類あり、
他者との比較に基づく自己肯定感は不安定で、他者に対する攻撃に走ることもあります。
不安定な「競争的自己肯定感」
臨床心理士の高垣忠一郎さん(立命館大学名誉教授)は、「競争的自己肯定感」と「共感的自己肯定感」という2種類の
区別を、『生きることと自己肯定感』(新日本出版社)という著書で示しています。「競争的自己肯定感」とはどういう
ものか。「自分が役に立つ能力、特性を持つから必要とされ肯定されるという条件付きの愛情による自己肯定感」
「競争に勝ち、他人より優れていることで満たされる競争的自己肯定感」「他者と比較し、自分の優越性を見せつけよう
とする自己肯定感」――だと高垣さんは説明しています。そういう自己肯定感は不安定です。競争に負け、他者より
劣っていると感じたら、容易にひっくり返って自己否定感や劣等感に変わります。頭脳、外見、地位、財力、さらには
芸術やスポーツの能力といった物差しの全部で抜群という人は存在しないので、全員がどこかで負けています。何らか
の分野でトップに立っても転落の不安がつきまとうし、老いによる衰えは避けられません。
ありのままの自分でいいという「共感的自己肯定感」
もう一つの「共感的自己肯定感」とは何でしょうか。「自分が自分であって大丈夫と感じるもの」「かけがえのない自分
をありのまま受け容れ、それゆえにかけがえのない他人に共感できる自己肯定感」「身近な人間にかけがえのない存在と
してまるごと愛され、その苦しみを共感され、ありのまま受け容れられるような共感的な人間関係のなかでこそふくらん
でくるもの」だといいます。他者を尊重するという点で、競争的自己肯定感と異なります。自分の弱さや欠点を含めて、
あるがままでいいという感覚。これでいいのだという感覚。そう、この自己肯定感が高い人物の代表格は「バカボンの
パパ」でしょう。彼は、常識外れの行動で人からどう思われても「これでいいのだ」と全く気にせず、人を憎んで否定
することもありません。ここまで何を言っているのかわかりにくい方は、「世界に一つだけの花」の歌を口ずさんでみて
ください。2種類の自己肯定感の違いをわかりやすく表現していると思います。あるがままだと向上心がなくなるかと
いうとそうではなく、自分を高めたいという気持ち、何かをやりたいという意欲は、他者と比べなくても持てるはずです。
学校教育、競争社会がもたらす「とらわれ」
能力や成果を物差しにして、他者と比べることでしか自己肯定感を持てないと、成功しているとき以外は苦しくなります。
ではなぜ、それにとらわれるのか。一つの要因は家庭での育てられ方でしょう。無条件で愛される体験がないと、自分
には価値がないと感じたり、親の期待に応えて「よい子」を演じたり、かまってもらうためにワルぶってみたり……。
学校と社会のありようも大きな影響を与えます。学校教育と受験では、教師による評価、他者との比較にさらされ続け
ます。社会人になっても選別、比較は続きます。非正規労働の拡大などで格差が大きくなった世の中では、生き残り
競争のストレスと不安が強まります。一方、権利意識を高める教育や法学の教育はあまり行われていません。しかも
自己主張が疎んじられる社会なので、正当な権利を主張できず、不当な扱いを受けても、しかたがないと思ってしまう。
主張できない自分の弱さに、またへこむ。そういう状況のほうが管理・統治する側には都合がよいのかもしれません。

先進7カ国若年層の自殺と事故の死亡率



座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件で逮捕された白石隆浩容疑者は、
自殺願望をツイッターに投稿していた田村さんら被害者とやりとりし、自らも
自殺願望者を装って自宅に招き入れていました。白石容疑者は被害者について、
「話を聞いてほしいと言っていた。本当に死にたいと考えている人はいなかった」
「自分も自殺願望があるかのようなツイートをしていたが、その気は全くない。
嘘です」と話したとか。白石容疑者の供述は二転三転しているので、何が真実で、
何が本心なのか、定かではありませんが、今年6月、「生きてても意味がない」
「何のために生きているのだろうか」などと家族に向かって話していたということ
ですから、冷静に物事を判断できる精神状態ではなかったのかもしれません。
加藤厚労相はネット対策を強化する意向のようですが、ネット対策の問題よりも、
自殺対策、そしてその背景に潜む日本社会の暗部を明確しなければなりません。
日本人が抱える「こころ」の問題のひとつに、自己肯定感の低さがあります。
平成27年度における高校生の生活と意識に関する調査では、「自分はだめな人間だ
と思うことがある」という質問に対して、「とてもそう思う」「まあそう思う」と
回答した割合は、中国が56.4%、アメリカが45.1%、 韓国が35.2%だったのに
対し、日本は72.5%でした。日本人の自己肯定感の低さが突出しています。
他人に否定される状況は、日本に限らず、どの国でもあるでしょう。最終的に
自殺への願望を持つかどうかは、家族や社会に受け入れられていない自分を自分
が全面否定するかどうかで決まると思われます。日本の自殺問題は、社会環境
というより、自己肯定感の低さに起因しているといえるのではないでしょうか?
日本人の自己肯定感が低い原因には様々な要因が絡み合っていると思われますが、
主な原因としては、自己肯定感の芽を摘みとる教育や自己肯定感のない人が周囲に
多くいることなどが考えられます。日本の教育は、協調性ばかりが強く求められ、
個性を発揮する機会がなく、偏差値など自分の外にある基準で生徒を評価する
システムになっています。家庭でも、「こどもは、他人から評価される何かを得て
初めて存在価値がある」といった思想が埋め込まれています。そういうメッセージ
を繰り返し受け取りながら、わたしたちは成長してきたのです。その結果、傍から
見れば順調な人でも「自分はダメな人間だ」となってしまい、失敗や挫折を経験
すれば、それをきっかけに、自分という存在を完全に自己否定してしまうところ
までいってしまうのではないでしょうか。





2017_11_09


日米首脳会談会見2017年11月東京【日米首脳共同会見・詳報】
トランプ大統領「北朝鮮の脅威は看過できない。戦略的忍耐の
時代は終わった」安倍晋三首相「全ての選択肢がテーブルの上
にあるとの立場を支持する」

(11月6日 産経ニュース)
トランプ大統領の冒頭発言 (一部抜粋)
「両国は絆を共有しています。米国と日本はさまざまな課題が
ありますが、同盟国として一緒に立ち向かっていくのです。
一番大事な点ですが、われわれはこれから非常に危険挑発行為
に対して立ち向かっていかなくてはなりません。それは北朝鮮
の体制からの挑発行為です。違法な兵器の開発をまだ続けています。禁止されている核実験をし、弾道ミサイルの発射実験も
日本の領土の上で行っています。市民社会、国際社会の平和と安定への脅威になっています。われわれは看過することはでき
ない。戦略的な忍耐の時代はもう終わったのです。一部の人は、私の言質は非常に強い、と言っていた。しかし何が起きたか
みてください。弱い発言ではこの25年間がなんだったか見てください」

2017年7月に発射した火星14北朝鮮の核掌握には「米軍の地上侵攻」が最も有効 米紙報道 
(11月5日 AFPBB News AFP通信)
米紙ワシントン・ポスト(Washington Post)は4日、米国防
総省幹部が米議員に宛てた書簡の内容として、北朝鮮が保有
する全ての核兵器の保管場所を特定してそれらを掌握する、
最も確実かつ唯一の方法は米軍による地上侵攻だと伝えた。
ワシントン・ポストによると、米国防総省の統合参謀部副部長
のものとされる書簡は一方で、北朝鮮に地上侵攻した場合、
同国に生物化学兵器を使用させることになるだろうと警告して
いる。ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領の約2週間
のアジア歴訪では、北朝鮮の核開発とミサイル問題が最優先議題となるとみられるなか、ワシントン・ポストの記事は、朝鮮
半島(Korean Peninsula)で戦争が発生した場合の想定事項を詳細に伝えている。国防総省の書簡は、米議員2人から北朝鮮
と戦争になった場合の米国および同盟国である日本、韓国、米領グアムの部隊、さらに民間人の死傷者数予測を求められ、
その回答として書かれたものだという。ワシントン・ポストによれば、米軍は、北朝鮮に核を放棄させる手段として経済制裁
と外交的圧力を用いるとしたレックス・ティラーソン(Rex Tillerson)国務長官の方針を支持しているという。また同紙が
国防総省の書簡とともに入手した16議員の声明は「(国防総省の)予測によって、対北朝鮮政策において軍事的選択は賢明
ではないという、すでにわれわれがよく知っていることが裏付けられた」としている。

トランプ大統領、日本に到着 アジア歴訪でプーチン氏とも会談の見通し (11月5日 AFPBB News AFP通信)
(戦略)トランプ大統領は大統領専用機の機内で報道陣に対し、「プーチンと会うことになると思う。われわれは北朝鮮に
ついてプーチンの助けが必要だ。それ以外に多くの指導者とも会う」と話し、今回の外遊中にロシアのウラジーミル・プーチン
(Vladimir Putin)大統領と会談する見通しであることを明らかにした。トランプ大統領は、北朝鮮問題は「わが国と世界に
とって大問題だ。解決させたい」と述べた一方、北朝鮮国民については「彼らは偉大な人たちだ。勤勉だし、温かい。世界が
思っているよりずっと彼らは温かい。偉大な人たちだ。私はすべての人たちにとってうまく行くことを希望している」と述べた。

日本にとって最も脅威なのは、なんといっても核兵器。北朝鮮のミサイル発射台をすべて
破壊することはできないので、有事にミサイルが日本へ打ちこまれることは、ある程度
覚悟しておく必要があります。しかし、そのミサイルに核弾頭をつけさせることだけは、
なんとしても避けなければなりません。日本は、アメリカに対して「北朝鮮を攻撃する
な」とは言えませんが、「北朝鮮を攻撃するなら、小型核を即座に無力化してくれ」と
いうことは強く主張しておかねばなりません。アメリカが北朝鮮を軍事攻撃するのなら、
核施設と核兵器の保管場所だけは即座にそして完全に掌握してもらわなければ、日本国民
の生命と財産が危険に晒されることになるのです。とはいえ、北朝鮮が保有する全ての
核兵器の保管場所を特定してそれらを掌握するために、米軍が地上侵攻するというのは
現実的ではありません。地上侵攻は、アメリカにとって、人的、経済的損害があまりにも
大きくなりすぎるからです。現実的に、北朝鮮の核兵器や核燃料施設を差し押さえること
ができるのは、中国人民解放軍だけです。北朝鮮国境に配置されている人民解放軍は
10万人以上いると言われていますし、人民解放軍の半数を北朝鮮国境に配置すれば、
100万人以上を集結させることができます。アメリカがミサイル攻撃すれば、北朝鮮は
軍を南に集中させるでしょうから、人民解放軍は容易に北朝鮮国内に侵入できるでしょう。
北朝鮮が韓国に砲撃を開始したら、即座に、人民解放軍は北朝鮮内に進軍します。中国に
とっても戦闘を長引かせないことが重要です。それは、核を使わせないため(北朝鮮の
核は中国にとっても最大の脅威)であり、かつ、北朝鮮国民が難民になって越境してくる
ことを防ぐためです。人民解放軍が北朝鮮に侵攻しても米韓軍は停戦ラインを越えず、
北朝鮮が中国に占領されることをアメリカは容認するでしょう。一時的に、北朝鮮は中国
の管理下に置かれるでしょうが、最終的には朝鮮半島が統一されるものと思われます。
米軍が朝鮮半島から完全撤退することを条件に・・・。
トランプさんはゴルフをするために日本に来たわけではなさそうです。とはいえ、今回
の東アジア訪問で最重要なのは中国との交渉でしょう。話がまとまれば、あとはロシア
の了解をとらなければなりません。このシナリオは、単なる絵空事なのでしょうか?





2017_11_07


来日したイバンカさん安倍首相、イバンカ氏を会食で異例のおもてなし 
(11月3日 YOMIURI ONLINE 読売新聞)
トランプ米大統領の長女イバンカ大統領補佐官(36)は3日、
日本政府が東京都内で開催した「国際女性会議」(WAWワウ!
2017)で講演した。イバンカ氏は「全ての女性には家庭の外で
働く自由がある。キャリアを後退させることなく母になる喜びを
味わえるよう、革新的な方法を見つけるべきだ」と講演で訴えた。
安倍首相は3日夜、都内でイバンカ氏と会食した。イバンカ氏は、
華やかなワンピース姿で臨んだ。会食では、日本食材を使った
フランス料理が振る舞われたほか、雅楽の演奏も披露された。
首相が閣僚級ではない大統領補佐官を会食でもてなすのは異例だ。

日本の男女格差114位に下落 「政治」123位に後退
(11月2日 朝日新聞デジタル)
男女格差(ジェンダーギャップ)の大きさを国別に順位付けした
「世界経済フォーラム」の報告書が2日付で公表され、日本は
144カ国中114位と、前年より三つ順位を下げた。主要7カ国
(G7)では今年も最下位だった。経済、政治、教育、健康の
4分野14項目で、男女平等の度合いを指数化し、順位を決める。
日本がひときわ出遅れているのが、政治分野での男女平等だ。
123位で、前年の103位から後退した。女性国会議員の割合
日本の女性活躍度▽女性閣僚の割合▽過去50年間の女性国家元首の在任年数の3項目で評価する。
女性議員は1日現在、衆院で47人(10・1%)、参院で50人(20・7%)。
地方議会も昨年末時点で12・6%にとどまる。先月の衆院選では、女性候補者
の割合は17・7%と過去最高だったが、当選者は前回から2人増えただけ。
朝日新聞の調べでは、女性が参政権を得て初めての衆院選(1946年4月)
から、選挙区で女性議員が1人も誕生していない県は青森、富山、山口、香川、
高知、佐賀、大分、鹿児島の8県ある。海外では、候補者や議席の一定割合を
女性に割り当てるクオータ制を導入する国もあり、女性議員が増加。カナダや
フランス、ノルウェーなどは内閣が男女半々だ。日本でも今年、候補者数を
できる限り男女均等にするよう政党に求める法案が各党で合意されたが、
国会の混乱や衆院解散で廃案に。1日に発足した新内閣は全員再任で、女性閣僚
は2人だ。女性議員が増えない背景には、選挙制度や政党の姿勢に加え、候補者
を選ぶ政党の地方組織や地域社会が「男性中心」ということもある。内閣府が
2015年、全国の20~60代の男女2万3500人に行った調査では、
自治会・町内会長は「男性と決まっている」、または「男性がなることが多い」
と答えた人は45・6%。「女性と決まっている」「女性がなることが多い」は
0・9%だった。(後略)


女性活躍とは「女を男にして働かせること」ではない
(2015年11月30日 NIKKEI STYLE 日経電子版)
” 資生堂は、女性活躍推進の一環として、子育てを理由とした短時間勤務中の美容職社員に遅番や土日勤務を求める働き方改革
を始めた。これまで「子育て中の女性に優しい会社」という印象が強かった資生堂の新しい施策はNHKでも取り上げられ、一部
からは「時短勤務者に冷たいのではないか」との声も上がり、「資生堂ショック」と話題になっている。日本をはじめ各国の女性
活躍推進の取り組みについて詳しい日本女子大学人間社会学部教授の大沢真知子さんは、「資生堂ショックは、日本が時代の
転換点を迎えていることを示す重要な変化」と指摘する。女性が仕事と家庭を両立させて活躍する社会の実現のためには、家庭
での男性の家事・育児の分担、長時間労働の是正、さらには働くお母さんを支える社会のインフラ作りが欠かせないという。”
(中略)
■「長時間労働」と「性別役割分業」が、女性活躍を妨げる根本原因
男性も好きこのんで残業をしているわけではない。男性も週の何日かは残業をせずに定時に退社できれば保育園のお迎えに間に
合うし、家族そろって夕食を囲むことも可能だ。繰り返しになるが、女性活躍を妨げている根本的な原因は、家庭での夫と妻の
分担が不平等なことにあるのである。さらには、その前提のもとに長時間労働がある。確かに正社員の仕事の負担は増加している
が、同時に、長時間労働が評価される仕組みがあり、背後には「長時間労働をしなければ活躍できない」という思いこみがある
のではないだろうか。私は、政府が「女性が輝く日本」などと女性活躍推進の旗を掲げたものの、今一つ大きな広がりを見せない
ままトーンダウンしている原因が、この家庭での負担の不平等に政府が踏み込んでいないことにあるのではないかと見ている。
女性活躍推進法は成立したが、男女両方がキャリアを手にする時、誰が家事育児を担当するのか、長時間労働の問題をどうするの
か、といった議論は広がらず、女性たちが活躍できる明るい展望は一向に見えてこない。さらに、都会では、保育所不足も切実だ。
このように、両立環境も不十分で、かつ家事や育児は女性の仕事であり、職場では「長時間労働をしなければ活躍できない」と
いった価値観が存在している。ここにメスを入れないで、人材不足を補うべく「女性を男並みに働かせよう」とするのは無理が
ある。女性活躍とは「男は仕事、女は家庭」という価値観のなかでできた仕組みの中で、女を男にして働かせることではない。
それはむしろ少子化をさらに進める結果を招くことだろう。女性が活躍し、出生率の回復に成功した国では、どこも家庭における
夫婦の不平等の是正に成功している。 日本も、長時間労働の問題や家庭における男女の不平等の問題に手をつけないままでは、
女性が安心して子どもを産み、活躍する社会は実現できないだろう。「資生堂ショック」は、女性社員のみに両立支援をしても
女性が活躍する社会は実現できないことを明らかにした事例なのである。誰もが活躍できる社会を実現するためには、家庭に
おける男女の不平等の問題や「長時間労働」の是正が不可欠なのである。それをどのようにして実現させていくのか。いま日本
の女性労働問題は新たなステージに入り、日本社会は大きな時代に転換点に立っている。「資生堂ショック」は、一社だけでは
対応できない、社会全体で解決していかなくてはならない問題を提起しているのである。

日本の雇用制度は、新卒一括採用、終身雇用、年功序列賃金制を核とするシステムを基本に
しています。この制度のもとでは、転職市場が活性化しませんから、不必要になった人材を
解雇し、必要な人材をそのつど満たすことによる雇用調整ができません。よって、会社は
広い範囲の職務に就くことが可能なジェネラリスト養成に力を注ぎ、企業内雇用者で多様な
人材を供給しようとするので、社内で高度な専門家が育ちません。日本では、ヨーロッパ型
の「専門職務の役割が明確な分業」ではなく、「職務が限定されない協業」を発達させたの
です。新卒社員は、会社に就職すると最初にどんな仕事をやらされるのかが分かりません。
入社後はじめて配属が知らされ、その後も数年ごとにジョブローテーションという形で部署
異動を繰り返し、スキルをまんべんなく身につけていきます。賃金は仕事の内容ではなく、
勤続年数に応じて決まり、ジェネラリストとしてキャリアを積みあげていくことになります。
日本で雇用される人は、就職するのではなく就社しているのです。だから、まったく経験の
ない職務への配置転換も頻繁に行われるし、遠隔地への転勤もあります。どれだけ成果を
あげるかということよりも、会社の一員として、どのような理不尽な命令にも従っていける
という、いわゆる「軍隊型社員」が重用されます。プライベートを重視する軍人がいないの
と同じで、日本の企業でも、個を犠牲にして会社に尽くす必要があり、それができたのは、
主婦に家事と育児のほとんどを任せた男性だけでした。この男性コースに入れてもらった
少数派の女性は、男性と同じように私生活を犠牲にするというルールのもとで戦っていか
なければなりません。そこでさらに育児・子育ても両立しようと考えると、超人的な体力・
精神力が必要になります。企業でバリバリ活躍している女性に、このようなスーパーウー
マンがおられることは確かですが、このような超人性を普通の人に求めるのは現実的では
ありません。会社に人生を捧げなければならないのでは、女性は活躍できないのです。
企業は、技術系以外でも専門職を増やしていかなければなりませんし、国はそれを積極的
に支援すべきです。男女を問わない専門職の力量が個々の企業の強みになり、ひいては、
国の強みになることを社会の共通認識とするべきです。





2017_11_05


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

あなたがたは苦痛になると
物理時間より体験時間が長くなる。
これは錯覚ではなくて、本当に
体験時間が長くなっているんです。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:47歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top